第477回:貴重な「スカイラインGTS-R」のレースカーが復活!
名車再生にまつわる魅惑のエピソードを紹介する

2018.02.06 エディターから一言
「1988年 欧州ツーリングカー選手権出場車 スカイラインGTS-R」と、同車の再生に関わった日産名車再生クラブのメンバーたち。
「1988年 欧州ツーリングカー選手権出場車 スカイラインGTS-R」と、同車の再生に関わった日産名車再生クラブのメンバーたち。拡大

日産名車再生クラブが1年の時間をかけてレストアした、欧州ツーリングカー選手権出場車の「スカイラインGTS-R」。作業の過程で明らかになった数々のエピソードを、実車の詳細な写真とともにリポートする。

今回レストアされた「スカイラインGTS-R」は、スカイラインの中でも初めて本格的に海外のレースに投入された車両である。
今回レストアされた「スカイラインGTS-R」は、スカイラインの中でも初めて本格的に海外のレースに投入された車両である。拡大
軽量化のため、インテリアではダッシュボードとドアパネルを残し、内張りがすっかり剥がされている。
軽量化のため、インテリアではダッシュボードとドアパネルを残し、内張りがすっかり剥がされている。拡大
1脚だけ装着されたフルバケットシート。車内に張り巡らされた白いロールバーが物々しい。
1脚だけ装着されたフルバケットシート。車内に張り巡らされた白いロールバーが物々しい。拡大
フロントウィンドウを飾る「NISSAN GTS-R」のステッカー。
フロントウィンドウを飾る「NISSAN GTS-R」のステッカー。拡大

スカイラインの歴史を語る上で欠かせない一台

2018年1月20日、日産名車再生クラブが神奈川県厚木市の日産テクニカルセンターにおいて、2017年度の再生車両「1988年 欧州ツーリングカー選手権出場車 スカイラインGTS-R」の再生完了宣言式を行った。

まずは日産名車再生クラブについて簡単に紹介したい。同クラブは、日産自動車の開発拠点である日産テクニカルセンターの従業員を中心としており、関連会社の従業員とともに旧車のレストア活動を行っている。毎年1台のペースで行うレストアの対象は、市販車をベースとしたモータースポーツ車両を基本としており、日産ヘリテージコレクション(座間記念庫)の中から選ばれる。活動は土日を中心とした就業時間外に実施。それだけに、毎年公募で集められるメンバーには、クラシカルな日産車が好きなだけでなく、課題となるレストア車への思い入れが強い人たちが集まる。今回も社内の熱心なR31ファンが参加していたという。

先述の通り、2017年のレストア車は1988年スカイラインGTS-RのETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車。当時、全日本ツーリングカー選手権(JTC)に参戦していたものと同じグループA仕様のGTS-Rを欧州に送り込み、ETCに投入した車両そのものだ。R31が選ばれた理由は、昨年はスカイラインの生誕60周年に加え、R31も生誕30周年だったこと。そして、同車両がワークススカイラインとして初めてグローバルにモータースポーツ活動を行ったものであることが挙げられる。レストアのため、保存車の素性を調査した結果、同車両は1988年のスパ・フランコルシャン24時間レース(SPA)でシーズン最高位となる6位に輝いていたことから、SPA仕様にレストアすることを決定。当時の写真など資料を入手し、その仕様が厳密に再現された。

日産 スカイライン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-VAN +STYLE FUN Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.18 試乗記 “withコロナ”時代のライフスタイルとして、小さめのコミューターやアウトドアに注目が集まるいま、ユーティリティーに優れる軽という選択肢はアリか? あらためてホンダの軽商用バン「N-VAN」に乗ってみた。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
ホームへ戻る