第477回:貴重な「スカイラインGTS-R」のレースカーが復活!
名車再生にまつわる魅惑のエピソードを紹介する

2018.02.06 エディターから一言
「1988年 欧州ツーリングカー選手権出場車 スカイラインGTS-R」と、同車の再生に関わった日産名車再生クラブのメンバーたち。
「1988年 欧州ツーリングカー選手権出場車 スカイラインGTS-R」と、同車の再生に関わった日産名車再生クラブのメンバーたち。拡大

日産名車再生クラブが1年の時間をかけてレストアした、欧州ツーリングカー選手権出場車の「スカイラインGTS-R」。作業の過程で明らかになった数々のエピソードを、実車の詳細な写真とともにリポートする。

今回レストアされた「スカイラインGTS-R」は、スカイラインの中でも初めて本格的に海外のレースに投入された車両である。
今回レストアされた「スカイラインGTS-R」は、スカイラインの中でも初めて本格的に海外のレースに投入された車両である。拡大
軽量化のため、インテリアではダッシュボードとドアパネルを残し、内張りがすっかり剥がされている。
軽量化のため、インテリアではダッシュボードとドアパネルを残し、内張りがすっかり剥がされている。拡大
1脚だけ装着されたフルバケットシート。車内に張り巡らされた白いロールバーが物々しい。
1脚だけ装着されたフルバケットシート。車内に張り巡らされた白いロールバーが物々しい。拡大
フロントウィンドウを飾る「NISSAN GTS-R」のステッカー。
フロントウィンドウを飾る「NISSAN GTS-R」のステッカー。拡大

スカイラインの歴史を語る上で欠かせない一台

2018年1月20日、日産名車再生クラブが神奈川県厚木市の日産テクニカルセンターにおいて、2017年度の再生車両「1988年 欧州ツーリングカー選手権出場車 スカイラインGTS-R」の再生完了宣言式を行った。

まずは日産名車再生クラブについて簡単に紹介したい。同クラブは、日産自動車の開発拠点である日産テクニカルセンターの従業員を中心としており、関連会社の従業員とともに旧車のレストア活動を行っている。毎年1台のペースで行うレストアの対象は、市販車をベースとしたモータースポーツ車両を基本としており、日産ヘリテージコレクション(座間記念庫)の中から選ばれる。活動は土日を中心とした就業時間外に実施。それだけに、毎年公募で集められるメンバーには、クラシカルな日産車が好きなだけでなく、課題となるレストア車への思い入れが強い人たちが集まる。今回も社内の熱心なR31ファンが参加していたという。

先述の通り、2017年のレストア車は1988年スカイラインGTS-RのETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車。当時、全日本ツーリングカー選手権(JTC)に参戦していたものと同じグループA仕様のGTS-Rを欧州に送り込み、ETCに投入した車両そのものだ。R31が選ばれた理由は、昨年はスカイラインの生誕60周年に加え、R31も生誕30周年だったこと。そして、同車両がワークススカイラインとして初めてグローバルにモータースポーツ活動を行ったものであることが挙げられる。レストアのため、保存車の素性を調査した結果、同車両は1988年のスパ・フランコルシャン24時間レース(SPA)でシーズン最高位となる6位に輝いていたことから、SPA仕様にレストアすることを決定。当時の写真など資料を入手し、その仕様が厳密に再現された。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.22 試乗記 市販車として初めて、同一車線内“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」が搭載された「日産スカイライン」。長距離ドライブに連れ出し、実際の交通環境の中で手放し運転機能の使い勝手や走りの実力を確かめてみた。
  • ポルシェ・タイカン4S(4WD)【海外試乗記】 2019.12.13 試乗記 ポルシェ初のピュア電気自動車「タイカン」に、新たなエントリーグレード「4S」が加えられた。試乗のために筆者が降り立ったのは、北欧はフィンランド北部の北極圏! やはりポルシェ、クルマの出来栄えのみならず、試乗の舞台にも“究極”を求めるのだった。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド)/スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
ホームへ戻る