フォルクスワーゲンe-ゴルフ(前編)

2018.02.08 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の電気自動車仕様「e-ゴルフ」である。内燃機関を搭載するゴルフは、Cセグメントのスタンダードとして圧倒的な支持を受けているが、その電気自動車版の実力やいかに? 谷口視点で評価する!

バッテリーが減っていくのが心配で仕方ない

本日、谷口信輝に試乗してもらうのは、日本市場への本格導入が始まったばかりのe-ゴルフ。「あれ、e-ゴルフって何年か前に発表されていなかった?」と思ったあなたは正しい。実は、ゴルフVIIの発売とほぼ同じタイミングで一度お披露目されたものの、このときは日本式急速充電であるCHAdeMOとの相性がよくないことが発覚し、発売が延期されていた。

もっとも、CHAdeMOを用いないヨーロッパなどでは予定通り販売され、昨年にはゴルフVIIのマイナーチェンジに伴ってその進化版が登場。今回、谷口に試乗してもらったのも、バッテリー容量が24.2kWhから35.8kWhに“増量”されて航続距離が301km(JC08モード)に伸びた最新のe-ゴルフである。

とはいえ、やはり話題はバッテリー容量から始まった。
「僕はスマホでもバッテリーが減っていくのが心配で心配で仕方がないタイプ。だから、いつも予備のバッテリーを持ち歩いています」と谷口。

「いまもe-ゴルフでこの箱根のワインディングロードを走ったら、見る見るバッテリーの残容量が減っていって不安になりました。だって、最初は100kmくらいを表示していたのに、思いっきり坂を駆け上っていったらものすごい勢いで数字が小さくなった。だから、坂を下ってくるときは極力ブレーキを踏んでエネルギー回生したくなっちゃう。カメラマンさんから無線で『撮影、OKです!』って連絡がきたときは、もう少しでこの駐車場を通り越しそうだったけれど、安全を確認したうえで慌てて飛び込んできたくらい。だって、僕の取材が終わったら『はい、終了!』じゃなくて、スタッフの皆さんはこのクルマで東京まで戻らないといけないんですよね? そこまで考えたら、バッテリーを最後まで使い切っちゃうわけにはいかないじゃないですか……」

 
フォルクスワーゲンe-ゴルフ(前編)の画像拡大
 
フォルクスワーゲンe-ゴルフ(前編)の画像拡大
 
フォルクスワーゲンe-ゴルフ(前編)の画像拡大
フォルクスワーゲンe-ゴルフ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1800×1480mm/ホイールベース:2635mm/車重:1590kg/駆動方式:FF/モーター:交流同期電動機/最高出力:136ps(100kW)/3300-1万1750rpm/最大トルク:290Nm(29.5kgm)/0-3300rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/価格:499万円
フォルクスワーゲンe-ゴルフ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1800×1480mm/ホイールベース:2635mm/車重:1590kg/駆動方式:FF/モーター:交流同期電動機/最高出力:136ps(100kW)/3300-1万1750rpm/最大トルク:290Nm(29.5kgm)/0-3300rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/価格:499万円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
ホームへ戻る