フォルクスワーゲンe-ゴルフ(後編)

2018.02.15 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「フォルクスワーゲンe-ゴルフ」に試乗。電気自動車(EV)とはいえ、ゴルフはゴルフ。走りに不自然なところはまるでなく、乗り心地は快適、おまけにEVだから静かときている。谷口がこの“次世代のゴルフ”に下した結論とは?

これ、フツーにいいですね

レーシングドライバーでありながら電気自動車などのエコカーにも強い関心を抱く谷口信輝。彼の目に、新しいe-ゴルフはどのように映ったのだろうか? 箱根のワインディングロードでの試乗を終えたばかりの谷口に話を聞いた。

「これ、フツーにいいですね。乗り味は、ある意味でこれまでの自動車とまったく同じ。運動性能や曲がる、止まるといった性能にも違和感を覚えませんでした」

谷口の言う「違和感を覚えない」は決してネガティブな意味ではなく、むしろかなりの好評価であることは、この連載を読み続けている皆さんであればご承知のとおりである。

「電気自動車だからといって不自然なところがまるでない。プラグインハイブリッドだったら、エンジンやモーターとタイヤの間に変速機が入っているけれど、これはそれもないから、キックダウンすることもなく、どこからでも同じように加速していく。だから、不満もないしハテナもない。本当にフツーに乗れますね」

シャシーの印象はどうだったのか?
「この駐車場の目の前にあるコーナーを走るくらいだったら、バランスも良くて何の不安もありません。これだけエアボリュームが大きなタイヤ(205/55R16)だから、ちょっとフワフワしているけれど、乗り心地はいいですね。あと、電気自動車だから当たり前だけれど、すごく静か。走っていると、風切り音とロードノイズくらいしか耳に届きません」

ほほー、こちらも好評価。谷口、e-ゴルフをかなり気に入ったようである。
「後席やラゲッジスペースの広さも普通のゴルフと変わらないから、使い勝手はよさそう。ウチで充電して、近所のデパートやスーパーに買い物いったりするには最高じゃないですか。僕的には、全然アリのクルマですよ」

 
フォルクスワーゲンe-ゴルフ(後編)の画像拡大
 
フォルクスワーゲンe-ゴルフ(後編)の画像拡大
 
フォルクスワーゲンe-ゴルフ(後編)の画像拡大
フォルクスワーゲンe-ゴルフ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1800×1480mm/ホイールベース:2635mm/車重:1590kg/駆動方式:FF/モーター:交流同期電動機/最高出力:136ps(100kW)/3300-1万1750rpm/最大トルク:290Nm(29.5kgm)/0-3300rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/価格:499万円
フォルクスワーゲンe-ゴルフ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1800×1480mm/ホイールベース:2635mm/車重:1590kg/駆動方式:FF/モーター:交流同期電動機/最高出力:136ps(100kW)/3300-1万1750rpm/最大トルク:290Nm(29.5kgm)/0-3300rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/価格:499万円拡大
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2022.6.23 試乗記 1975年の初代デビュー以来、世界で1800万台以上が販売されたという「フォルクスワーゲン・ポロ」。その最新モデルがいよいよ日本に上陸した。まずは新しい外観に目を奪われるが、中身の進化もなかなかのものだ。最上級グレードの仕上がりをリポートする。
  • フォルクスワーゲンmove up!(FF/5AT)/high up!(FF/5AT)【試乗記】 2012.9.18 試乗記 フォルクスワーゲンmove up!(FF/5AT)/high up!(FF/5AT)
    ……156万5600円/190万5600円

    鳴り物入りで登場した、フォルクスワーゲンのコンパクトカー「up!(アップ!)」が日本に上陸。その走りは? 乗り心地は?
  • フィアット500eアイコン(FWD)/ホンダeアドバンス(RWD)(前編)【試乗記】 2022.7.1 試乗記 いよいよ日本に導入された、イタリア発のキュートな電動コミューター「フィアット500e」。しかしデザインに秀でた電気自動車といえば、すでに日本にも「ホンダe」があるじゃないか! 街に彩りを与え、見る者を笑顔にする2台の魅力をリポートする。
  • 第698回:【Movie】「ポロ」はどこが新しくなったんですか? VWの広報担当を直撃! 2022.6.23 エディターから一言 「VWポロ」のマイナーチェンジモデルがいよいよ日本に上陸しました。……というわけで早速、日本のインポーターであるフォルクスワーゲン ジャパンの広報担当者を直撃! 新しくなったポイントやライバル車との関係などについて熱く語っていただきました。
  • レクサスLX600“オフロード”(4WD/10AT)【試乗記】 2022.6.27 試乗記 新型「レクサスLX」には“オフロード”を名乗る悪路走破に特化したグレードがある。「1290万円もの高額車で悪路?」と思われるかもしれないが、とにかくある。その悪路も含めて500kmほど試してみた結果、想像以上のマニア向け物件であることが判明したのだった。
ホームへ戻る