クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第481回:「粋」の表現がキーワードになる
アルバイサ専務が語る日産デザインの将来

2018.02.13 エディターから一言
2018年のデトロイトショーで発表されたSUVのコンセプトカー「日産クロスモーション」。
2018年のデトロイトショーで発表されたSUVのコンセプトカー「日産クロスモーション」。拡大

日産自動車が2018年1月の北米自動車ショー(デトロイトショー)で公開したコンセプトカー「Xmotion(クロスモーション)」。その見どころは、いかつい外観だけでなく、日本人の「粋」を表現したというインテリアにもある。同社のデザイン部門を率いるアルフォンソ・アルバイサ専務執行役員に日産デザインの将来について聞いた。

アルフォンソ・アルバイサ専務執行役員。中村史郎氏に代わり、2017年4月から日産のデザイン部門のトップを務めている。
アルフォンソ・アルバイサ専務執行役員。中村史郎氏に代わり、2017年4月から日産のデザイン部門のトップを務めている。拡大
ボディーサイドはU字型のハイライトが入る面構成を持ち、見る者に彫刻的な雰囲気を与えるよう計算されている。
ボディーサイドはU字型のハイライトが入る面構成を持ち、見る者に彫刻的な雰囲気を与えるよう計算されている。拡大
「クロスモーション」のデザインは、2020 年以降の日産デザインの方向性を示唆しているという。
「クロスモーション」のデザインは、2020 年以降の日産デザインの方向性を示唆しているという。拡大

次期「エクストレイル」を示唆している?

21世紀を挟んでの、ゴーン体制下なる日産のV字回復を支えてきたクルマたちを振り返るに、SUVの多さに気づかれる方もいらっしゃるのではないだろうか。

日本市場を支えた「エクストレイル」しかり、欧州市場での「キャシュカイ」(日本名:デュアリス)の大ヒットしかり、そして米国市場では日産ブランドの「ムラーノ」だけでなくインフィニティブランドの「FXシリーズ」が他社に先駆けてプレミアムスポーツ的なキャラクターを確立……と、この頃の日産は単なる収益源とするだけでなく、SUVカテゴリーの発展をけん引する側の立場にいた。そして商品を輝かせていた絶対的要素といえば、常に挑戦的なデザインといえるだろう。中には「ジューク」のように、小型SUVのイノベーターとして多くのフォロアーに影響を与えたモデルもある。

そんな日産の次世代のSUVデザインを示唆するコンセプトモデルとして、2018年1月の北米自動車ショーで発表されたのがクロスモーションだ。オケージョナルユースの3列目シートを配置する6シーターというその成り立ち、そして車格から推するにCセグメント級に見えなくもない。とあらば、次なる「ローグ」&エクストレイルあたりのデザインを示唆しているとも考えられる。

「粋」を大事にする日本人

どちらかといえばオーガニックな曲線的フォルムであるエクストレイルに対して、クロスモーションのスタイリングはキャラクターラインがバキバキに立っており、はっきりと印象を異にしている。2017年、同じく北米自動車ショーでお披露目されたセダンのコンセプトカー「Vモーション2.0」では同じく明快なキャラクターラインをもっていたが、クロスモーションは水平&垂直、そしてシンメトリック的なところが強く意識されていることが伝わるだろう。

おなじみ中村史郎氏の任期満了に伴い、2017年から日産のデザイン部門のトップに就任したアルフォンソ・アルバイサ専務執行役員は、クロスモーションのデザインは日本人の「粋」にまつわる精神性をイメージしたものだと語る。ちなみに氏は1988年の北米日産入社以来、30年にわたり日産およびインフィニティのデザインを手がけてきたいわゆるたたき上げ。メーカー間での移籍がよくあるカーデザイン部門にあって、むしろ珍しい経歴といえるかもしれない。

「私は日本人とともに長きにわたって仕事をしてきましたし、日本の文化に触れる機会も多々ありました。その中で常々感じていたことは、日本人は日々のつつましい生活の中にあっても、その中にささやかな粋を求め、粋心をとても大事にするということです。江戸時代の平民は一見質素な着物を着ているように見えても、その柄や裏地に華を加えてきたというのが江戸文化の特徴の一端です。その心はとても大切なものに見えます。私が日本人ではないことが、かえってそれをストレートかつポジティブに受け止める一因となっているのかもしれませんね」

今後、アルバイサ氏が指揮を執る日産のデザインにおいて「粋」は最も核心的なキーワードになるという。クロスモーションのエクステリアが見せる縦横のはっきりした造形は、日本建築が持つシンプリシティーに強く影響されているそうだ。

ルーフには収納式の“ルーフトップボックス”が搭載されている。
ルーフには収納式の“ルーフトップボックス”が搭載されている。拡大
Vモーショングリルやブーメラン型ヘッドランプ(写真)など、日産ブランドの“シグネチャー”がそこかしこにちりばめられている。
Vモーショングリルやブーメラン型ヘッドランプ(写真)など、日産ブランドの“シグネチャー”がそこかしこにちりばめられている。拡大
「クロスモーションでは、ニッサン・インテリジェント・モビリティーの、より堅牢(けんろう)で力強い側面を追求した」とアルバイサ専務は語る。
「クロスモーションでは、ニッサン・インテリジェント・モビリティーの、より堅牢(けんろう)で力強い側面を追求した」とアルバイサ専務は語る。拡大
リアコンビランプは、日本の伝統的な木工である組子からヒントを得ているという。ホログラム技術による視覚の錯覚を利用して見せる手法を採っている。
リアコンビランプは、日本の伝統的な木工である組子からヒントを得ているという。ホログラム技術による視覚の錯覚を利用して見せる手法を採っている。拡大

赤富士を思い起こさせるインテリア

というわけで、クロスモーションにおける粋がどこに隠されているかといえば、それは内装ということになるだろう。前後に貫く弓なりの形状が川に架かる橋を思わせるセンターコンソールは、実は組木の本杢(ほんもく)をスライスし、芯材に合わせることで気候変化や経年劣化を考慮したものだ。湾曲液晶を全面に敷いたダッシュボードを支える梁(はり)のような部材も同様に芯材を本杢でラッピングしている。

観音開きの扉を開けて一見するとその紅白のコントラストに目が奪われるが、そのドアトリムの形状を引き目線でみれば、富士の稜線(りょうせん)を思い浮かべる人もいるのではないだろうか。富嶽(ふがく)三十六景の赤富士を思い起こさせるあしらいは、本杢のセンターコンソールとのコントラストも相まって箱庭でも眺めているようだ。

「日本人は自らの文化を開けっ広げに自慢することを、よしとしないところがあります。それが美しさでもあるのですが、はた目にみてもったいないと思うことがあるのも確かです。日本らしい粋をいかに表現していくかは、日本のデザイナーと今後取り組むべき大きな課題になるでしょうね」

アルバイサ氏に言われるまでもなく、日本人は自らのセールスがかなり下手な人種だろうと僕も思う。それでも、以前ならちょっと赤面していたくらいに著しく日本を表現したクロスモーションの内装をみていると、このくらいならアリなんじゃないかと思えてくるのは、それこそ京都に殺到する外国人を目の当たりにした、日本人の遅ればせながらの気付きなのかもしれない。

(文=渡辺敏史/写真=日産自動車/編集=竹下元太郎)

ホイールベースを長く取ると同時に、タイヤを車体の4つのコーナーに配置することにより、4+2のシートレイアウトを採用した。
ホイールベースを長く取ると同時に、タイヤを車体の4つのコーナーに配置することにより、4+2のシートレイアウトを採用した。拡大
インテリアでは、伝統的な日本の要素と未来的テクノロジーの共存を図っているという。
インテリアでは、伝統的な日本の要素と未来的テクノロジーの共存を図っているという。拡大
前後を貫く弓なり形状のセンターコンソールは川に架かる橋を思わせる。
前後を貫く弓なり形状のセンターコンソールは川に架かる橋を思わせる。拡大
シートのバックレストの上部には、組子細工を思わせる装飾が付く。
シートのバックレストの上部には、組子細工を思わせる装飾が付く。拡大
webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

日産 エクストレイル の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。