第481回:「粋」の表現がキーワードになる
アルバイサ専務が語る日産デザインの将来

2018.02.13 エディターから一言
2018年のデトロイトショーで発表されたSUVのコンセプトカー「日産クロスモーション」。
2018年のデトロイトショーで発表されたSUVのコンセプトカー「日産クロスモーション」。拡大

日産自動車が2018年1月の北米自動車ショー(デトロイトショー)で公開したコンセプトカー「Xmotion(クロスモーション)」。その見どころは、いかつい外観だけでなく、日本人の「粋」を表現したというインテリアにもある。同社のデザイン部門を率いるアルフォンソ・アルバイサ専務執行役員に日産デザインの将来について聞いた。

アルフォンソ・アルバイサ専務執行役員。中村史郎氏に代わり、2017年4月から日産のデザイン部門のトップを務めている。
アルフォンソ・アルバイサ専務執行役員。中村史郎氏に代わり、2017年4月から日産のデザイン部門のトップを務めている。拡大
ボディーサイドはU字型のハイライトが入る面構成を持ち、見る者に彫刻的な雰囲気を与えるよう計算されている。
ボディーサイドはU字型のハイライトが入る面構成を持ち、見る者に彫刻的な雰囲気を与えるよう計算されている。拡大
「クロスモーション」のデザインは、2020 年以降の日産デザインの方向性を示唆しているという。
「クロスモーション」のデザインは、2020 年以降の日産デザインの方向性を示唆しているという。拡大

次期「エクストレイル」を示唆している?

21世紀を挟んでの、ゴーン体制下なる日産のV字回復を支えてきたクルマたちを振り返るに、SUVの多さに気づかれる方もいらっしゃるのではないだろうか。

日本市場を支えた「エクストレイル」しかり、欧州市場での「キャシュカイ」(日本名:デュアリス)の大ヒットしかり、そして米国市場では日産ブランドの「ムラーノ」だけでなくインフィニティブランドの「FXシリーズ」が他社に先駆けてプレミアムスポーツ的なキャラクターを確立……と、この頃の日産は単なる収益源とするだけでなく、SUVカテゴリーの発展をけん引する側の立場にいた。そして商品を輝かせていた絶対的要素といえば、常に挑戦的なデザインといえるだろう。中には「ジューク」のように、小型SUVのイノベーターとして多くのフォロアーに影響を与えたモデルもある。

そんな日産の次世代のSUVデザインを示唆するコンセプトモデルとして、2018年1月の北米自動車ショーで発表されたのがクロスモーションだ。オケージョナルユースの3列目シートを配置する6シーターというその成り立ち、そして車格から推するにCセグメント級に見えなくもない。とあらば、次なる「ローグ」&エクストレイルあたりのデザインを示唆しているとも考えられる。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.16 試乗記 日本市場から姿を消していた間に、北米ではトヨタブランドトップの販売台数を誇るモデルにまで成長を遂げた「RAV4」。3種類の四駆システムと、悪路での高いパフォーマンスを期待させるタフなスタイリングを採用した新型を、一般道とオフロードに連れ出してみた。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2019.2.1 試乗記 2018年8月の一部改良でハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニングを行い、制振材の追加などにより静粛性を向上させたという、レクサスのフラッグシップサルーン「LS」。果たして熟成は、どこまで進んだのだろうか。
  • 日産が「エクストレイル」の安全装備の仕様を向上 2019.1.11 自動車ニュース 日産が「エクストレイル」の仕様を変更。「ハイビームアシスト」「日産オリジナルナビ取付パッケージ」を全グレードに標準装備化。また標準装備である「踏み間違い衝突防止アシスト」機能に前進時歩行者検知機能を追加した。
ホームへ戻る