第481回:「粋」の表現がキーワードになる
アルバイサ専務が語る日産デザインの将来

2018.02.13 エディターから一言
2018年のデトロイトショーで発表されたSUVのコンセプトカー「日産クロスモーション」。
2018年のデトロイトショーで発表されたSUVのコンセプトカー「日産クロスモーション」。拡大

日産自動車が2018年1月の北米自動車ショー(デトロイトショー)で公開したコンセプトカー「Xmotion(クロスモーション)」。その見どころは、いかつい外観だけでなく、日本人の「粋」を表現したというインテリアにもある。同社のデザイン部門を率いるアルフォンソ・アルバイサ専務執行役員に日産デザインの将来について聞いた。

アルフォンソ・アルバイサ専務執行役員。中村史郎氏に代わり、2017年4月から日産のデザイン部門のトップを務めている。
アルフォンソ・アルバイサ専務執行役員。中村史郎氏に代わり、2017年4月から日産のデザイン部門のトップを務めている。拡大
ボディーサイドはU字型のハイライトが入る面構成を持ち、見る者に彫刻的な雰囲気を与えるよう計算されている。
ボディーサイドはU字型のハイライトが入る面構成を持ち、見る者に彫刻的な雰囲気を与えるよう計算されている。拡大
「クロスモーション」のデザインは、2020 年以降の日産デザインの方向性を示唆しているという。
「クロスモーション」のデザインは、2020 年以降の日産デザインの方向性を示唆しているという。拡大

次期「エクストレイル」を示唆している?

21世紀を挟んでの、ゴーン体制下なる日産のV字回復を支えてきたクルマたちを振り返るに、SUVの多さに気づかれる方もいらっしゃるのではないだろうか。

日本市場を支えた「エクストレイル」しかり、欧州市場での「キャシュカイ」(日本名:デュアリス)の大ヒットしかり、そして米国市場では日産ブランドの「ムラーノ」だけでなくインフィニティブランドの「FXシリーズ」が他社に先駆けてプレミアムスポーツ的なキャラクターを確立……と、この頃の日産は単なる収益源とするだけでなく、SUVカテゴリーの発展をけん引する側の立場にいた。そして商品を輝かせていた絶対的要素といえば、常に挑戦的なデザインといえるだろう。中には「ジューク」のように、小型SUVのイノベーターとして多くのフォロアーに影響を与えたモデルもある。

そんな日産の次世代のSUVデザインを示唆するコンセプトモデルとして、2018年1月の北米自動車ショーで発表されたのがクロスモーションだ。オケージョナルユースの3列目シートを配置する6シーターというその成り立ち、そして車格から推するにCセグメント級に見えなくもない。とあらば、次なる「ローグ」&エクストレイルあたりのデザインを示唆しているとも考えられる。

日産 エクストレイル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ローグ 2020.6.17 画像・写真 日産自動車は2020年6月15日(現地時間)、米国で新型「ローグ」を発表した。ローグは日産がグローバル展開するミドルサイズSUVで、従来モデルは日本でも3代目「エクストレイル」として販売されていた。日本導入も予想される日産の最新SUVを写真で紹介する。
  • 新型「日産エクストレイル」の海外版がデビュー 日本仕様はどうなる? 2020.6.29 デイリーコラム 北米で「日産ローグ」の新型がお披露目された。日本ではあまりなじみのないローグだが、それもそのはず先代モデルからは「エクストレイル」の姉妹車となっているのだ。デビュー間近と思われる次期型エクストレイルの姿を読み解く。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • ホンダCT125ハンターカブ(MR/4MT)【レビュー】 2020.10.17 試乗記 “ハンターカブ”と呼ばれた往年の名車のイメージを受け継ぐ、ホンダの小型オートバイ「CT125ハンターカブ」。ポップでワイルドな見た目だが、実際の走りはどうか? 舗装路と未舗装路の両方で試してみた。
  • パステルイエローをまとったオフロードテイストの「フィアット・パンダ クロス4×4」登場 2020.10.13 自動車ニュース FCAジャパンは2020年10月13日、クロスオーバーSUV「フィアット・パンダ クロス4×4」を150台の台数限定で、同年10月24日に発売すると発表した。パステルイエローの外装色やオフロードテイストの外装パーツが特徴となっている。
ホームへ戻る