「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビュー

2018.02.19 自動車ニュース
「フェラーリ・ポルトフィーノ」
「フェラーリ・ポルトフィーノ」拡大

フェラーリ・ジャパンは2018年2月19日、東京都千代田区のパレスホテル東京において、新型オープンスポーツカー「ポルトフィーノ」を日本初公開した。税込み価格は2530万円となる。

 
「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビューの画像拡大
 
「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビューの画像拡大
 
「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビューの画像拡大
 
「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビューの画像拡大
 
「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビューの画像拡大
 
「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビューの画像拡大
 
「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビューの画像拡大
プレゼンテーションを行った、フェラーリ極東・中東エリア統括CEOのディーター・クネヒネル氏(写真左)、フェラーリ・ジャパン&コリアのリノ・デパオリ代表取締役社長(同右)。クネヒネル氏はリゾート地であるポルトフィーノの名称を採用したことについて「人生の楽しさを謳歌(おうか)できる場所であり、フェラーリを所有することに通ずるものがあるからだ」と説明した。
プレゼンテーションを行った、フェラーリ極東・中東エリア統括CEOのディーター・クネヒネル氏(写真左)、フェラーリ・ジャパン&コリアのリノ・デパオリ代表取締役社長(同右)。クネヒネル氏はリゾート地であるポルトフィーノの名称を採用したことについて「人生の楽しさを謳歌(おうか)できる場所であり、フェラーリを所有することに通ずるものがあるからだ」と説明した。拡大

真のフェラーリ・パフォーマンスを実現

2017年9月のドイツ・フランクフルトモーターショーで世界初公開されたポルトフィーノは、4シーターオープンカー「カリフォルニアT」の事実上の後継にあたるモデルだ。そのGTとしての世界観を受け継ぎながら、ラグジュアリー性、多用途性、快適性を前例のないレベルで融合させることで、真のフェラーリ・パフォーマンスを実現させたとうたわれる。優雅さと魅力を示すべく、イタリア・リグーリア州リビエラの高級リゾート地として知られる港町、ポルトフィーノを車名に採用している。

スタイリングは、クローズでもオープンでも美しい、ボディーのシルエットが特徴。新設計のリトラクタブルハードトップ機構を搭載しており、開閉時間をわずか14秒に抑えただけでなく、低速であれば走行中でも操作が可能。ラゲッジスペースの容量はクローズ状態で292リッターを確保しており、中型のキャビントローリーをオープン時には2個、クローズ時には3個収納できる。

キャビンも一新しており、快適性と機能性を高めた新型シートを採用したほか、プラス2となる後席の足元スペースも拡大。また、10.25インチのフルHDマルチタッチスクリーンを備えた新インフォテインメントシステムも搭載する。併せて、新デザインのステアリングホイールを採用している。

注目のエンジンは、カリフォルニアTにも搭載していた3.9リッターV8ターボ(2016年と2017年の2年連続で「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を受賞している)に改良を加えたもの。そのハイライトは、新設計のエキゾーストシステムとフェラーリ初採用となる電子制御バイパス排気バルブだ。このバルブによって排気音を4段階に変化させることが可能となっており、控えめなエキゾーストノートから、刺激的な“フェラーリミュージック”までを楽しめる。エンジン性能そのものも強化されており、最高出力が+40psの600ps/7500rpm、最大トルクが+10Nmの760Nm/3000-5250rpmに。最大トルクの上昇幅は小さいが、その分フラットなトルクバンドを実現している。動力性能は0-100km/h加速が3.5秒、0-200km/h加速が10.8秒。最高速度は320km/hと公表されている。パワーの向上に合わせてブレーキ性能も強化しており、前後にカーボンセラミックブレーキシステムを標準装備。100km/hから完全停止までに必要な距離は34mとされる。

また、新開発のアルミニウム製シャシーを採用しており、カリフォルニアTと比べてねじれ剛性が35%アップ。さらにボディーやリトラクタブルハードトップ機構、シート構造、エアコン、エンジン、電子機器にいたるまで軽量設計を行い、カリフォルニアTから80kgの軽量化を実現している。

従来型にあたるカリフォルニアTは、リアシートや電動リトラクタブルハードトップなどを備えたことで、フェラーリファンはもちろん、それ以外の顧客も取り込んだ。フェラーリはポルトフィーノにも同様、あるいはそれ以上の期待を寄せていることだろう。

また、フェラーリ好きには、今回発表された車両のボディーカラーがホワイトだったことが気になるかもしれないが、GT系のフェラーリはスポーツ走行だけでなく、さまざまな用途に活用するユーザーが多いという。彼らは白、黒、シルバーといった落ち着いた色を選ぶ傾向が強いとされ、そうした傾向を反映させたセレクトでもあったようだ。白いボディーにブラックのルーフというシックな組み合わせが、新しいフェラーリGTの立ち位置を端的に示しているように感じられた。

(文と写真=大音安弘)

関連キーワード:
ポルトフィーノ, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【海外試乗記】 2018.3.7 試乗記 フェラーリの新しいV8GT「ポルトフィーノ」に南イタリアで試乗した。この「カリフォルニアT」の後継モデルは、グランツーリスモとして一段と洗練されていただけでなく、跳ね馬の名に恥じない熱い走りを備えていた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+【海外試乗記】 2019.8.13 試乗記 最高出力421ps、最大トルク500Nmという“世界最強”の2リッター直4ターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+」。セグメントの枠を超えたその走りを、スペイン・マドリードのワインディングロードとサーキットで試した。
  • ロールス・ロイス・ベイサイド ドーン エアロカウリング 2019.7.26 画像・写真 ロールス・ロイス・モーター・カーズ横浜が、海をモチーフにした「ロールス・ロイス・ドーン」のビスポークモデル「ベイサイド ドーン エアロカウリング」を発表。最先端の高級ヨットやスピードボートにインスパイアされたという、特別なドーンを写真で紹介する。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.31 試乗記 ポルシェファミリーの中で、いま最も売れている「マカン」。モデルライフ半ばのマイナーチェンジで持ち前の商品力はどのように高まったのか? ベーシックな2リッター直4モデルに試乗し、その完成度を確かめた。
ホームへ戻る