第543回:お元気なのはいいけれど……
イタリアの高齢ドライバーについて考える

2018.03.02 マッキナ あらモーダ!

高齢の運転者には肯定的?

先日、あるイタリア人宅を訪問したときのことである。夫妻が乗る「トヨタ・カローラ」のほかにもう1台、先々代の「シトロエンC3」が置いてあった。

夫人の父親の愛車という。さらに聞いて驚いた。「父は95歳だけど、まだ現役で運転してるの」。そして元教員という彼女は「私より運転がうまいくらいよ」と言って屈託のない笑みを浮かべた。

イタリアの価格比較サイト『ファーチレ・プントイット』が2017年に発表したところによると、今日イタリアでは、90歳以上の運転免許保有者は6万人を超える。

一方、テレビのニュースでは、少なくとも年に1度は「元気に運転するおじいちゃん」といったトピックが紹介される。2017年6月には100歳を迎えた元自動車部品商の男性が運転する様子が報じられた。車種は、イタリアでお年寄りから絶大な人気を獲得しながらも販売終了となった韓国GM製「シボレー・マティス」だった。

こうしたとき、イタリアのメディアの伝え方は、前述の夫人同様“ほのぼのした話題”だ。つまりポジティブな扱いなのである。

筆者のアルバムにおさまっている、親愛なる高齢ドライバーの皆さん。ジャンカルロ&オネリア夫妻と「ヒュンダイ・ゲッツ」。
筆者のアルバムにおさまっている、親愛なる高齢ドライバーの皆さん。ジャンカルロ&オネリア夫妻と「ヒュンダイ・ゲッツ」。拡大
カルロ氏と「スズキSX4」。
カルロ氏と「スズキSX4」。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事