第544回:「共用メルセデス」に「窓のないクルマ」
自動車の未来像に、あなたはついてこれるか?

2018.03.09 マッキナ あらモーダ!

自動車業界にないスピード感

世界最大級の携帯電話関連の見本市「モバイルワールドコングレス(Mobile World Congress。以下MWC)」が、2018年2月26日から3月1日までスペイン・バルセロナで開催された。今年のテーマ「より良い未来の創造」のもと、モバイル、エレクトロニクス関連製品を中心とした2300を超える企業が参加した。

会場で目立ったテクノロジーを集約すると以下の3つだ。ひとつ目は、先の平昌オリンピックでもテスト運用が行われ、国によっては2019年からサービスが開始される次世代通信規格「5G」に関する技術である。

2つ目は、仮想通貨に切り離せない「ブロックチェーン」に関するテクノロジー。3つ目はコンピューターネットワーク上で利用者に近い側に多数のサーバーを配置し、クラウドの負荷低減と通信遅延防止を図る「エッジ・コンピューティング」に関する技術であった。

コンシューマー製品の主役は依然スマートフォンである。サムスンはカメラ性能を向上させたフラッグシップモデル「ギャラクシーS9」「ギャラクシーS9+」を発表した。

一方、ソニーモバイルコミュニケーションズは、スマートフォンとして世界初の4K HDRビデオ撮影が可能な「Xperia(エクスペリア) XZ2」を公開した。

参考までにいうと、サムスンは前述の新製品を市中心部のカタルーニャ広場で早速展示し、一般向けにも華やかな宣伝を展開していた。広場に面したデパート「エル・コルテ・イグレンス」ではサムスンのコーナーに人だかりができている一方で、ファーウェイやアップルのコーナーには誰ひとりいなかった。

プロ向けの見本市とほぼ同時に、一般の人々が新型を試している。その光景を見ていると、以前より早くなったとはいえモーターショーからディーラーにやってくるまでかなりの時間がかかる自動車という商品が、なんとも前時代のものに感じられた。

モバイルワールドコングレスのメイン会場「フィラ・バルセロナ・グランヴィア」。日本人建築家・伊東豊雄氏の設計である。
モバイルワールドコングレスのメイン会場「フィラ・バルセロナ・グランヴィア」。日本人建築家・伊東豊雄氏の設計である。拡大
今年のショーでは、5G通信技術とその応用が一斉に開花した。
今年のショーでは、5G通信技術とその応用が一斉に開花した。拡大
モバイルワールドコングレス2018の会場に展示された、NTTドコモのロボット。右側に立つデモンストレーターの動作を5G通信で受信し、自らの手で書を披露する。
モバイルワールドコングレス2018の会場に展示された、NTTドコモのロボット。右側に立つデモンストレーターの動作を5G通信で受信し、自らの手で書を披露する。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事