クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第488回:雪上をスリックタイヤで疾走!?
ヨコハマの雪上試走会で知ったスタッドレスの進化

2018.03.09 エディターから一言
2017年に発表された横浜ゴムの最新スタッドレスタイヤ「アイスガードiG60」。
2017年に発表された横浜ゴムの最新スタッドレスタイヤ「アイスガードiG60」。拡大

雪上コースをまさかのスリックタイヤで疾走!? ユニークなプログラムが多数用意された横浜ゴムの雪上試走会を通し、スタッドレスタイヤにおけるコンパウンドとトレッドパターンの重要性や、それらの技術の急速な進化のほどを実感した。

今回の試走会は、2015年に開設されたばかりの、北海道旭川の「北海道タイヤテストセンター」で行われた。
今回の試走会は、2015年に開設されたばかりの、北海道旭川の「北海道タイヤテストセンター」で行われた。拡大
試走会の前日にはタイヤにまつわる勉強会も催され、「タイヤにシリカを配合する理由とは?」「スタッドレスタイヤで氷上性能と雪上性能がトレードオフの関係となるのはなぜ?」といった技術的な説明が行われた。
試走会の前日にはタイヤにまつわる勉強会も催され、「タイヤにシリカを配合する理由とは?」「スタッドレスタイヤで氷上性能と雪上性能がトレードオフの関係となるのはなぜ?」といった技術的な説明が行われた。拡大
まだ完成したばかりの屋内氷盤試験場。氷上性能を評価する氷盤の状態を、一定に保つことができるという。
まだ完成したばかりの屋内氷盤試験場。氷上性能を評価する氷盤の状態を、一定に保つことができるという。拡大
屋内氷盤試験場では乗用車だけでなく、バスやトラックなどを使った商用車用ウインタータイヤの試験も可能となっている。
屋内氷盤試験場では乗用車だけでなく、バスやトラックなどを使った商用車用ウインタータイヤの試験も可能となっている。拡大

設備強化が後押しするスタッドレスタイヤの進化

東北・北陸地方の日本海側や北海道を中心に、記録的な大雪による被害が報じられた今シーズンの冬も、さすがにそろそろ終盤戦……と、そんなタイミングで正直“いまさら感”は拭えないものの、ここにお届けするのはあらためてスタッドレスタイヤの話題である。主役は2017年9月に発売され、この冬がデビュー後の初シーズンとなった最新乗用車用スタッドレスタイヤ「アイスガードiG60」、通称「アイスガード6」だ。

すでに発売済みのアイテムの話題をこうしてあらためて採り上げるのは、“生みの親”である横浜ゴム主催によるイベントが、再度北海道のテストコースを舞台に開催されたゆえ。しかも、そのタイトルは「スタッドレスタイヤ勉強・試乗会」と、通常のテストイベントとは一線を画したもの。それは単なる自社製品のプロモーションにはとどまらず、日頃タイヤ情報と接する機会の少ない編集者たちまでも幅広く招待し、「お前ら、もうちょっとスタッドレスタイヤへの理解を深めんか!」という、親心あふれる(?)イベントであったというわけだ。
 
舞台は、横浜ゴムが2015年末に開業した「北海道タイヤテストセンター」。略称のTTCHとは”Tire Test Center of Hokkaido”に由来したものだ。以前のコースの約4倍、東京ドームの19倍強に相当するという広さが売りのこの場所は、実はかつての旭川競馬場の跡地だったりする。

それゆえ、旭川空港からはクルマで10分、旭川駅からも同15分と交通も至便。実際、今回のイベントでも空港や市内のホテルからアッという間にアクセスできたのが印象的だった。

ちなみに、最新のトピックは2018年1月末に発表された屋内氷盤試験場の開設である。スタッドレスタイヤの氷上性能評価に不可欠な“氷盤”の、天候による状態の変化を抑制することが可能で、これまで用いられてきた屋外試験場に比べ「試験データの精度が向上し、より高度な技術開発が可能になる」という。乗用車だけでなくトラック、バスのテストも実施できる規模で、今後の同社のスタッドレスタイヤ開発に大きく貢献していくことは確実だ。

2017年に登場したばかりのヨコハマの最新モデル

横浜ゴムの乗用車用スタッドレスタイヤブランドであるアイスガード。その最新作として登場した前述の“6”は、トレッドのパターンやコンパウンド、さらにはベースコンパウンドに至るまで、すべての部分に最新技術が投入されている。横浜ゴムが自ら「史上最高傑作」とうたう一品だ。

従来品である「5プラス」との比較では、氷上での制動性能や旋回性能、さらにはウエット路面での制動性能を大きく引き上げたのみならず、ロードノイズやパターンノイズ、転がり抵抗の低減と、ドライ路面での性能向上もうたわれており、氷雪路以外の分野も重視されたことが特徴として紹介されている。

今回のイベントで幸運だったのは、当日の気温が氷点下で安定し、しかも基本的に曇天でほとんど日差しもなかったため、路面のコンディションが時間帯によって大きく変化しなかったことである。

ウインタータイヤ評価の場合、厄介なのはこの「路面が変化をしてしまうこと」で、大方の場合は朝一番でまだ他車が走り回る前の状態が最もグリップ感が高く、時間がたち、特に日中に日が射(さ)してしまうと、同じタイヤを装着してもそのグリップ感は大きく低下してしまいがちなのだ。ところが、今回のイベントでは路面状況がほぼ一定で、それゆえ、さまざまな種類のタイヤを履き替えながらの評価に、高い整合性が得られた。

アイスガード6については、そうした条件の中での試走を通して今季トップレベルのスタッドレスタイヤであることを確信。「なるほど、これは“史上最高傑作”をうたいたくなるのもさもありなんだな」と納得した次第なのだが、実は今回のイベントはそれだけで終わりではなかったのである。

「アイスガードiG60」は、従来品を上回る氷上ブレーキ性能やウエットグリップ性能に加え、約4年を経ても高い性能を保っていられるロングライフ性能も備えているという。
「アイスガードiG60」は、従来品を上回る氷上ブレーキ性能やウエットグリップ性能に加え、約4年を経ても高い性能を保っていられるロングライフ性能も備えているという。拡大
さまざまな技術が取り入れられた「アイスガードiG60」のトレッドパターン。イン側(写真左)を氷上性能に配慮したデザイン、アウト側(同右)を雪上性能に配慮したデザインとする、左右非対称のパターンが用いられている。
さまざまな技術が取り入れられた「アイスガードiG60」のトレッドパターン。イン側(写真左)を氷上性能に配慮したデザイン、アウト側(同右)を雪上性能に配慮したデザインとする、左右非対称のパターンが用いられている。拡大
ハンドリング路を行く、「アイスガードiG60」を装着した「BMW X3」。今回のテストでは気温の上昇によって路面状況が変わるようなことがなく、ほぼ同じシチュエーションで、さまざまなタイヤの性能を試すことができた。
ハンドリング路を行く、「アイスガードiG60」を装着した「BMW X3」。今回のテストでは気温の上昇によって路面状況が変わるようなことがなく、ほぼ同じシチュエーションで、さまざまなタイヤの性能を試すことができた。拡大
試走会では屋内氷盤試験場を使った氷上ブレーキ性能の比較も行われた。
試走会では屋内氷盤試験場を使った氷上ブレーキ性能の比較も行われた。拡大

特別な比較試走で実感した、2つの技術の重要性

今回のテストコースには、雪と氷のコンディションには何とも不釣り合いな“スリックタイヤ”が用意されていた。

スタッドレスタイヤの場合、新雪の中に食い込ませたり、氷上のミクロの水膜を切り裂いたりすることで摩擦力を獲得する等々の理由から、トレッドパターンは極めて重要というのが常識である。ところが、その影響をあえて排除し“ゴムの能力”のみにフォーカスすべく、アイスガード6用に加えて欧州向けウインタータイヤのコンパウンドを用いた2種類のスリックタイヤが、特別に製作されていたのだ。

結果は驚くべきもので、「どちらも満足に走れないだろう」という予想とは裏腹に、屋内氷盤路でも雪上/氷上旋回路でも、スタッドレスタイヤ用コンパウンド採用品がウインタータイヤ用コンパウンド採用品を圧倒した。排水性のなさから、雪解け路面などでのハイドロプレーニング現象の発生は不可避なので、リアルワールドでの使用はもちろんご法度。しかし、少なくとも今回の条件下では「このまま不自由なく走れてしまうのでは?」と、そんな印象すら覚えさせられたのが、スタッドレス用コンパウンドで作られたスリックタイヤのグリップ感だった。

今回のイベントでは、もうひとつ興味深いタイヤもチェックすることができた。先ほどとは逆に、ゴムの違いを排除してトレッドパターンの影響を知るため、市販されているアイスガード6のコンパウンドをアイスガード5プラスのトレッドパターンと組み合わせた、やはり特製のアイテムだ。通常のアイスガード6との比較では、前述の“コンパウンド違い”ほどの大差は感じなかったものの、例えば氷盤上での静止状態からのスタート時には、やはり明確に異なる蹴り出しを実感することとなった。

そんな、手を変え品を変えのプログラムによって、「コンパウンドやパターンなどの研究を通して、現在のアイスガード6が誕生したのだ」と、開発陣は声を大にして訴えたかったに違いない。

欧州向けウインタータイヤのコンパウンドと、スタッドレスタイヤ「アイスガードiG60」のコンパウンドが用いられた、2種類のスリックタイヤ。コンパウンドの違いがもたらす性能の差を比較するために用意されたものだ。
欧州向けウインタータイヤのコンパウンドと、スタッドレスタイヤ「アイスガードiG60」のコンパウンドが用いられた、2種類のスリックタイヤ。コンパウンドの違いがもたらす性能の差を比較するために用意されたものだ。拡大
見た目はまったく同じ2つのスリックタイヤだが、運転するとその差は歴然。「アイスガードiG60」のコンパウンドを用いたスリックタイヤは、少なくとも今回のシチュエーションでは「このまま不自由なく走れるのでは?」と錯覚させられるほどの性能を有していた。
見た目はまったく同じ2つのスリックタイヤだが、運転するとその差は歴然。「アイスガードiG60」のコンパウンドを用いたスリックタイヤは、少なくとも今回のシチュエーションでは「このまま不自由なく走れるのでは?」と錯覚させられるほどの性能を有していた。拡大
続いて「アイスガードiG60」のコンパウンドと「アイスガード5プラス」のトレッドパターンを組み合わせたタイヤを、通常のアイスガードiG60と比較。特に氷上でのグリップ性能の違いを実感することとなった。
続いて「アイスガードiG60」のコンパウンドと「アイスガード5プラス」のトレッドパターンを組み合わせたタイヤを、通常のアイスガードiG60と比較。特に氷上でのグリップ性能の違いを実感することとなった。拡大
“特注タイヤ”を使ったコンパウンドとトレッドパターンの比較試走については、屋外コースでの8の字走行と、屋内氷盤試験場での氷上ブレーキテストの2つのプログラムが用意されていた。
“特注タイヤ”を使ったコンパウンドとトレッドパターンの比較試走については、屋外コースでの8の字走行と、屋内氷盤試験場での氷上ブレーキテストの2つのプログラムが用意されていた。拡大

スタッドレスタイヤの性能評価は難しい

世の中に数あるタイヤの中でも、「一般ドライバーが街乗りをしただけでも、限界性能を使い切ってしまう可能性が大」という点で、スタッドレスタイヤは特殊な存在といえる。だからこそわれわれメディア側は、その限界性能やそうした場面での挙動をつぶさにチェックし、報告をしたいところなのだが、いかんせん通常の試走会では時間の制約が大きく、かつそもそも“路面も刻々と変わってしまう”なかでのテストドライブとなるため、絶対的な評価コメントを与えにくいのが実に忸怩(じくじ)たるところである。

もう一点難しいのは、異なるブランドのアイテムを特定メーカーのテストコースで同時比較することができないことだ。最近も、とあるブランドが「報道はNG」とただし書きを付けた上で他社銘柄との比較を含んだイベントを開催したところ、それだけで”公正な競争”を推進する団体から「そうしたプログラムはご法度」とクレームがついたというウワサを耳にした。

だからこそ、冬タイヤのイベントとしては例外的なまでに長い時間を費やし、“自社製品のみ”という制約はあったものの、さまざまなアングルから最新モデルのポテンシャルを知ることができた今回のプログラムは、極めて有用であった。そして、実はこのイベント以外にもあらためて雪上/氷上を走る機会があったからこそ、「アイスガード6は“今季トップレベルのスタッドレスタイヤ”」という個人的な思いも新たにしたのである。

(文=河村康彦/写真=横浜ゴム/編集=堀田剛資)

ハンドリング路では、世界の各地域で販売されるタイヤの比較試走も行われた。
ハンドリング路では、世界の各地域で販売されるタイヤの比較試走も行われた。拡大
試走に用意された3種類のタイヤ。手前からスタッドレスタイヤの「アイスガードiG60」、欧州向けのウインタータイヤ「ブルーアース ウインターV905」、北米向けのオールシーズンタイヤ「AVIDアセンド」。
試走に用意された3種類のタイヤ。手前からスタッドレスタイヤの「アイスガードiG60」、欧州向けのウインタータイヤ「ブルーアース ウインターV905」、北米向けのオールシーズンタイヤ「AVIDアセンド」。拡大
ここで紹介した横浜ゴムの試走会も含め、今冬も数多くのイベントに参加し、さまざまな製品の実力に触れてきた河村氏。「アイスガードiG60」はそうしたイベントで試した冬用タイヤの中でも、トップレベルの性能を有していたようだ。
ここで紹介した横浜ゴムの試走会も含め、今冬も数多くのイベントに参加し、さまざまな製品の実力に触れてきた河村氏。「アイスガードiG60」はそうしたイベントで試した冬用タイヤの中でも、トップレベルの性能を有していたようだ。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。