第488回:雪上をスリックタイヤで疾走!?
ヨコハマの雪上試走会で知ったスタッドレスの進化

2018.03.09 エディターから一言
2017年に発表された横浜ゴムの最新スタッドレスタイヤ「アイスガードiG60」。
2017年に発表された横浜ゴムの最新スタッドレスタイヤ「アイスガードiG60」。拡大

雪上コースをまさかのスリックタイヤで疾走!? ユニークなプログラムが多数用意された横浜ゴムの雪上試走会を通し、スタッドレスタイヤにおけるコンパウンドとトレッドパターンの重要性や、それらの技術の急速な進化のほどを実感した。

今回の試走会は、2015年に開設されたばかりの、北海道旭川の「北海道タイヤテストセンター」で行われた。
今回の試走会は、2015年に開設されたばかりの、北海道旭川の「北海道タイヤテストセンター」で行われた。拡大
試走会の前日にはタイヤにまつわる勉強会も催され、「タイヤにシリカを配合する理由とは?」「スタッドレスタイヤで氷上性能と雪上性能がトレードオフの関係となるのはなぜ?」といった技術的な説明が行われた。
試走会の前日にはタイヤにまつわる勉強会も催され、「タイヤにシリカを配合する理由とは?」「スタッドレスタイヤで氷上性能と雪上性能がトレードオフの関係となるのはなぜ?」といった技術的な説明が行われた。拡大
まだ完成したばかりの屋内氷盤試験場。氷上性能を評価する氷盤の状態を、一定に保つことができるという。
まだ完成したばかりの屋内氷盤試験場。氷上性能を評価する氷盤の状態を、一定に保つことができるという。拡大
屋内氷盤試験場では乗用車だけでなく、バスやトラックなどを使った商用車用ウインタータイヤの試験も可能となっている。
屋内氷盤試験場では乗用車だけでなく、バスやトラックなどを使った商用車用ウインタータイヤの試験も可能となっている。拡大

設備強化が後押しするスタッドレスタイヤの進化

東北・北陸地方の日本海側や北海道を中心に、記録的な大雪による被害が報じられた今シーズンの冬も、さすがにそろそろ終盤戦……と、そんなタイミングで正直“いまさら感”は拭えないものの、ここにお届けするのはあらためてスタッドレスタイヤの話題である。主役は2017年9月に発売され、この冬がデビュー後の初シーズンとなった最新乗用車用スタッドレスタイヤ「アイスガードiG60」、通称「アイスガード6」だ。

すでに発売済みのアイテムの話題をこうしてあらためて採り上げるのは、“生みの親”である横浜ゴム主催によるイベントが、再度北海道のテストコースを舞台に開催されたゆえ。しかも、そのタイトルは「スタッドレスタイヤ勉強・試乗会」と、通常のテストイベントとは一線を画したもの。それは単なる自社製品のプロモーションにはとどまらず、日頃タイヤ情報と接する機会の少ない編集者たちまでも幅広く招待し、「お前ら、もうちょっとスタッドレスタイヤへの理解を深めんか!」という、親心あふれる(?)イベントであったというわけだ。
 
舞台は、横浜ゴムが2015年末に開業した「北海道タイヤテストセンター」。略称のTTCHとは”Tire Test Center of Hokkaido”に由来したものだ。以前のコースの約4倍、東京ドームの19倍強に相当するという広さが売りのこの場所は、実はかつての旭川競馬場の跡地だったりする。

それゆえ、旭川空港からはクルマで10分、旭川駅からも同15分と交通も至便。実際、今回のイベントでも空港や市内のホテルからアッという間にアクセスできたのが印象的だった。

ちなみに、最新のトピックは2018年1月末に発表された屋内氷盤試験場の開設である。スタッドレスタイヤの氷上性能評価に不可欠な“氷盤”の、天候による状態の変化を抑制することが可能で、これまで用いられてきた屋外試験場に比べ「試験データの精度が向上し、より高度な技術開発が可能になる」という。乗用車だけでなくトラック、バスのテストも実施できる規模で、今後の同社のスタッドレスタイヤ開発に大きく貢献していくことは確実だ。

あなたにおすすめの記事
新着記事