【ジュネーブショー2018】スバルの新型ヴィジヴは次期レヴォーグ?

2018.03.11 自動車ニュース
「スバル・ヴィジヴ ツアラー コンセプト」
「スバル・ヴィジヴ ツアラー コンセプト」拡大

ジュネーブショー2018での日本メーカーの出品内容は、ドイツメーカーの勢いに比べると少々おとなしく見えた。しかし、そこには見逃せない重要な“示唆”があったのも事実だ。スバル、マツダ、ホンダ、日産、三菱のブースをリポートする。

「マツダ6」のセダンに続き、ワゴンにもマイナーチェンジが施された。
「マツダ6」のセダンに続き、ワゴンにもマイナーチェンジが施された。拡大
「ホンダCR-V」
「ホンダCR-V」拡大
「日産IMx KURO」
「日産IMx KURO」拡大
日産のフォーミュラE参戦用マシン。そのカラーリングが初公開された。
日産のフォーミュラE参戦用マシン。そのカラーリングが初公開された。拡大
「三菱e-エボリューションコンセプト」
「三菱e-エボリューションコンセプト」拡大

次期レヴォーグのデザインスタディーか

スバルは「ヴィジヴ ツアラー コンセプト」を発表した。これはスバル恒例のヴィジヴ・コンセプトカーシリーズの最新モデルで、今回のテーマはツアラー。水平対向エンジンとアイサイトを搭載したステーションワゴンで、しかもボンネットに大きなダクトがある。全長4775×全幅1930×全高1435mmにホイールベース2730mmという寸法は、現行「レヴォーグ」よりも若干大きい。ショーモデルということもあり、ワイドなフェンダーになっていることを計算すれば、次世代のレヴォーグのデザインスタディーと考えていいだろう。

スバルと同じようにステーションワゴンを持ち込んだのがマツダだ。「アテンザ」に相当する「マツダ6」のワゴンのマイナーチェンジの新型を出品した。昨2017年11月にマイナーチェンジしたセダンに続いてのもので、デザインをより上質化している。また、東京モーターショーでも話題を集めた「ビジョン クーペ」と「魁(カイ)」コンセプトも欧州デビューを飾っている。

ホンダは「CR-V」の欧州仕様を持ち込んだ。ガソリン車には3列シートを設定。2リッターのハイブリッド版もラインナップするという。一方、日産は、東京モーターショーで発表した「IMx」の化粧直し版である「IMx KURO」と、2018年シーズンから参戦するフォーミュラEを出品。フォーミュラEのカラーリングはジュネーブが世界初披露となる。

三菱は、これも東京モーターショーで発表済みの「e-エボリューションコンセプト」と「アウトランダーPHEV」がメインの展示だ。アウトランダーPHEVは、今年の秋に欧州への導入が予定されている。そして、プレスカンファレンスを実施してないスズキ。そのブースではスイフトスポーツが目立つように展示されていた。スイフトを使ったシミュレーション走行のデモが人気を集めていたようだ。

(文と写真=鈴木ケンイチ)

関連キーワード:
アテンザワゴン, CR-V, マツダ, ホンダ, モーターショー, ジュネーブモーターショー2018, 自動車ニュース

マツダ アテンザワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る