第84回:「このクルマは誰のデザイン?」

2018.04.03 カーマニア人間国宝への道

留学時代は猛勉強の日々

自動車デザイナー・中村史郎氏に、自動車デザインの真実を単刀直入に聞いてみた! の第2回。カリフォルニアのアートセンター・カレッジ・オブ・デザインに留学した、いすゞ自動車の中村史郎青年(29歳)は、クラスメートにクリス・バングル氏もいる中で、首席で卒業するのだが……。

清水(以下 清):アートセンター・カレッジ・オブ・デザインには、1年間留学したんでしたよね。

中村(以下 中):そうです。

清:1年で卒業できるんですか?

中:アートセンターは卒業まで8学期なんだけど、僕らのような企業留学生はそのうちの最後の3学期だけなんですよ。それまで誰も卒業証書もらってないし、いすゞの留学した先輩も「デザインでトップは当たり前だから、卒業証書でももらってこい!」って言ってるしね。一般教養の単位も必要なので、武蔵野美術大学で取った単位を申請したり、上級クラスの学生は取らない歴史とか論文の書き方なんかも受講したりして。普通の学生の倍ぐらいやって最優秀の卒業証書もらってきました。

清:アメリカの大学はキビシイと聞きますが。

中:もうむちゃくちゃカリキュラムが詰め込まれてました。でも、そもそもプロを養成するところなんで、みんな学ぶ意識が高いしお互い競争だし、だから面白いんですよ。日本の大学にはそういうのないでしょう?

清:ゼロでしたね……。

中:朝から夕方まで講義で、夜のクラスもあって、家に帰ってから夜中の2時、3時まで課題のデザイン。最低週に1回は徹夜。遊ぶ時間一切なし。そういう生活を1年間送って、自分を極限まで追い込みました。体育会的でしたね。デザインの宿題を持っていっても先生にボロクソ言われる。褒めて伸ばすんじゃなくスパルタ式で。今はずいぶん優しくなってるみたいだけど、昔は教授も職人気質(かたぎ)でね。でも、みんな愛情があったな。

前回に引き続き、自動車デザイナーの中村史郎氏をゲストに招き、自動車デザインとは何かについて語っていただいた。
前回に引き続き、自動車デザイナーの中村史郎氏をゲストに招き、自動車デザインとは何かについて語っていただいた。拡大
中央の中村氏を挟んで、向かって右がクリス・バングル氏。フィアットやBMWのチーフデザイナーとして、数多くの注目作を生み出した。左は元マクラーレンのチーフデザイナー、フランク・ステファンソン氏。
中央の中村氏を挟んで、向かって右がクリス・バングル氏。フィアットやBMWのチーフデザイナーとして、数多くの注目作を生み出した。左は元マクラーレンのチーフデザイナー、フランク・ステファンソン氏。拡大
アートセンター・カレッジ・オブ・デザインに留学して最初の学期での作品は、エントランスギャラリーに展示された。
アートセンター・カレッジ・オブ・デザインに留学して最初の学期での作品は、エントランスギャラリーに展示された。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産キューブ15G(FF/CVT)【試乗記】 2009.1.26 試乗記 日産キューブ15G(FF/CVT)
    ……237万8250円

    日本にはダメな部分もたくさんあるけれど、世界に誇れるものもあるのではないか。新型「日産キューブ」は、そんな大げさなことを考えさせてくれたのだった。
  • 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2009.3.5 試乗記 ……218万4000円
    総合評価……★★★★

    3代目になった、シカクい日産車「キューブ」。相変わらずユニークな内外装は目を引くが、さて、肝心の乗り心地のほうは……?
  • ホンダN-WGN【開発者インタビュー】 2019.9.10 試乗記 軽ハイトワゴン市場での捲土(けんど)重来を期し、ホンダが投入した新型「N-WGN」。既存のモデルとは一線を画すデザインや、先進の運転支援システムが取り入れられた背景には、どのような理由があったのか? 軽自動車を取り巻く環境の変化をエンジニアが語る。
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)/タントX(FF/CVT)【試乗記】 2019.8.12 試乗記 軽スーパーハイトワゴンの元祖「ダイハツ・タント」が4代目にフルモデルチェンジ。DNGA世代の新プラットフォームや充実した運転支援システム、機能性を高めたシートアレンジなど、大幅な進化を遂げた新型の出来栄えを確かめた。
  • 第92回:“クルマらしくない”のが奥深い 2018.5.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第92回は「“クルマらしくない”のが奥深い」。元日産の中村史郎氏インタビューの結びとして、日本的自動車デザインについて考える。日本のユーザーが“良し”とするデザインとは?
ホームへ戻る