ボルボ、ロータスに続いてダイムラーにも食指!?
中国メーカー、吉利の正体を探る

2018.03.28 デイリーコラム

スタートは「ダイハツ・シャレード」のコピー車

2018年2月26日、ドイツ・ダイムラーは、中国の完成車メーカー大手である浙江吉利汽車(ジーリー)が同社の株式の9.96%を取得し、筆頭株主となったことを発表した。中国の完成車メーカーが世界でも有名な高級車メーカーの筆頭株主となったことは大きな話題となった。

浙江吉利汽車は1986年に冷蔵庫メーカーとして設立され、1992年にバイクの製造を開始。1997年に中国で初めての民間自動車メーカーとして自動車市場へと参入した。最初に製造を始めたのは、日本のダイハツの3代目「シャレード」のコピー車「豪情」だった。

当時の自動車メーカーは、国営企業、または国営企業と外資系企業の合弁会社しかなく、庶民の感覚からすれば乗用車の価格は非常に高かった。そこに5万元(1元=17円換算で85万円)という低価格で投入された豪情は“激安小型車”として中国市場で好調に売れ行きを伸ばした。

吉利汽車が最初に製造した「豪情」の記念すべきラインオフ第1号車。(写真:吉利汽車)
吉利汽車が最初に製造した「豪情」の記念すべきラインオフ第1号車。(写真:吉利汽車)拡大
「豪情」のコピー元とされる3代目「ダイハツ・シャレード」。
「豪情」のコピー元とされる3代目「ダイハツ・シャレード」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事