クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボ、ロータスに続いてダイムラーにも食指!?
中国メーカー、吉利の正体を探る

2018.03.28 デイリーコラム 鶴原 吉郎

スタートは「ダイハツ・シャレード」のコピー車

2018年2月26日、ドイツ・ダイムラーは、中国の完成車メーカー大手である浙江吉利汽車(ジーリー)が同社の株式の9.96%を取得し、筆頭株主となったことを発表した。中国の完成車メーカーが世界でも有名な高級車メーカーの筆頭株主となったことは大きな話題となった。

浙江吉利汽車は1986年に冷蔵庫メーカーとして設立され、1992年にバイクの製造を開始。1997年に中国で初めての民間自動車メーカーとして自動車市場へと参入した。最初に製造を始めたのは、日本のダイハツの3代目「シャレード」のコピー車「豪情」だった。

当時の自動車メーカーは、国営企業、または国営企業と外資系企業の合弁会社しかなく、庶民の感覚からすれば乗用車の価格は非常に高かった。そこに5万元(1元=17円換算で85万円)という低価格で投入された豪情は“激安小型車”として中国市場で好調に売れ行きを伸ばした。

吉利汽車が最初に製造した「豪情」の記念すべきラインオフ第1号車。(写真:吉利汽車)
吉利汽車が最初に製造した「豪情」の記念すべきラインオフ第1号車。(写真:吉利汽車)拡大
「豪情」のコピー元とされる3代目「ダイハツ・シャレード」。
「豪情」のコピー元とされる3代目「ダイハツ・シャレード」。拡大

一人の人物を通じて日米の技術を吸収

筆者が初めて吉利車に接したのは2004年の北京モーターショーだった。現在の北京モーターショーは、北京首都国際空港からほど近い中国国際展覧中心(新館)で開催されているが、当時は北京の市街地に近い、古い中国国際展覧中心で開催されていた。2006年のショーも同じ会場で実施されたが、ちょうど中国でモータリゼーションが盛り上がっていた時期でもあり、会場の面積が足りず、吉利は本会場から押し出された格好となってしまい、北京市郊外に設けられた特設会場を訪れたのを覚えている。そのときには、トヨタの9代目「カローラ」をコピーした車種が目玉商品だった。

このように、長らく日本車のコピーを作ってきた吉利だが、その裏では着々と体質改善に取り組んでいた。転機になったと筆者が感じているのが、2006年に当時の米クライスラー(現在のフィアット・クライスラー・オートモービルズ)のリサーチ・エグゼクティブだった趙 福全氏をスカウトしたことだ。趙氏の入社によって、その後に出てきた吉利車の水準が格段に高まったように筆者の目には見えた。これは趙氏の貢献ももちろんあるのだが、趙氏自身が多くの優秀なエンジニアをスカウトしたことにある。そのスカウト先は日本の完成車メーカーや部品メーカーだった。

実は趙氏は、吉林工業大学を卒業後、国費留学生として広島大学に留学し、博士号を取得したという経歴の持ち主で、日本語も堪能である。そして趙氏は吉利での部下として、日本の完成車メーカーや部品メーカーで働いていた中国人エンジニアを多く迎え入れた。つまり吉利は米国の技術と日本の技術によって技術・品質面で大きく飛躍したといえる。

2017年秋の広州モーターショーで披露された、吉利汽車の新型SUV「ビジョンS1」。(写真:吉利汽車)
2017年秋の広州モーターショーで披露された、吉利汽車の新型SUV「ビジョンS1」。(写真:吉利汽車)拡大

“口出し”しないことが生み出す好循環

その吉利が欧州メーカーの技術力を吸収するきっかけとなったのが、2010年にスウェーデンのボルボ・カーズの株式を米フォードから買収したことだ。吉利はボルボを買収しても経営に口出しするのではなく、ボルボにエンジニアを送り込むことで欧州メーカーの技術を着実に学んでいった。一方でボルボ自身も、技術開発のための資金的な裏付けを得て、競争力を回復させている。それがさらに吉利にフィードバックされるという好循環を生んでいる。

ボルボと吉利のコラボレーションの成果といえるのが、吉利の新ブランド、Lynk & Coだ。同ブランドの車両は、オーナーがクルマを使わない時間を車内のタッチパネルで登録しておくと、カーシェアリングサービスに自分の車両を提供できる機能を最初から備えているのが特徴だ。

カーシェアリングサービスの利用者は、スマートフォンのアプリで利用したい場所にある車両を探して予約し、時間内であれば自由に車両を使える。現在でも個人間のカーシェアリングサービスはあるが、借り主と貸し主が会ってキーの受け渡しをしなければならないという手間がかかる。これに対してLynk & Coの車両は、利用者がスマートフォン上でアプリを操作することで、ドアの解錠やエンジンの始動が可能で、クルマのオーナーと利用者の、双方の手間が省ける。

Lynk & Coブランドの最初の車種であるSUVの「01」は、ボルボの新型SUV「XC40」と同じ新世代プラットフォーム「CMA(コンパクトモジュラーアーキテクチャー)」を採用しており、ハードウエアとしてのクルマの性能も、もはや先進国のメーカーにヒケをとらない水準に達しているとみられる。

このように、吉利は時流を巧みに読みながら、あるときには外部の技術力をうまく活用し、成長を続けている。これまでの同社の動きから考えて、今回のダイムラーへの出資でも、同社を支配するというのではなく、同社の強みを謙虚に学び、自らの強みに変えていくしたたかさを見せるに違いない。

(文=鶴原吉郎<オートインサイト>/編集=藤沢 勝)

吉利汽車の新ブランド、Lynk & Coの第1号モデル「01」。(写真:Lynk & Co)
吉利汽車の新ブランド、Lynk & Coの第1号モデル「01」。(写真:Lynk & Co)拡大
鶴原 吉郎

鶴原 吉郎

オートインサイト代表/技術ジャーナリスト・編集者。自動車メーカーへの就職を目指して某私立大学工学部機械学科に入学したものの、尊敬する担当教授の「自動車メーカーなんかやめとけ」の一言であっさり方向を転換し、技術系出版社に入社。30年近く技術専門誌の記者として経験を積んで独立。現在はフリーの技術ジャーナリストとして活動している。クルマのミライに思いをはせつつも、好きなのは「フィアット126」「フィアット・パンダ(初代)」「メッサーシュミットKR200」「BMWイセッタ」「スバル360」「マツダR360クーペ」など、もっぱら古い小さなクルマ。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。