第547回:「A110」や「ルノー5アルピーヌ」を秘蔵する
あるアルピーヌファンおじさんの熱烈人生

2018.03.30 マッキナ あらモーダ!

車検場の隣にA110の影

新生「アルピーヌA110」は、ヨーロッパの自動車メディアでも話題である。2018年3月のジュネーブモーターショーでは、GT4カテゴリー用モデルと、「Pure(ピュア)」と名づけられたライトウェイト仕様が展示されたのが記憶に新しい。

今回は、古いアルピーヌを愛する、あるイタリア人紳士のお話である。

先日、自分のクルマの車検切れがやってきた。これまでちょっと離れた街にあるなじみのディーラーに頼んできたが、今回は仕事が立て込んでいた。「ええい、手っ取り早く済ませてしまえ」ということで、ボクが住むシエナ市内で行うことにした。ルノー販売店に併設されている民間車検場である。

ショールームの裏手に設けられた車検専門コーナーに赴くと、専任スタッフが「1時間弱で終わる」という。その間、構内をぶらぶらしていることにした。
車検場の隣にはルノーの整備工場があるのだが、そのまた隣の扉にただならぬ気配を感じた。窓越しのシルエットから察するに、古いモデルがある。中をのぞくと、アルピーヌA110や「ルノー5アルピーヌ ターボ」が並んでいるではないか。

なんなんだ、このコレクションは。整備部門のメカニックに聞くと、「ショールームのルイージに聞いてごらん」と言う。教えてもらった館内の近道をたどると、壁面には、初代アルピーヌA110やルノー5アルピーヌの走行シーンの写真が数々掲げられている。エンスージアストの匂いを感じた。

ショールームを訪ねると、ルイージ氏本人に会うことができた。彼はルノーショールームの支配人であった。ボクが「残念ながらルノーを買いに来たのではないのですが……」と、取りあえず断ったあと、「裏にある、あのコレクションは?」と聞くと、彼の表情が見る見るうちに生き生きとしてきた。

ルイージ・カザーリ氏と、氏のアルピーヌ・コレクション。左は1972年型、右は1975年型。
 
ルイージ・カザーリ氏と、氏のアルピーヌ・コレクション。左は1972年型、右は1975年型。
	 拡大
青年時代のルイージ氏は、ラリーをサポートする地元ルノー販売店に出入りするようになった。写真は店がサポートした「A110」。1973年アルプ・デッラ・ルナラリーにて。
青年時代のルイージ氏は、ラリーをサポートする地元ルノー販売店に出入りするようになった。写真は店がサポートした「A110」。1973年アルプ・デッラ・ルナラリーにて。拡大
1973年、シエナのカンポ広場で。モンテカルロ・ラリー壮行会のスナップ。このあと各車はスタート地点のローマへと向かった。
1973年、シエナのカンポ広場で。モンテカルロ・ラリー壮行会のスナップ。このあと各車はスタート地点のローマへと向かった。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事