第497回:ダウンサイズ&ミニマル志向のキャデラック
新型クロスオーバー「XT4」を解説する

2018.04.21 エディターから一言
「キャデラックXT4」
「キャデラックXT4」拡大

ニューヨークオートショー2018で、キャデラックは新型クロスオーバー「XT4」を世界初披露した。同ブランドの新世代戦略の皮切りに位置付けられるXT4の見どころとは? オートショー開幕前夜にソーホー地区の「キャデラックハウス」で開催されたプレビューの模様をまじえて、詳しく解説する。

キャデラックハウスでアンベールされた「XT4」。
キャデラックハウスでアンベールされた「XT4」。拡大
キャデラックのヨハン・ダ・ネイスンCEO。
キャデラックのヨハン・ダ・ネイスンCEO。拡大
プレビューイベントでは、キャデラックのデザイン担当エグゼクティブディレクター、アンドリュー・スミス氏も登壇した。
プレビューイベントでは、キャデラックのデザイン担当エグゼクティブディレクター、アンドリュー・スミス氏も登壇した。拡大
会場にはプレスのほか、30代とおぼしき若者たちの姿が多く見られた。
会場にはプレスのほか、30代とおぼしき若者たちの姿が多く見られた。拡大

ロウアーマンハッタンに本社を置く

デトロイトからロウアーマンハッタンのソーホー地区にキャデラックがヘッドクオーターを移したのは2015年のこと。「ATS」「CTS」そして「CT6」と、新しい後輪駆動アーキテクチャーを用いたモデル群がそろい踏みしたその頃だ。

それすなわち、ブランドイメージの大胆な変革を志してのものであることは想像に難くない。他例にもれずキャデラックもまた、その伝統と比例しての顧客の高齢化に頭を悩ませている。そういう視点でいえば、中国のような成長市場での伸長が著しいことは明るい兆しだろう。かの地での顧客平均年齢層は30代だという。

時にジェネレーションYともミレニアルとも呼ばれる、そういう世代へのブランディングを示すショーケースとしてキャデラックが本社の傍ら、つまりソーホーの街角に設(しつら)えているのが「キャデラックハウス」だ。ここでは車両の展示はあくまで副次的なものとされ、新進のアーティストがイベントに活用できるギャラリーや先鋭的なアイテムの並ぶセレクトショップ、マンハッタンローカルの人気コーヒーショップなど、カルチャーの交差点としてのスペースづくりが心がけられている。メルセデスやレクサスなどの前例に倣った面もあるだろうが、そこで提案される価値観は想像以上にシンプルでソリッドな印象だ。

キャデラック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • GMが新型「キャデラック・エスカレード」を日本導入 東京オートサロン2021で日本初公開 2020.11.12 自動車ニュース GMジャパンが新型「キャデラック・エスカレード」を日本に導入。全長5.4mに迫るフルサイズSUVで、大型の湾曲型OLEDディスプレイを含む先進装備を多数搭載。グレードは「プラチナム」と「スポーツ」の2本立てで、2021年夏ごろの納車開始を予定している。
  • ホンダN-ONE【開発者インタビュー】 2020.11.19 試乗記 丸いような四角いような、クラシックでシンプルなスタイリングが特徴の「ホンダN-ONE」がフルモデルチェンジ。実用性重視のトールワゴン全盛期に、趣味性に振った軽乗用車を存続させた意図とは? “個性派モデル”にかけるホンダの意気込みを、開発者に聞いた。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • 「日産NV350キャラバン」に「プレミアムGXブラックギア」登場 黒いアクセントが特徴の特別仕様車 2020.11.12 自動車ニュース 日産がキャブオーバーバン/ワゴン「NV350キャラバン」に特別仕様車「プレミアムGX BLACK GEAR(ブラックギア)」を設定。内外装の各所にブラック基調のカラーリングを用いており、オレンジのアクセントや専用アルミホイールも特徴となっている。
  • BMW X4 xDrive20d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.17 試乗記 BMWがスポーツアクティビティークーペと呼ぶ「X4」に、ディーゼルモデル「xDrive20d Mスポーツ」が追加された。スタイリッシュなクーペフォルムと最高出力190PSの2リッターディーゼルターボが織りなす、走りの印象は?
ホームへ戻る