第501回:地味な見た目の裏側で熱い気持ちがほとばしる!
ボルボのディーラーサービス日本一決定戦に密着

2018.05.03 エディターから一言
 
第501回:地味な見た目の裏側で熱い気持ちがほとばしる!ボルボのディーラーサービス日本一決定戦に密着の画像拡大

ボルボが開催した、正規ディーラーのサービスマンとメカニックの技術力を競う大会「VISTA」を取材。安全・安心なカーライフをしっかりと支えてくれる、日本一の“縁の下の力持ち”は誰だ!?

決勝に参加したのは全10組。厳しい予選をかいくぐった、いずれも精鋭チームだ。
決勝に参加したのは全10組。厳しい予選をかいくぐった、いずれも精鋭チームだ。拡大
接客対応競技より。写真右側、客を演じているのはプロの役者さんである。
接客対応競技より。写真右側、客を演じているのはプロの役者さんである。拡大

全国247チームが参加

VISTAとは、ボルボ・インターナショナル・サービス・トレーニング・アワードのことである。その名が示す通り、ディーラーのメカニックやサービスマンの技術力を競う、世界規模の競技大会だ。

世界各地で行われる大会の優勝チームは、本国スウェーデンで行われる世界大会への切符を手にすることができる。今回はもちろん(?)日本大会を取材した。

競われるのは、整備技能と接客対応の2つ。各チームはディーラーを代表する2~3人のメカニックとサービスマンで構成されている。2018年は全国から247チームが参加したのだが、事前に予選が行われ、準々決勝参加が80チーム、準決勝が30チームと徐々に絞り込まれ、取材日の決勝には、10チームが残った。

ボルボ XC60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • 第3回:実力チェック! ボルボのSENSUS 2017.12.8 徹底検証! ボルボXC60 フルモデルチェンジで2代目となった、ボルボのプレミアムSUV「XC60」。最新型のインフォテインメントシステムでは、どんなことができるのか。ヒューマン・マシン・インターフェイスにおける使い勝手をチェックした。
  • 「ボルボXC40」のプラグインハイブリッドモデルに599万円のエントリーグレードが登場 2021.7.21 自動車ニュース ボルボがコンパクトSUV「XC40」に、プラグインハイブリッドモデルのエントリーグレードとして「リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション エクスプレッション」を新設定。一部の装備を簡素化し、599万円という価格を実現している。
  • ボルボXC60リチャージプラグインハイブリッドT8 AWDインスクリプション【試乗記】 2020.12.22 試乗記 プラグインハイブリッドシステムを搭載する「ボルボXC60」で、日本有数の豪雪地帯である青森・酸ヶ湯経由のルートをテストドライブ。後輪にモーターを用いたAWDの性能や、ボルボ自慢のセーフティーデバイスの実力を確かめた。
  • 第9回:新型「XC60」のPHEV、その実力に迫る 2018.1.23 徹底検証! ボルボXC60 「ボルボXC60」のPHEV、「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」で京都へ。高速道路から昔ながらの狭い路地まで、往復1000kmを走ってわかった真の実力とは? 全方位的な進化を遂げたという新型の、デザイン、快適性、乗り味にいたるまでチェックした。
ホームへ戻る