第204回:ブリュッセルに愛知県豊田市の蜃気楼を見た!

2011.07.29 マッキナ あらモーダ!

第204回:ブリュッセルに愛知県豊田市の蜃気楼を見た!

空港から、いきなり

空港ロビーの片隅に宣伝のためにクルマが置いてあるというのは、それほど珍しいことではなくなった。今や自動車メーカーだけでなく、大手レンタカー会社までロビーに車両を置いていたりする。しかし先日訪れたベルギーのブリュッセル空港では、ちょっとばかり驚かされた。

イタリアからの飛行機を降りて、乗り継ぎロビーに入ると、いきなり頭上にモーターショーのごとく大きな「TOYOTA」の文字が躍っていたのだ。その先には「オーリス」の欧州市場向けハイブリッド仕様「HSD」のカットモデルが展示してあった。写真をそこだけ切り抜けば、多くの人がショールームと間違うような光景である。

もちろんこのディスプレイは、欧州連合やNATOの本部があり、多くの外交関係者が訪れるこの街で、トヨタの環境対応技術を強くアピールするのが目的だろう。
ただ同時に、ここブリュッセルは、トヨタのヨーロッパ事業における中枢として1990年に設立されたトヨタ・モーター・ヨーロッパ・マーケティング&エンジニアリング社(TMME)の本拠地でもある。大掛かりなトヨタのディスプレイは、まさにその玄関口にふさわしい“舞台装置”とみることができるのだ。

ブリュッセル空港乗り継ぎロビーを降りると、「TOYOTA」の文字が。
ブリュッセル空港乗り継ぎロビーを降りると、「TOYOTA」の文字が。 拡大
通路をくぐると、「オーリスHSD」のカットモデルが置いてあった。
通路をくぐると、「オーリスHSD」のカットモデルが置いてあった。 拡大
ブリュッセルを代表する広場グラン・プラスで。1990年代中盤に英国工場で生産された欧州仕様の「カリーナ」(日本名:コロナSF)。
ブリュッセルを代表する広場グラン・プラスで。1990年代中盤に英国工場で生産された欧州仕様の「カリーナ」(日本名:コロナSF)。 拡大
9代目「カローラ」(E120型)。同じ欧州でも、イタリアではこの4ドア版は販売されなかった。ヨーロッパは北や東に行くほどクルマの趣向もコンサバティブになる。
9代目「カローラ」(E120型)。同じ欧州でも、イタリアではこの4ドア版は販売されなかった。ヨーロッパは北や東に行くほどクルマの趣向もコンサバティブになる。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事