マイナーチェンジしたMINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル発売

2018.05.16 自動車ニュース

マイナーチェンジした「MINIクーパーS 3ドア」。


	マイナーチェンジした「MINIクーパーS 3ドア」。
	拡大

BMWジャパンは2018年5月16日、マイナーチェンジした「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」「MINIコンバーチブル」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。

「MINIクーパー 5ドア」
「MINIクーパー 5ドア」拡大
ユニオンジャックのデザインを採り入れたリアコンビランプ。
ユニオンジャックのデザインを採り入れたリアコンビランプ。拡大
「MINIクーパーS コンバーチブル」のリアビュー。
「MINIクーパーS コンバーチブル」のリアビュー。拡大
インテリアについても、助手席前のパネルにユニオンジャックがあしらわれている。
インテリアについても、助手席前のパネルにユニオンジャックがあしらわれている。拡大
新デザインのシフトレバー。
新デザインのシフトレバー。拡大
「MINI 3ドア」
「MINI 3ドア」拡大

“つながる”先進技術も搭載

今回のマイナーチェンジでは、エクステリア/インテリアデザインの手直しに加えて、トランスミッションの変更やテレマティクスサービスの搭載などにより、商品性の向上を図っている。

エクステリアでは、特徴的なフォルムや丸形ヘッドライト、六角形グリルといった“MINIらしさ”は継承しながら、細部に手を加えている。新しいMINIのロゴを採用するとともに、LEDのデイライトランニングライトを搭載。一方、リアコンビネーションランプにはユニオンジャックのデザインを採り入れている。ランプのデザインが左右非対称であるのもユニークだ。さらに、インテリアパネルにもユニオンジャックのモチーフを採り入れている。

トランスミッションは、「クーパー」「クーパーS」では従来の6段ATが7段のデュアルクラッチトランスミッションに、「ジョンクーパーワークス」は6段ATが8段ATに、それぞれ変更になった。

テレマティクスサービスについては、「MINI Connected」を「MINI ONE」を除く全グレードに標準装備。車載通信モジュールにより、事故の際SOSコールを自動的に行ったり、メンテナンス情報を自動にディーラーに通知したりするほか、ニュースや天気予報の入手、オペレーターによるサポート(有償)などにも対応する。

さらに、Apple向けのスマートフォンアプリ「MINI Conected アプリ」を使って、車両の位置情報の入手も可能に。遠隔操作により、ドアの施錠・解錠、位置確認のためのヘッドライトの点滅、ベンチレーション機能の起動などができる。PCやスマートフォンで事前に検索した目的地情報をカーナビに送信し、速やかに目的地検索する機能も備わる。

ラインナップと価格は以下のとおり。

【MINI 3ドア】

  • MINI ONE 3ドア(6MT):238万円
  • MINI ONE 3ドア(7AT<DCT>):256万円
  • MINIクーパー 3ドア(6MT):294万円
  • MINIクーパー 3ドア(7AT<DCT>):312万円
  • MINIクーパーD 3ドア(6AT):329万円
  • MINIクーパーS 3ドア(6MT):354万円
  • MINIクーパーS 3ドア(7AT<DCT>):372万円
  • MINIクーパーSD 3ドア(6AT):389万円
  • MINIジョンクーパーワークス(6MT):432万円
  • MINIジョンクーパーワークス(8AT):450万円

【MINI 5ドア】

  • MINI ONE 5ドア(7AT<DCT>):271万円
  • MINIクーパー 5ドア(7AT<DCT>):328万円
  • MINIクーパーD 5ドア(6AT):347万円
  • MINIクーパーS 5ドア(7AT<DCT>):388万円
  • MINIクーパーSD 5ドア(6AT):407万円

【MINIコンバーチブル】

  • MINIクーパー コンバーチブル(7AT<DCT>):373万円
  • MINIクーパーS コンバーチブル(7AT<DCT>):425万円
  • MINIジョンクーパーワークス コンバーチブル(8AT):523万円

(文=生方 聡)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI 5ドア, MINIコンバーチブル, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.11.9 試乗記 新しくなった「アウディA1スポーツバック」の走りを試すべく本国ドイツへ出向いたところ、そこで待ち受けていたのは“日本未導入”の「40 TFSI」。やや複雑な心持ちで試乗に臨んだのだが、実際には、このグレードこそ新型A1のキャラクターを最もよく表したモデルだった。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • 「マセラティ・グラントゥーリズモ」の最終モデル「ゼダ」発表 次期モデルは同ブランド初のピュアEVにNEW 2019.11.12 自動車ニュース 伊マセラティは2019年11月11日(現地時間)、「グラントゥーリズモ」および「グランカブリオ」のモデナ工場での生産終了をアナウンスするとともに、最終生産を祝して誕生した「グラントゥーリズモ ゼダ」を公開した。
  • アバルト70周年記念モデル「アバルト695 70°Anniversario」国内で初披露 2019.11.11 自動車ニュース FCAジャパンは2019年11月9日、富士スピードウェイで開催した公式イベント「ABARTH DAYS 2019」で、限定車「アバルト695 70°Anniversario(セッタンタ アニヴェルサーリオ)」を日本初公開した。同年11月15日に予約受け付けが開始される。
ホームへ戻る