ポルシェ911 GT3(前編)

2018.05.17 谷口信輝の新車試乗 GT3カップカー譲りのハイパワーエンジンを搭載する「ポルシェ911 GT3」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗! SUPER GTをはじめとするレースの世界で活躍するプロは、その走りをどう評価する?

ポルシェの気迫が伝わってくる

「うわー、これ、サイコー!」

試乗を終えた谷口信輝がこれほど無邪気に喜んでいる姿は、初めて見たような気がする。それほどポルシェ911 GT3は彼の琴線に強く触れたようだ。

「モータースポーツと公道走行とのギャップを埋めるモデル」 911 GT3のことをポルシェはそう説明する。もちろん、ロードカーであるからには日常的な快適性にも配慮されている。ただし、全体から見れば、その比率は大きくない。それよりもワインディングロードで、そしてサーキットで最高の喜びを味わうために誕生したのが911 GT3といえる。

「このクルマのターゲット層はそんなに幅広くないでしょ」
谷口もポルシェの意図を鋭く読み取っていた。

「極端に言えば、ユーザーの意見に耳を貸す必要なんかない。本当に操る力のある者だけがこのクルマに乗ればいいと、ポルシェはそんなふうに考えているんじゃないでしょうか」

谷口の言いたいことはよくわかるが、言葉を変えて言えば、ポルシェは市場調査結果に基づいていかにも売れそうなクルマを作ろうとしたのではなく、スポーツカーメーカーの原点に立ち返り、本当に自分たちが作りたいクルマ、そして作るべきクルマとして企画し、開発したのが911 GT3であるということなのだろう。

 
ポルシェ911 GT3(前編)の画像拡大
 
ポルシェ911 GT3(前編)の画像拡大
 
ポルシェ911 GT3(前編)の画像拡大
 
ポルシェ911 GT3(前編)の画像拡大
ポルシェ911 GT3
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4560×1850×1270mm/ホイールベース:2457mm/車重:1490kg/駆動方式:RR/エンジン:4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:500ps(368kW)/8250rpm/最大トルク:460Nm(46.9kgm)/6000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y XL/(後)305/30ZR20 103Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)/価格:2115万円
ポルシェ911 GT3
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4560×1850×1270mm/ホイールベース:2457mm/車重:1490kg/駆動方式:RR/エンジン:4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:500ps(368kW)/8250rpm/最大トルク:460Nm(46.9kgm)/6000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y XL/(後)305/30ZR20 103Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)/価格:2115万円拡大

関連キーワード:
911, ポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
  • 「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」登場 2020.2.12 自動車ニュース 英アストンマーティンは2020年2月12日(現地時間)、「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」を発表し、予約注文受け付けを開始した。
  • 「日産セレナ」に車中泊用収納ベッドを備えた「マルチベッド」が登場 2020.2.10 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2020年2月10日、ミニバン「日産セレナ」に車中泊仕様の「マルチベッド」を設定し、販売を開始した。あわせて「NV200バネット」の車中泊仕様「マルチベッドワゴン」を一部改良し、同年1月31日に発売したと発表した。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • アウディR8クーペV10パフォーマンス5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.10 試乗記 最高出力620PSのV10エンジンをミドシップする「アウディR8」だが、いざ寄り添ってみればその表情は極めて温和で、付き合いづらいところはみじんもない。いかにスーパースポーツであっても、高い実用性を付与するのがアウディ流だ。
ホームへ戻る