クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

タフガイたちの輝きは不変!
ラリードライバーが語るラダーフレームへの信頼

2018.05.28 デイリーコラム

ラダーフレームはタフなクロカンの証し

今はSUVと総称されたりもするが、とりわけ「ジープ・ラングラー」や「ランドローバー・ディフェンダー」、メルセデスの「ゲレンデヴァーゲン」、日本では「トヨタ・ランドクルーザー」「日産サファリ」「スズキ・ジムニー」などに代表される、クロスカントリー4WD。1981年に日本人として初めてパリ-ダカールラリーに「ランドクルーザー60」で参戦した私は、20日で1万kmを完走。以来13回の参戦で55カ国200万kmを走破したが、これらクロスカントリー4WDを「地球を最もエンジョイできるクルマ」と称している。

これらのタフガイに共通するのが、骨格だ。いわゆる「ラダーフレーム」というのがそれで、その名の通り、コの字型の鋼材をはしご型に組み上げたものだ。ルーツ的には自動車誕生以前の、馬車の時代にまでさかのぼる歴史がある。読者の皆さんの中にも、キャブだけや仮のシートだけを備えた仮ナンバーで走るトラックシャシーを見たことがある方もいることだろう。ちなみに、ラダーフレームにサスペンションを架装した状態をシャシーと呼ぶ。

セダンがサスペンション取り付け部を一体化し、路面からの入力をボディー全体で拡散吸収する一体型のモノコックボディーへと進化した今日では、いわゆるセダン派生型のSUVもモノコックボディーをまとって今に至っている。この進化は、今日のインフラの整備により、大パワーを4WDシステムで受け止め、多少の雪や、キャンプ場や別荘へのアクセスにおいて出くわす林道程度なら、全く問題なく使命用途を満たしてくれるのは事実だ。

世界最大規模のクロスカントリーラリーとして、1978~1979年に初開催されたパリ-ダカールラリー。現在では舞台をアフリカから南米に移し、イベント名を「ダカールラリー」と改称して開催が続けられている。
世界最大規模のクロスカントリーラリーとして、1978~1979年に初開催されたパリ-ダカールラリー。現在では舞台をアフリカから南米に移し、イベント名を「ダカールラリー」と改称して開催が続けられている。拡大
1980年にデビューした「トヨタ・ランドクルーザー60」。
1980年にデビューした「トヨタ・ランドクルーザー60」。拡大
メルセデス・ベンツの多目的作業車「ウニモグ」に使用されるラダーフレーム。
メルセデス・ベンツの多目的作業車「ウニモグ」に使用されるラダーフレーム。拡大

万が一のときに一番頼れるクルマ

より本格的なSUVの世界ですら、私の本来好きな「速く正確に」という移動を体現するならモノコックで十分であるが、地球にはより過酷な環境の中で生活し、生き延びなければならない世界がある。

世界一過酷なパリダカのサポートカーや、“完走第一”のプライベーターに選ばれるのは、ランドクルーザーやランドローバーだった。実際、サハラ砂漠で電機トラブルによって止まった際、現地のランクルとバッテリー交換して窮地を脱した経験がある。リーフスプリングなら一部が折れても他と“抱き合わせ”にして走れたりもする。ラダーフレームも同じで、床に大穴が空いた状態でもフレームがしっかりと機能していたおかげで、リタイアから脱出した事もあった。応用や修理のしやすさもフレームの魅力だ。これは特殊な、一部の例だが、地球上にはまだまだ「ゆっくり確実に」の移動が基本な世界が広く存在している。

タフな世界で生き抜くクロカン4WDのルーツにはジープを筆頭に軍用車がある。今や高級車の「メルセデス・ベンツGクラス」も、本来はオーストリアのシュタイア・プフのシャシーにエンジンを架装したもので、プジョー仕様なども存在した。そのルーツは、新型がデビューした今も不変だ。

では、こうしたラダーフレームのSUVは、日本ではオーバークオリティーなのか? その通りである。しかし、だからといって必要ないかどうかは考え次第。世界的にも災害の多い日本でも、万が一のときに一番頼れるのはクロカン4WDなのだ。安心も高くはつきますが、よろしく、愉しく!

(文=根本 純/編集=堀田剛資)

「トヨタ・ランドクルーザー」と並んでプライベーターに愛用されたというランドローバー。第1回パリ-ダカールラリーでは同社の「レンジローバー」がオート部門の1位に輝いている。
「トヨタ・ランドクルーザー」と並んでプライベーターに愛用されたというランドローバー。第1回パリ-ダカールラリーでは同社の「レンジローバー」がオート部門の1位に輝いている。拡大
世界各国で順次新型の導入がアナウンスされている「メルセデス・ベンツGクラス」。従来モデルはボディーを含めすっかり原価償却しているはずなのに、最後まで高価だった! 新型のデビュー後もしばらくは併売されるという従来型「G350d」の値段にぜひ期待したい。
世界各国で順次新型の導入がアナウンスされている「メルセデス・ベンツGクラス」。従来モデルはボディーを含めすっかり原価償却しているはずなのに、最後まで高価だった! 新型のデビュー後もしばらくは併売されるという従来型「G350d」の値段にぜひ期待したい。拡大
日本車でラダーフレームといえば忘れてはならないのが「スズキ・ジムニー」。ちまたでは新型のスクープ情報がチラホラしているが、ぜひ本格クロカンの証しであるこの車体構造は受け継いで欲しい。
日本車でラダーフレームといえば忘れてはならないのが「スズキ・ジムニー」。ちまたでは新型のスクープ情報がチラホラしているが、ぜひ本格クロカンの証しであるこの車体構造は受け継いで欲しい。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。