ジャガーが「Fタイプ」のコネクテッド機能を強化 15台の限定モデルも

2018.06.04 自動車ニュース
「ジャガーFタイプ クーペ」
「ジャガーFタイプ クーペ」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年6月4日、スポーツカー「Fタイプ」の2019年モデルを発表。日本での発売5周年を記念した特別仕様車「Fタイプ フリースタイル」とともに、同日、注文受け付けを開始した。

 
ジャガーが「Fタイプ」のコネクテッド機能を強化 15台の限定モデルもの画像拡大
 
ジャガーが「Fタイプ」のコネクテッド機能を強化 15台の限定モデルもの画像拡大
「Fタイプ コンバーチブル」
「Fタイプ コンバーチブル」拡大

ビスポーク部門が用意した特別なカラーを設定

2019年モデルのFタイプでは、携帯端末を介してドアの施錠・解錠、エアコンの操作などを可能とする「リモートプレミアム」や、携帯端末のアプリを車載機器で操作できるようにする「InControlアプリ」、緊急時にスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」からなるコネクテッド機能が、全車標準装備となった。

また、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」については、モニターのサイズを8インチから10インチに拡大。ボディーカラーには通常の12色に加え、高性能モデルの開発やビスポークモデルの製作などを手がける「スペシャル・ビークル・オペレーションズ」が提供する「SVOプレミアムパレット」(全18色)を新たにオプション設定した。なおSVOプレミアムパレットの採用は、ジャガーのモデルとしては今回が初となる。

価格は806万円から1999万円。

「Fタイプ フリースタイル」
「Fタイプ フリースタイル」拡大
ユニオンジャックのホイールセンターバッジが採用されたアルミホイール「18インチスタイル1036」。
ユニオンジャックのホイールセンターバッジが採用されたアルミホイール「18インチスタイル1036」。拡大

2リッターモデルをベースとした15台の限定車

同時に設定されたFタイプ フリースタイルは、2019年モデルの「Fタイプ クーペ2.0L P300」をベースとした限定モデルであり、以下の特別装備が採用されている。

  • 18インチスタイル1036(10スポーク、シルバーフィニッシュ)
  • タイヤリペアキット
  • 電動格納式ドアミラー(ヒーター内蔵、アプローチランプ付き)
  • キーレスエントリー
  • リアビューカメラ
  • ユニオンジャックのホイールセンターバッジ

ボディーカラーは「ナルヴィックブラック」と「フジホワイト」の2色で、販売台数は前者が5台、後者が10台。

価格はベース車よりも107万円安い699万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
Fタイプ クーペ, Fタイプ コンバーチブル, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Fタイプ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプ クーペ/Fタイプ コンバーチブル【海外試乗記】 2020.2.19 試乗記 マイナーチェンジでフロントフェイスの印象が大きく変わった、ジャガーのスポーツカー「Fタイプ」。では、その走りはどうか? 欧州ポルトガルで、タイプの異なる3モデルに試乗した。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」に高性能モデル「GTA」が復活 2020.3.3 自動車ニュース FCAは2020年3月2日、「アルファ・ロメオ・ジュリア」のハイパフォーマンスバージョン「GTA」を発表した。最高出力540PSの2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、パワーウェイトレシオ2.82kg/PSを実現したとうたわれている。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.3.5 試乗記 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン」の高性能モデル「GTS」に、水平対向6気筒自然吸気エンジンが復活した。従来の4気筒ターボ版「GTS」比で35PS増しとなる最高出力400PSの「GTS 4.0」は、どんな走りを披露するのか。ポルトガルでの初試乗をリポートする。
  • BMW M850i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.28 試乗記 BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」に、4ドアバージョンの「グランクーペ」が登場。リアシートの使い勝手や2ドアモデルとの走りのちがい、さらにBMW自慢の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の仕上がり具合などをリポートする。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
ホームへ戻る