ジャガーが「Fタイプ」のコネクテッド機能を強化 15台の限定モデルも

2018.06.04 自動車ニュース
「ジャガーFタイプ クーペ」
「ジャガーFタイプ クーペ」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年6月4日、スポーツカー「Fタイプ」の2019年モデルを発表。日本での発売5周年を記念した特別仕様車「Fタイプ フリースタイル」とともに、同日、注文受け付けを開始した。

 
ジャガーが「Fタイプ」のコネクテッド機能を強化 15台の限定モデルもの画像拡大
 
ジャガーが「Fタイプ」のコネクテッド機能を強化 15台の限定モデルもの画像拡大
「Fタイプ コンバーチブル」
「Fタイプ コンバーチブル」拡大

ビスポーク部門が用意した特別なカラーを設定

2019年モデルのFタイプでは、携帯端末を介してドアの施錠・解錠、エアコンの操作などを可能とする「リモートプレミアム」や、携帯端末のアプリを車載機器で操作できるようにする「InControlアプリ」、緊急時にスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」からなるコネクテッド機能が、全車標準装備となった。

また、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」については、モニターのサイズを8インチから10インチに拡大。ボディーカラーには通常の12色に加え、高性能モデルの開発やビスポークモデルの製作などを手がける「スペシャル・ビークル・オペレーションズ」が提供する「SVOプレミアムパレット」(全18色)を新たにオプション設定した。なおSVOプレミアムパレットの採用は、ジャガーのモデルとしては今回が初となる。

価格は806万円から1999万円。

「Fタイプ フリースタイル」
「Fタイプ フリースタイル」拡大
ユニオンジャックのホイールセンターバッジが採用されたアルミホイール「18インチスタイル1036」。
ユニオンジャックのホイールセンターバッジが採用されたアルミホイール「18インチスタイル1036」。拡大

2リッターモデルをベースとした15台の限定車

同時に設定されたFタイプ フリースタイルは、2019年モデルの「Fタイプ クーペ2.0L P300」をベースとした限定モデルであり、以下の特別装備が採用されている。

  • 18インチスタイル1036(10スポーク、シルバーフィニッシュ)
  • タイヤリペアキット
  • 電動格納式ドアミラー(ヒーター内蔵、アプローチランプ付き)
  • キーレスエントリー
  • リアビューカメラ
  • ユニオンジャックのホイールセンターバッジ

ボディーカラーは「ナルヴィックブラック」と「フジホワイト」の2色で、販売台数は前者が5台、後者が10台。

価格はベース車よりも107万円安い699万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
Fタイプ クーペ, Fタイプ コンバーチブル, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Fタイプ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • 第2回:飛ばせばいいってもんじゃない
    「ジャガーFタイプ」の街乗り性能を試す
    2017.2.23 「ジャガーFタイプ」の魅力を知る ジャガーのピュアスポーツカー「Fタイプ」。その動力性能が最大限に発揮される舞台は、ワインディングロードであり、サーキットだろう。では、ごく普通の道でのふるまいはどうか? 普段使いにおける走りの印象を報告する。
  • ジャガーFタイプ Rダイナミック コンバーチブルP300(FR/8AT)【試乗記】 2018.10.3 試乗記 ジャガーのオープントップモデル「Fタイプ コンバーチブル」に、2リッター直4ターボエンジン搭載モデルが登場。ダウンサイジング化したジャガーにピュアスポーツカーを駆るよろこびはあるのか? 高速道路からワインディングロードまで、さまざまな道で吟味した。
  • ジャガーFタイプ400スポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.28 試乗記 「Fペース」に「Eペース」、さらには発売が待たれる電気自動車の「Iペース」と、いよいよもって充実してきたジャガーのSUVラインナップ。この潮流の中における、ピュアスポーツカー「Fタイプ」の“立ち位置”とは? 2018年限定グレードに試乗した。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.14 試乗記 「ジャガーFタイプ」に新たに加わった、2リッター直4ターボエンジン搭載モデルに試乗。従来のマルチシリンダーモデルとのドライブフィールの違いを確かめるとともに、スポーツカーのパワーユニットのあり方について考えた。
ホームへ戻る