「トヨタ・カローラ スポーツ」がデビュー

2018.06.26 自動車ニュース

「トヨタ・カローラ スポーツ」(写真のグレードは「ハイブリッドG“Z”」)


	「トヨタ・カローラ スポーツ」(写真のグレードは「ハイブリッドG“Z”」)
	拡大

トヨタ自動車は2018年6月26日、新型ハッチバック「カローラ スポーツ」を発表。同日、販売を開始した。

ラウンドしたリアまわりは、ラグビーボールをモチーフにデザインしたという。
ラウンドしたリアまわりは、ラグビーボールをモチーフにデザインしたという。拡大
「シンプルでゆったり」をイメージしてデザインしたというインテリア。シルバーの加飾とブラックパネルでドレスアップされている。
「シンプルでゆったり」をイメージしてデザインしたというインテリア。シルバーの加飾とブラックパネルでドレスアップされている。拡大
本革とウルトラスエードをあしらったスポーツシート。上級グレードの専用オプションとして用意される。
本革とウルトラスエードをあしらったスポーツシート。上級グレードの専用オプションとして用意される。拡大

久々の“カローラハッチバック”

1966年に登場し、世界150カ国以上で4600万台以上を販売したトヨタのロングセラー「カローラ」がフルモデルチェンジを実施し、12代目に生まれ変わった。今回はセダン、ワゴンに先駆け、欧州では新型「オーリス」として展開されるハッチバックモデル「カローラ スポーツ」を投入。顧客の若返りを狙う。カローラ名のハッチバックとしては、2006年に販売が終了した「カローラ ランクス」以来、12年ぶりとなる。

カローラ スポーツのボディーサイズは、全長×全幅×全高=4375×1790×1460mmで、事実上の先代モデルにあたる5ドアハッチバック、2代目オーリスに比べて、45mm長く、30mm幅広く、20mm低い。エクステリアは、TNGA(Toyota New Global Architecture)に基づいてデザインされたもので、「低重心でワイドなスポーティーシルエットを実現」(プレスリリースより)したという。フロントビューは、スリムなヘッドライトや、サイドまで回りこんだ低いフロントフードなどにより、ワイド&ローのフォルムを強調。モデルチェンジを機に、国内カローラ専用の新エンブレムを採用した。

インテリアは、シンプルさと上質さを重視するとともに、インストゥルメントパネルの厚みを抑え、ワイド化を図ることで開放感あるキャビンを目指した。上級グレードには7インチTFTカラー液晶を採用するマルチインフォメーションディスプレイが装着される。

「カローラ スポーツ」は、20~30代のユーザーがメインターゲットとされる。
「カローラ スポーツ」は、20~30代のユーザーがメインターゲットとされる。拡大
ハイブリッドの上級モデルに与えられる7インチのTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ。
ハイブリッドの上級モデルに与えられる7インチのTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ。拡大
後席の背もたれは、全車6:4の分割可倒式となっている。
後席の背もたれは、全車6:4の分割可倒式となっている。拡大
荷室の様子。左右方向に開く「4:2:4分割アジャスタブルデッキボード」(オプション)も選べる。
荷室の様子。左右方向に開く「4:2:4分割アジャスタブルデッキボード」(オプション)も選べる。拡大

通信サービスもセリングポイント

パワートレインは、1.8リッター直列4気筒エンジン(最高出力98ps、最大トルク142Nm)をベースとするハイブリッドシステムと、1.2リッター直列4気筒直噴ターボエンジン(同116ps、同185Nm)の2種類を用意。ハイブリッドはシステム最高出力122psを実現し、JC08モード燃費34.2km/リッター(一部グレードを除く)を達成。駆動方式はFFのみ。一方、1.2リッターターボはFFと4WDが用意され、FFが19.6km/リッター(一部グレードを除く)、4WDが17.2km/リッターを記録する。ガソリンエンジンモデルは全車にCVTが組み合わされるが、2018年8月にはインテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)搭載車が追加される予定だ。

サスペンションは、前:マクファーソンストラット、後ろ:ダブルウイッシュボーンを採用。可変ダインピングシステムの「リニアソレノイド式AVS」をトヨタブランドのFF車として国内初採用したのも見逃せないポイントだ

カローラ スポーツのハイライトのひとつが、「コネクティッドサービス」の充実。通信モジュールを標準搭載することにより、車両の警告灯が点灯したときにコールセンター(または販売店)から適切なアドバイスが受けられる「eケア走行アドバイス」や、エンジンオイル量をはじめとする車両の状態をスマートフォンで確認できる「eケアヘルスチェックレポート」などが利用可能となる。さらに、販売店オプションのT-connectナビ装着車両では、ナビの目的地などをオペレーターが直接検索・設定する「オペレーターサービス」や、音声で目的地設定やニュースや天気の情報検索ができる「エージェント」、LINEのトーク形式でドライブに有用な情報が得られる「LINEマイカーアカウント」といった機能も利用できる。

安全装備は、第2世代の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備。自転車や夜間の歩行者検知が可能な自動ブレーキシステム、全車速追従機能付きのレーダークルーズコントロール、車線逸脱を防ぐ「レーントレーシングアシスト」などが運転をサポートする。

ラインナップと価格は以下のとおり。

  • ハイブリッドG“X”(FF/CVT):241万9200円
  • ハイブリッドG(FF/CVT):252万7200円
  • ハイブリッドG“Z”(FF/CVT):268万9200円
  • G“X”(FF/CVT):213万8400円
  • G(FF/CVT):225万7200円
  • G“Z”(FF/CVT):241万9200円
  • G“X”(4WD/CVT):233万2800円
  • G(4WD/CVT):245万1600円
  • G“Z”(4WD/CVT):261万3600円

(文=生方 聡)

関連キーワード:
カローラ スポーツトヨタ 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • トヨタ・カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”(FF/CVT)【試乗記】 2018.9.7 試乗記 トヨタ伝統のロングセラーである「カローラ」シリーズに、久々のハッチバック「カローラ スポーツ」が登場。ライバルひしめくCセグメントのど真ん中に投入されたニューモデルの出来栄えを、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
ホームへ戻る