トヨタが“つながる新サービス”の展開を宣言

2018.06.26 自動車ニュース
「コネクティッドカー」の展開について説明する、トヨタ自動車の豊田章男社長。(写真は中継用プロジェクターを介した映像)
「コネクティッドカー」の展開について説明する、トヨタ自動車の豊田章男社長。(写真は中継用プロジェクターを介した映像)拡大

トヨタ自動車は2018年6月26日、新型「クラウン」および新型車「カローラ スポーツ」の発売を皮切りに、同社が開発した情報インフラ「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」を介してさまざまな情報サービスが受けられる「コネクティッドカー」を、本格的に展開すると発表した。

同日にデビューした新型「クラウン」。「カローラ スポーツ」とともに、「コネクティッドカー」の第1弾として発売された。
同日にデビューした新型「クラウン」。「カローラ スポーツ」とともに、「コネクティッドカー」の第1弾として発売された。拡大
車載通信機(DCM)のイメージ。車両の制御ネットワークから得られた情報を「モビリティサービス・プラットフォーム」へと送ることで、必要とされる情報サービスの供給を受ける。
車載通信機(DCM)のイメージ。車両の制御ネットワークから得られた情報を「モビリティサービス・プラットフォーム」へと送ることで、必要とされる情報サービスの供給を受ける。拡大
「eケア走行アドバイス」のイメージ。通信機能により、車両の不具合をオペレーターが認識、適切な指示をドライバーに送ることができる。
「eケア走行アドバイス」のイメージ。通信機能により、車両の不具合をオペレーターが認識、適切な指示をドライバーに送ることができる。拡大
「AI音声エージェント」は、例えば、「このへんにあるそば屋を探して。駐車場のあるところがいい」といった、複雑な音声会話にも対応する。
「AI音声エージェント」は、例えば、「このへんにあるそば屋を探して。駐車場のあるところがいい」といった、複雑な音声会話にも対応する。拡大
ドライブに有用な情報を、マイカーと対話するかのように得られる「LINEマイカーアカウント」も利用できる。
ドライブに有用な情報を、マイカーと対話するかのように得られる「LINEマイカーアカウント」も利用できる。拡大

今後は“トヨタ車の常識”に

これらのコネクティッドカーは、車両の制御ネットワークに接続する車載通信機(DCM)を搭載。MSPFとの通信機能を活用した、以下の「コネクティッドサービス」が利用できるようになる。

  • eケア走行アドバイス:ユーザーのクルマに異常が発生した際、車両データから車両の状態を診断し、オペレーターが車載マイクとスピーカーを通してユーザーにアドバイスする。販売店への入庫が必要な場合は、担当販売店または近くの販売店に誘導する。
  • eケアヘルスチェックレポート:車両データを元に、車両の状態をセンターが常時診断。トラブルが発生する前に、担当の販売店がユーザーに整備・入庫を勧める。
  • ヘルプネット:エアバッグの展開と連動した緊急通報サービス。衝突時の車両データから乗員のダメージを瞬時に解析し、消防本部に送信。消防本部で重症の確率が高いと診断された場合にはドクターヘリなどが出動し、医師が現場に直行する救命サービスも行う。
  • 走行データ連動型自動車保険プラン:MSPFに蓄積された走行ビッグデータから算出した「安全運転スコア」を記録。このスコアに連動して割引が適用される、リーズナブルな自動車保険プランが提供される。
  • AI音声エージェント:人工知能のバーチャルエージェントがユーザーの自然発話を聞き取り、カーナビの目的地設定やオーディオの操作、機器の取り扱い説明などを行う。
  • LINEマイカーアカウント:LINEアプリに車両を“友だち”として登録し、クルマとの会話形式で情報が得られるサービス。例えば、LINEアプリのトーク機能で事前に行きたいところを伝えるだけで、車載ナビ上に目的地を設定することができる。
  • ハイブリッドナビ:情報センター側にある最新の地図データとビッグデータ交通情報を元に、最適なルート案内を行う。ナビシステムのプログラムや地図データは、常に最新版になるよう維持される。

東京都内で開かれた発表会には、同社の豊田章男社長が登壇。「いま自動車には、従来の『走る』『曲がる』『止まる』に加えて、『つながる』機能が求められている」「このコネクティッド技術を、重要車種であるクラウンやカローラから採用するというのは、われわれの本気の表れだ」などとコメントした。

また同席した友山茂樹副社長からは、コネクティッドサービスは将来的にトヨタディーラー5000店で対応できるようになること、eケア走行アドバイスやeケアヘルスチェックレポートの運用を確実に行うために、同社の研修施設に「コネクティッドオペレーション改善道場」を設置し、スタッフのトレーニングを行っていることなども紹介された。

トヨタでは、今後国内で発売されるほぼすべての乗用車にDCMを搭載。コネクティッドサービスの提供に力を入れていくという。

(webCG)

関連キーワード:
カローラ スポーツ, クラウン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ カローラ スポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
  • 第10回:トヨタ・カローラ スポーツ(後編) 2018.10.31 カーデザイナー明照寺彰の直言 実用性を犠牲にしている割にはスポーティーに見えない? トヨタ最新のCセグメントハッチバック車「カローラ スポーツ」のスタイリングに見る“ふに落ちないポイント”を、現役のカーデザイナー明照寺彰が語る。
  • 第9回:トヨタ・カローラ スポーツ(前編) 2018.10.24 カーデザイナー明照寺彰の直言 デビュー以来、走りのよさで好評を博している「トヨタ・カローラ スポーツ」だが、従来モデルとは一線を画すそのデザインは、プロの目にはどう映っているのか? その背景にあるカーデザインのトレンドと合わせ、現役の自動車デザイナー、明照寺彰が語る。
  • メルセデス・ベンツA200d(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.18 試乗記 スタイリッシュなデザインや、AI技術を使ったインフォテインメントシステムで話題の4代目「メルセデス・ベンツAクラス」。最新のディーゼルモデルを走らせてみると、既存のガソリンターボ車とは異なる“オトナ”なドライブフィールが伝わってきた。
  • トヨタ・カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”(FF/CVT)【試乗記】 2018.9.7 試乗記 トヨタ伝統のロングセラーである「カローラ」シリーズに、久々のハッチバック「カローラ スポーツ」が登場。ライバルひしめくCセグメントのど真ん中に投入されたニューモデルの出来栄えを、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る