BMW M5(前編)

2018.07.12 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が、歯に衣を着せず本音でクルマを語り尽くす! 今回のお題は600psのハイパワーを誇る「BMW M5」。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用したその走りを、プロはどう評価する?

パワーもトラクションもコーナリングも最高

「ヤバイですよ、このクルマ……」
谷口信輝が開口一番にそう語ったのは、フルモデルチェンジを果たしてそれまでの後輪駆動から4WDへと大変革を遂げた最新のBMW M5について。もちろん、この場合の“ヤバイ”は「最高にいい!」の意味である。

「とにかくエンジンのパワーがものすごい。低回転域からターボらしい分厚いトルクが感じられますが、僕の嫌いなターボラグはないし、トルクの出方がスムーズでいい。あと、音もいいですよね。それも音量があんまり大きすぎないところがいい」

そして4WDの働きにも絶賛の言葉を惜しまなかった。
「トラクションがまたすごいですよね。さっきも言ったとおり、エンジンは低速域からものすごくトルクがあるんですが、それでもクルマはみじんも暴れない。それも直進状態のときだけじゃなくて、ステアリングを少し切っている状態でもまるで乱れることなく、ぎゅーっと発進していけます」

もしも、4WDになる以前のM5で同じことをしたら、どんな状態になったのだろうか?
「おそらく、ホイールスピンをしながらワシャシャシャシャって発進するか、トラクションコントロールの警告灯がピカピカ点滅しっぱなしになるかのどちらかでしょうね。でも、加速力がどっちが上かといえば、もちろん4WDを搭載した新型のほう。600psの大パワーを4つの駆動輪で路面に伝えるから加速Gはものすごいし、しかもクルマはまったく暴れないので、とにかく速いですよ」

もちろん、テールスライドしながら迫力ある走りを楽しみたいと望むファンもいるだろう。そうした人たちのためにBMWは新型M5に2WDモードを用意。このモードでスタビリティーコントロールを切れば、谷口の言う“ワシャシャシャシャ”という発進を楽しめるようにも工夫されているが、意外にもスタビリティー重視で安定志向の谷口は新型M5の4WDを全面的に支持していた。
「よく、4WDだと動きが鈍いとかアンダーステアだとかって言われますが、M5にはそれもまったくありません」

「あと、このクルマはボディーの剛性感も素晴らしいですよね。ガタピシ感はゼロ。そしてコーナリングも最高。神経質なところがまるでなくて、安心感がとても強い。だから、どんどんペースが上がっていっちゃいますよね。コーナリング中のギャップのいなし方も見事です」

 
BMW M5(前編)の画像拡大
 
BMW M5(前編)の画像拡大
 
BMW M5(前編)の画像拡大
 
BMW M5(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • BMW M3セダン(FR/7AT)【試乗記】 2014.8.22 試乗記 ハイパフォーマンスセダン「BMW M3」の最新型に、一般道で試乗。これまで以上にパワーと軽量化を追求したという、その走りを確かめた。
  • アウディA1スポーツバック25 TFSI(FF/7AT)【試乗記】 2020.12.26 試乗記 アウディのコンパクトカー「A1スポーツバック」に1リッターターボモデルが追加された。試乗車は、なかでも一番装備が簡素な「25 TFSI」。エントリーモデルのエントリーグレード、つまり「最も買い求めやすいアウディ」の仕上がりは?
  • BMW 435iグランクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.9 試乗記 拡大を続けるBMWのラインナップに、ハッチゲートを持つ“4ドアクーペ”が加えられた。このクルマを選ぶポイントはどこか? 走りや乗り心地はどうなのか? ストレート6を搭載するスポーティーモデルで確かめた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
ホームへ戻る