これからお店に行く人にささぐ
「スズキ・ジムニー」購入のススメ

2018.07.23 デイリーコラム

とどまることを知らないジムニー旋風

「ジムニーは誕生以来48年、決して大ヒットというわけではありませんが、地道に販売を続けてまいりました。これからも1台1台、大切にお客さまに、お届けしてまいります」

発表会の壇上にて、鈴木俊宏社長がそう語ったのが2018年の7月5日。それ以来、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の勢いが止まりません。ウェブでは有名どころの自動車メディアから個人のブログ、SNSまで、いたるところで関連記事が乱立し、ネコ画像よろしくバズりまくっています。記者自身も興味があって最寄りのスズキアリーナ店にうかがったところ、納期はジムニーでおよそ9カ月後、ジムニーシエラに至っては1年以上先とのこと。スズキ史上(ひょっとしたら日本自動車史的にも?)まれに見る非常事態ですが、逆に言えば、それだけ多くのユーザーが契約にいたったことの裏返しでしょう。これはめでたい。実にめでたい。

webCG読者諸兄姉の中にも、この現在進行形の騒動に触れて初めて、もしくはあらためて、ジムニーに興味を持った方もいることでしょう。いや、「次のマイカーにどうかな?」と思っている方や、「もう見積もりもらってきちゃった」という方もおられるやも知れません。

そこで今回は、事前撮影会に開発者インタビュー、そして過日の発表会と、webCGにおけるここまでの取材を全部追っかけてきた記者が、ジムニーを買う上でのちょっとしたポイント、思いついた提案を、Q&A方式で紹介させていただきます。過去には微力ながら専門誌の編集に携わり、中古車本でバイヤーズガイド企画も制作したことのある身。名の知れた専門店の主や、ジムニーばかり乗り継いできた猛者たちには到底かないませんが、それでも多少の知識はある……はず。浅学を絞りに絞り、ささやかでもお役に立てれば幸甚です。

それでは早速。

2018年7月5日に行われた発表会において、演壇の脇に展示された4代目「スズキ・ジムニー」。
2018年7月5日に行われた発表会において、演壇の脇に展示された4代目「スズキ・ジムニー」。拡大
新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の歴史と特徴を説明する、スズキの鈴木俊宏社長。ちょっと口調は固かったが、鈴木 修会長の思い出話を交えたそれは、今のところ2018年最良のスピーチだったと思う。
新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の歴史と特徴を説明する、スズキの鈴木俊宏社長。ちょっと口調は固かったが、鈴木 修会長の思い出話を交えたそれは、今のところ2018年最良のスピーチだったと思う。拡大
実車確認はご覧のありさま。あまりの人の多さに、なかなかクルマに近づくことができなかった。
実車確認はご覧のありさま。あまりの人の多さに、なかなかクルマに近づくことができなかった。拡大
個人的な印象だが、取材陣がこんなに興奮し、好意的に迎えた新型車は、ホンダの軽スポーツカー「S660」以来ではないかと思う。
個人的な印象だが、取材陣がこんなに興奮し、好意的に迎えた新型車は、ホンダの軽スポーツカー「S660」以来ではないかと思う。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)/ジムニーシエラJC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.8.3 試乗記 誕生から48年を迎えた小さなクロカンモデル「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。20年ぶりのモデルチェンジで登場した4代目では、何が変わり、何が受け継がれたのか。ジムニーの“ホーム”であるオフロードと、オンロードの両方で試乗し、その実力を確かめた。
  • 第39回:アウディA6 2019.7.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 アウディ伝統のEセグメントモデル「A6」が、5代目にモデルチェンジ。新世代のシャシーやパワートレインの採用など、その“中身”が話題を呼んでいる新型だが、“外見”=デザインの出来栄えはどうなのか? 現役のカーデザイナー明照寺彰が斬る。
ホームへ戻る