トヨタ・クラウン2.5 G(後編)

2018.08.16 谷口信輝の新車試乗 最新型「トヨタ・クラウン」の乗り味を“水”に例えた谷口信輝。では、高級セダンのセリングポイントとなる居住空間や快適装備についてはどんな印象を抱いたのだろうか。率直な感想を聞いてみた。

クラウンならではの個性がある

試乗を終えた谷口信輝に、あらためて新型クラウンの運転席に腰掛けてもらった。

「うわー、これ、懐かしいですね。なんとも昭和感がたっぷりしています(笑)」
そう語った谷口の指先には、エアコンの吹き出し口を左右に振る「スイングレジスター」と呼ばれる装備があった。ちなみに、試乗車の「2.5 G」であればスイングレジスターは標準で装着される。

「いやあ、久しぶりに見ました。懐かしいですねえ」

「でもね、このレザーシートの質感は、あまり高くありませんね。縫い合わせの精度といいクオリティー感といい、最近のシートカバーメーカーのほうが、ずっといい仕事をしますよ。でも、このクラウンにはレザーシートと一緒にシートベンチレーションが付いているので快適ですね。これがあれば、オプション価格の30万円もそれほど高くないと思ってもらえるかもしれません」

「あと、このスピードメーターとタコメーターの盤面に、もう1枚透明なプラスチックを貼り付けたようなメーターパネルの処理は面白いですね」

 谷口が指摘したのは「オプティトロン2眼メーター」のこと。メーターパネルに透明なプラスチックを貼り合わせることで、照明の輝きがマイルドになると同時に立体感がぐっと増すのが、この装備の特徴である。

 
トヨタ・クラウン2.5 G(後編)の画像拡大
 
トヨタ・クラウン2.5 G(後編)の画像拡大
 
トヨタ・クラウン2.5 G(後編)の画像拡大
 
トヨタ・クラウン2.5 G(後編)の画像拡大

トヨタ・クラウン2.5 G
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4910×1800×1455mm/
ホイールベース:2920mm/車重:1750kg/駆動方式:FR/エンジン:2.5リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:184ps(135kW)/6000rpm/エンジン最大トルク:221Nm(22.5kgm)/3800-5400rpm/モーター最高出力:143ps(105kW)/モーター最大トルク:300Nm(30.6kgm)/システム総合出力:226ps(166kW)/タイヤ:(前)215/55R17 94V/(後)215/55R17 94V(ヨコハマ・ブルーアースGT)/価格:562万1400円


	トヨタ・クラウン2.5 G
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4910×1800×1455mm/
	ホイールベース:2920mm/車重:1750kg/駆動方式:FR/エンジン:2.5リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:184ps(135kW)/6000rpm/エンジン最大トルク:221Nm(22.5kgm)/3800-5400rpm/モーター最高出力:143ps(105kW)/モーター最大トルク:300Nm(30.6kgm)/システム総合出力:226ps(166kW)/タイヤ:(前)215/55R17 94V/(後)215/55R17 94V(ヨコハマ・ブルーアースGT)/価格:562万1400円
	拡大

関連キーワード:
クラウン, トヨタ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)/プリウスE(FF/CVT)【レビュー】 2016.1.22 試乗記 ハイブリッドカーの先駆けである「トヨタ・プリウス」が4代目にフルモデルチェンジ。シリーズ最高で40.8km/リッター(JC08モード)という燃費性能や、このクルマで初採用されたトヨタの次世代技術「TNGA」など、話題満載の新型の走りをリポートする。
ホームへ戻る