第27回:真夏の夜の災難と新しい教訓

2018.08.22 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
東京・奥多摩湖の大麦代園地駐車場にて。……今年の夏は、結局奥多摩にしか行かなかったな。とほほ。
東京・奥多摩湖の大麦代園地駐車場にて。……今年の夏は、結局奥多摩にしか行かなかったな。とほほ。拡大

レスキュー隊がジャンプスタートでさじを投げる! 友人が引き起こしたバッテリーあがり事件をきっかけに、「ダッジ・バイパー」を襲った災難の連鎖と、コトのてんまつを通して記者が得た、“ちょっとヘンなクルマ”を持つ上での教訓を語る。

夏はやっぱり日本語ロックに限りますな。THE HIGH-LOWSはもちろん、サンボマスターやマキシマム ザ ホルモンもオススメ。暑っ苦しい歌で、積極的に汗をかいていきましょう。
夏はやっぱり日本語ロックに限りますな。THE HIGH-LOWSはもちろん、サンボマスターやマキシマム ザ ホルモンもオススメ。暑っ苦しい歌で、積極的に汗をかいていきましょう。拡大
本文の記述でお分かりの通り、せっかく直したバイパーのエアコン、再びお亡くなりになりました。怪しい箇所のOリングを交換したのに、ほぼひと月で冷媒ガスがすべてオサラバ……。もお、いいかなあエアコンは!
本文の記述でお分かりの通り、せっかく直したバイパーのエアコン、再びお亡くなりになりました。怪しい箇所のOリングを交換したのに、ほぼひと月で冷媒ガスがすべてオサラバ……。もお、いいかなあエアコンは!拡大
朝日を横目に、輸入車合同試乗会の会場である大磯ロングビーチへと爆走するワタナベ女史。……これって、もう1年半も前のことなのか。月日は百代のなんとやらですな。
朝日を横目に、輸入車合同試乗会の会場である大磯ロングビーチへと爆走するワタナベ女史。……これって、もう1年半も前のことなのか。月日は百代のなんとやらですな。拡大
修正前の「バイパー」のリアトー(写真、前回の使いまわしで申し訳ない)。これがワザとだとしたら、以前のオーナーもジムカーナなどのモータースポーツを楽しんでいたのかもしれない。
修正前の「バイパー」のリアトー(写真、前回の使いまわしで申し訳ない)。これがワザとだとしたら、以前のオーナーもジムカーナなどのモータースポーツを楽しんでいたのかもしれない。拡大
過日の「AUTO-X(オートクロス)」にて、日なたぼっこ中のモバー軍団の図。同価格帯の輸入スポーツカーの中でも、「バイパー」は“走ってる”個体やオーナーさんが多いモデルだと思う。
過日の「AUTO-X(オートクロス)」にて、日なたぼっこ中のモバー軍団の図。同価格帯の輸入スポーツカーの中でも、「バイパー」は“走ってる”個体やオーナーさんが多いモデルだと思う。拡大

リアのトーアウトは確信犯?

どうも皆さまこんにちは。webCGの堀田です。近年まれにみる酷暑の中、いかがお過ごしでしょうか? 御多分に漏れず東京・武蔵野もすっかりジリジリ。思わずTHE HIGH-LOWSの『夏なんだな』を口ずさみたくなってしまいます。こういう日のためにバイパーのエアコン直しておいたのに、トホホ。

バイパーといえば、前回は多数の感想・激励のメッセージをありがとうございます。皆さまのアドバイスに従って、キーの写真、歯の形が分からないものに差し替えておきました。その他にも、何通かでちょっと興味深い指摘をいただいたので、合わせてここで紹介させていただきます。

指摘の内容はわがバイパーのアライメントに関するもので、フロントの“左曲がり”はさておき、リアの“ガニ股”は不具合ではないのでは? とのこと。さる御仁のメールによると、「ジムカーナかいわいでは、コーナリングでクルマを曲げやすくするために、リアをトーアウトにするアライメント調整は、珍しいものではない」とのことだった。

確かに、リアのトーアウトっぷりは左右でそんなに変わらなかったし、普通に走っている分には挙動に破綻を感じることもなかった。記者だけがそう思ってたんならアヤしいもんだが、過日試乗してもらったワタナベ女史にも山田先生にも、そうした違和感を訴えられたことはない。SNSで“アメ車 de サーキット”なかいわいを探ってみても、「俺の/あいつのクルマ、リアをトーアウトにしています」という情報がちらほら。……これはやっぱり、くだんのリアトーアウトは不具合の類いではなく、計算の上でのセッティングだったのかもしれない。

これは興味深い事である。もしこの説が当たっていたとしたら、エキゾチックカーかいわい(?)では変わり者な、「飾っておくより走らせてナンボ」なバイパーの性格をよく表すエピソードではないか。「なんだかんだいって、やっぱりこれは風変わりなクルマなのだ」と一人ニヤニヤしてしまった。

……まあ、こんなことでかみしめるまでもなく、バイパーはけったいなクルマなんですけどね。最近忘れかけていたけれど、過日あらためてそれを実感させる事態に出くわした。
“1日試乗”を楽しんでいた友人が、バッテリーをあげてしまったのだ。

あなたにおすすめの記事
新着記事