オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場

2018.08.27 自動車ニュース
「フェラーリ488ピスタ スパイダー」
「フェラーリ488ピスタ スパイダー」拡大

伊フェラーリは2018年8月26日(現地時間)、米国カリフォルニア州で開催されたぺブルビーチ・コンクール・デレガンスにおいて、オープントップの高性能スポーツカー「フェラーリ488ピスタ スパイダー」を発表した。

 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大
 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大
 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大
 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大
 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大
 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大
 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大

488ピスタ スパイダーは、同年3月のジュネーブモーターショーでデビューした「488ピスタ」のオープントップバージョン。フェラーリにとっては50番目のオープンカーとなるモデルで、高性能コンバーチブルモデルのファンが多いことから米国が世界初公開の地に選ばれたという。

ハイパフォーマンスのキモとなる3.9リッターV8ターボエンジンは、クーペの488ピスタと同じパワーユニットで、最高出力720ps/8000rpm、最大トルク770Nm/3000rpmを発生。「オープントップ構造のボディーであるがゆえに、特徴的なエンジンサウンドの魅力が一段と際立つ」とアピールされる。

クーペと同様に大胆なストライプが入れられたボディーのサイズは全長×全幅×全高=4605×1975×1206mmと、クーペの値と変わらない。一方車重はクーペ比で100kg増しの1380kgとなっているが、0-100km/hの加速タイムはまったく同じ2.85秒。最高速度は340km/hと公表される。

そのほか、カーボンファイバーやアルカンターラを多用したインテリアや、ワンピース構造のカーボンファイバー製ホイール(オプション)、ブレーキキャリパーの制動圧を自動調整してコーナリング性能を高める機能「フェラーリ・ダイナミック・エンハンサー」などもセリングポイントとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
488ピスタ, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • 第154回:ピュア内燃機関最後のきらめき 2019.12.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第154回は「ピュア内燃機関最後のきらめき」。フェラーリ史上最もパワフルな量産V8モデル「488ピスタ」に初試乗! フル加速で感じたターボエンジンのすごさとは? 自然吸気フェラーリを愛する筆者による衝撃リポート。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • 「フェラーリ812スーパーファスト」のオープントップバージョン登場 2019.9.9 自動車ニュース 伊フェラーリは2019年9月9日、最高出力800PSの12気筒エンジンを搭載するオープントップモデル「フェラーリ812GTS」を発表した。最高速は340km/h、0-100km/hの加速タイムは3秒未満と公表される。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
ホームへ戻る