オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場

2018.08.27 自動車ニュース
「フェラーリ488ピスタ スパイダー」
「フェラーリ488ピスタ スパイダー」拡大

伊フェラーリは2018年8月26日(現地時間)、米国カリフォルニア州で開催されたぺブルビーチ・コンクール・デレガンスにおいて、オープントップの高性能スポーツカー「フェラーリ488ピスタ スパイダー」を発表した。

 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大
 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大
 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大
 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大
 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大
 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大
 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大

488ピスタ スパイダーは、同年3月のジュネーブモーターショーでデビューした「488ピスタ」のオープントップバージョン。フェラーリにとっては50番目のオープンカーとなるモデルで、高性能コンバーチブルモデルのファンが多いことから米国が世界初公開の地に選ばれたという。

ハイパフォーマンスのキモとなる3.9リッターV8ターボエンジンは、クーペの488ピスタと同じパワーユニットで、最高出力720ps/8000rpm、最大トルク770Nm/3000rpmを発生。「オープントップ構造のボディーであるがゆえに、特徴的なエンジンサウンドの魅力が一段と際立つ」とアピールされる。

クーペと同様に大胆なストライプが入れられたボディーのサイズは全長×全幅×全高=4605×1975×1206mmと、クーペの値と変わらない。一方車重はクーペ比で100kg増しの1380kgとなっているが、0-100km/hの加速タイムはまったく同じ2.85秒。最高速度は340km/hと公表される。

そのほか、カーボンファイバーやアルカンターラを多用したインテリアや、ワンピース構造のカーボンファイバー製ホイール(オプション)、ブレーキキャリパーの制動圧を自動調整してコーナリング性能を高める機能「フェラーリ・ダイナミック・エンハンサー」などもセリングポイントとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
488ピスタ, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ 488ピスタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • フェラーリの新型FRクーペ「ローマ」日本デビュー 最高出力620PSのV8エンジンを搭載 2020.4.2 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2020年4月1日、東京・港区のコーンズ芝ショールームにおいてV8ツインターボエンジンを搭載する新型2+2クーペ「ローマ」を日本で初披露した。すでに受注が開始されており、納車は2021年初頭を予定しているという。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
ホームへ戻る