オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場

2018.08.27 自動車ニュース
「フェラーリ488ピスタ スパイダー」
「フェラーリ488ピスタ スパイダー」拡大

伊フェラーリは2018年8月26日(現地時間)、米国カリフォルニア州で開催されたぺブルビーチ・コンクール・デレガンスにおいて、オープントップの高性能スポーツカー「フェラーリ488ピスタ スパイダー」を発表した。

 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大
 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大
 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大
 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大
 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大
 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大
 
オープントップの超高性能モデル「フェラーリ488ピスタ スパイダー」登場の画像拡大

488ピスタ スパイダーは、同年3月のジュネーブモーターショーでデビューした「488ピスタ」のオープントップバージョン。フェラーリにとっては50番目のオープンカーとなるモデルで、高性能コンバーチブルモデルのファンが多いことから米国が世界初公開の地に選ばれたという。

ハイパフォーマンスのキモとなる3.9リッターV8ターボエンジンは、クーペの488ピスタと同じパワーユニットで、最高出力720ps/8000rpm、最大トルク770Nm/3000rpmを発生。「オープントップ構造のボディーであるがゆえに、特徴的なエンジンサウンドの魅力が一段と際立つ」とアピールされる。

クーペと同様に大胆なストライプが入れられたボディーのサイズは全長×全幅×全高=4605×1975×1206mmと、クーペの値と変わらない。一方車重はクーペ比で100kg増しの1380kgとなっているが、0-100km/hの加速タイムはまったく同じ2.85秒。最高速度は340km/hと公表される。

そのほか、カーボンファイバーやアルカンターラを多用したインテリアや、ワンピース構造のカーボンファイバー製ホイール(オプション)、ブレーキキャリパーの制動圧を自動調整してコーナリング性能を高める機能「フェラーリ・ダイナミック・エンハンサー」などもセリングポイントとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
488ピスタ, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATIC(4WD/7AT)/CLA200d(FF/8AT)【海外試乗記】 2019.5.10 試乗記 2013年のデビュー以来、コンパクトな4ドアモデルとして人気を集めてきたメルセデス・ベンツの「CLAクーペ」。2代目となる新型は、基幹車種「Cクラス」の存在をおびやかすほどの完成度を見せてくれた。
  • 「ルノー・メガーヌR.S.」がニュルでのアタックタイムを更新 2019.5.23 自動車ニュース 仏ルノーは2019年5月21日(現地時間)、新型「メガーヌ ルノースポール(R.S.)トロフィーR」でドイツ・ニュルブルクリンクの北コースにアタックし、これまでで最速となる7分40秒100で走破したと発表した。
  • 「トヨタ・スープラ」が17年ぶりに復活 2019.5.17 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年5月17日、FRスポーツカー「スープラ」の新型を発表。同日、国内での販売を開始した。3リッター直6ターボと2リッター直4ターボを搭載する、全3グレードがラインナップされる。
ホームへ戻る