クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第101回:中年カーマニア、9年後の再会

2018.09.04 カーマニア人間国宝への道

モテないカーマニア、大健闘

夏休み、皆さまにおかれましては、いかがお過ごしでしたでしょうか。私は、昔のカーマニア仲間の“クマ”から連絡をもらいました。

「どうもご無沙汰です。清水さんのモテないBMWの記事を見て、なんとなくメッセージを送ってみました。自分も最近、18年落ちのBMWを買ったので」

クマは元カメラマン。ハチロク(カローラレビン)以外に興味がないタイプのカーマニアでしたが、昔一緒にサーキットに練習に行ったり、モンゴルや軍艦島に取材に行ったりしました。

その後彼はカメラマンをやめ、トラックの運転手になり、疎遠になっていましたが、かつてのモテないカーマニアは、どんな中年(48歳)になったのでしょう。

清水(以下 清):久しぶりだね。何年ぶりかなぁ。

クマ(以下 ク):一緒に筑波の走行会に行って以来、9年ぶりですね。清水さんは「328」、僕はハチロクで。

清:前の黒い328時代か~。オレ、また328に戻ったんだよ。クマはまだハチロク乗ってるの?

ク:乗ってますよ。街乗り1台、ミサイル1台の2台態勢です。あと「ビート」と、ツレの「スープラ」(A70型)と、この間BMWの「330ci」が増えて、クルマバカ状態です。

清:ツレ! ツレができたんだ! しかもスープラが愛車ってことは、カーマニア仲間だね?

ク:なんせモテないカーマニアなんで(笑)、相手もカーマニアじゃないと、可能性ないですから。

清:モテないカーマニア、奇跡の大勝利だね!

ク:ハハハ。

元カメラマンでカーマニア仲間のクマと久々の再会!
元カメラマンでカーマニア仲間のクマと久々の再会!拡大
9年前にクマと一緒に行った筑波サーキットの走行会にて。
9年前にクマと一緒に行った筑波サーキットの走行会にて。拡大
クマは現在も「トヨタ・カローラレビン(AE86)」を所有していた。
クマは現在も「トヨタ・カローラレビン(AE86)」を所有していた。拡大
クマが最近購入した「BMW 330ci」。
クマが最近購入した「BMW 330ci」。拡大
ダイハツ の中古車

充実の激安ラインナップ

清:それにしてもハチロクはともかく、ビートってすごいな……。

ク:足です。25万円でした。

清:BMWは?

ク:15万です。

清:見事に激安車ばっかり。充実したカーマニア生活送ってるね~。

ク:でも、ハチロクはめちゃめちゃ値上がりしちゃったんで、最近買った街乗り用は、100万しましたよ。あと、税金がキツイです。

清:そうか、古いのばっかりだもんね。

ク:ハチロクが35歳、ビートとスープラが26歳、BMWも18歳ですから。

清:ひょっとしてBMWって、初めてのガイシャ?

ク:ですね。

清:なんでまた。

ク:安かったんで、なんかいいかもと思って、「エッセ」のMT車から買い替えました。

清:エッセのMT車! オレも一時乗ってたよ! そっからBMWってシブすぎる!

ク:値段はほぼ一緒ですから、似たようなもんです。

清:初めてのBMWはどう。

ク:いい感じですよ。なんかどっしりしてて、いままで乗ってきたクルマと少し違うな~って思います。

清:かなり違うだろうねフフフ。しかもAT車でしょ?

ク:久々のAT車です。

清:クマもようやく、オッサンの駆けぬけるヨロコビに惹(ひ)かれるようになったのかな。

ク:いやあ別に。ただ会社の同僚には、「BMWじゃん!」って驚かれました。値段言ったらもっと驚かれましたけど。

清:何年たっても高級車だと誤解される(笑)。そこが国産車との最大の差かもね~。

クマの愛車、「ホンダ・ビート」。
クマの愛車、「ホンダ・ビート」。拡大
「BMW 330ci」は15万円で購入。
「BMW 330ci」は15万円で購入。拡大
クマが以前所有していた「ダイハツ・エッセ」。
クマが以前所有していた「ダイハツ・エッセ」。拡大
筆者もかつてオレンジ色の「エッセ」を所有。“みかんちゃん”と名付け、日常の足としていた。
筆者もかつてオレンジ色の「エッセ」を所有。“みかんちゃん”と名付け、日常の足としていた。拡大

古き良きカーマニアライフ

清:結局クマは、ハチロクを通算何台買ったわけ?

ク:えーと、ハコ替えも2~3回あったんで、よくわかんないけど9台ですかね。

清:ハコ替えって何?

ク:サビとかクラッシュとかでボディーが死ぬと、新しいクルマ買ってガワだけ使って、中身を総とっかえするんです。

清:それ、全部自分でやるんだよね。

ク:やりますよ。

清:40代にしてカーマニア仲間のツレができて、ハチロクのハコ替え自分でやってるなんて、カーマニアの鑑(かがみ)だね。

ク:ホントはもうめんどくさいんですけど、体が勝手に動いちまうんですよ。街乗りグルマも、取りあえずシャコタンにしないと気が済まないし。

清:すばらしいかな、古き良きカーマニアライフ! ところでさ、ハチロクのミサイルって何?

ク:これです。

清:こ、これがミサイル? ミサイルに撃墜された機体の残骸じゃないの!?

ク:違いますよ。この間のエビスのドリフト祭りでも、ほぼこの状態でガンガン走ってましたから。ただ、また少しクシャッとやっちゃったんで、いよいよハコ替えしないとダメなんですけど。

清:えっ、クマっていま、ドリフトの人になってるの!?

ク:そうですよ。

中年カーマニアも、変身するし成長するのだ! という事実に打ち震えつつ、次回に続きます。

(文と写真=清水草一/編集=大沢 遼)

クマの何台目かのハチロク。
クマの何台目かのハチロク。拡大
クマが自分でエンジンを載せ替え中のハチロク。
クマが自分でエンジンを載せ替え中のハチロク。拡大
クマは現在も自分で“ハコ替え”を行い、ドリフトの聖地、福島のエビスサーキットへ出撃している。
クマは現在も自分で“ハコ替え”を行い、ドリフトの聖地、福島のエビスサーキットへ出撃している。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ダイハツ の中古車

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。