ホンダS660モデューロX(後編)

2018.09.13 谷口信輝の新車試乗 「ホンダS660」をベースに特別なカスタマイズを施した「S660モデューロX」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。そのスポーツカーとしての実力を、プロフェッショナルの目で評価する。

シャシー性能が勝ちすぎている

ホンダとホンダアクセスが協力して作り上げた“オフィシャルコンプリートカー”S660モデューロXのコーナリング性能を絶賛した谷口信輝。そんな彼が「唯一不足している」と指摘したのはいったい何だったのか?

「車重が軽くてバランスはいいけれど、やっぱりいまのままのパワーだとちょっと物足りないですよね」 
S660モデューロXのエンジンはノーマルとまったく同じで最高出力は64ps、最大トルクは104Nmとされている。

「エンジンはターボ付きだから、パワーバンドにさえ入っていればそれなりにパワーは出ていますよ。それでも、もっとパワーが欲しくなっちゃうのは、いまのままだとエンジン性能に対してシャシー性能があまりに勝ち過ぎているから。極端な話、このワインディングロードにしても、ほとんどのコーナーが全開のまま走り切れちゃうくらい、コーナリング性能は高いと思いますよ。もっとも、想像だけで実際にはやっていませんけれど(笑)」

エンジンの話題が出たところで、シフトフィーリングについても話を聞いた。
「シフトフィーリングは全然大丈夫。感触も良好で不安を覚えない。例えば、どこか間違ったところに入っちゃいそうとか、変に重いとか入りにくいとかいうこともない。どのギアにもスポスポ入っちゃいますよ」

そろそろデザインに話題を変えてみよう。まずはエクステリアから。
「リアウイングは電動式なんですよね。おお、スイッチを入れると結構出てきますが、これ、本当に必要なんでしょうか? いや、リアのグリップが足りないならウイングでリアのダウンフォースを増やしてあげるのもいいけれど、現状でこれだけバランスがいいんだから、ウイングまで付けなくてもよかったような気もします」

では、インテリアはどうか?
「なかなかスポーツカーらしくて、かっこいいと思いますよ。シートの素材感も悪くないし、ステッチもきれいにそろっていていいですね。ただし、このステアリングホイールは僕の好みじゃないかな。ちょっとボッテリとしていますよね。もっとすっきりとしたデザインのほうが僕は好きです」

 
ホンダS660モデューロX(後編)の画像拡大
 
ホンダS660モデューロX(後編)の画像拡大
 
ホンダS660モデューロX(後編)の画像拡大
 
ホンダS660モデューロX(後編)の画像拡大

ホンダS660モデューロX
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1180mm/ホイールベース:2285mm/車重:830kg/駆動方式:MR/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/ トランスミッション:6段MT/最高出力:64ps(47kW)/6000rpm/最大トルク:104Nm(10.6kgm)/2600rpm/タイヤ:(前)165/55R15 75V/(後)195/45R16 80W(ヨコハマ・アドバンネオバAD08R)/ 燃費:21.2km/リッター(JC08モード)/ 価格:285万0120円


	ホンダS660モデューロX
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1180mm/ホイールベース:2285mm/車重:830kg/駆動方式:MR/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/ トランスミッション:6段MT/最高出力:64ps(47kW)/6000rpm/最大トルク:104Nm(10.6kgm)/2600rpm/タイヤ:(前)165/55R15 75V/(後)195/45R16 80W(ヨコハマ・アドバンネオバAD08R)/ 燃費:21.2km/リッター(JC08モード)/ 価格:285万0120円
	拡大

関連キーワード:
S660, ホンダ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モデューロXの真価を知る 2020.3.19 匠の技が磨いた走り<AD> ホンダの人気車種をベースに、専用の装備やチューニングで走りを磨いた「モデューロX」シリーズ。その最新モデル「ヴェゼル モデューロX」と軽スポーツ「S660モデューロX」からは、上質な走りにかける、つくり手の情熱が伝わってきた。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)/フィットe:HEVホーム(FF)【試乗記】 2020.3.4 試乗記 ホンダの人気コンパクト「フィット」がついにモデルチェンジ。4代目となる新型は、どのようなクルマに仕上がっているのか? 使う人の「心地よさ」を追求したというコンセプトに、ホントに沿うものになっているか? 仕様の異なる2モデルに試乗して確かめた。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)【試乗記】 2020.4.3 試乗記 スタイリッシュなマツダの新型SUV「CX-30」に、新世代ガソリンエンジン搭載モデルが登場。大きな期待を胸にステアリングを握った筆者だったが、その走りには、気になる点がないわけではなかった。
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
  • EVでもターボ、ターボ車でもターボなし!? ポルシェにとって“ターボ”の名が特別な理由 2020.3.20 デイリーコラム ポルシェの現行モデルはほとんどがターボ車だが、車名に「ターボ」が記されるのは「911ターボ」などごく一部にすぎない。その一方で電気自動車「タイカン」には「ターボ」の名が与えられている。ポルシェがターボの名を特別視するのはなぜなのだろうか。
ホームへ戻る