ホンダS660モデューロX(後編)

2018.09.13 谷口信輝の新車試乗 「ホンダS660」をベースに特別なカスタマイズを施した「S660モデューロX」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。そのスポーツカーとしての実力を、プロフェッショナルの目で評価する。

シャシー性能が勝ちすぎている

ホンダとホンダアクセスが協力して作り上げた“オフィシャルコンプリートカー”S660モデューロXのコーナリング性能を絶賛した谷口信輝。そんな彼が「唯一不足している」と指摘したのはいったい何だったのか?

「車重が軽くてバランスはいいけれど、やっぱりいまのままのパワーだとちょっと物足りないですよね」 
S660モデューロXのエンジンはノーマルとまったく同じで最高出力は64ps、最大トルクは104Nmとされている。

「エンジンはターボ付きだから、パワーバンドにさえ入っていればそれなりにパワーは出ていますよ。それでも、もっとパワーが欲しくなっちゃうのは、いまのままだとエンジン性能に対してシャシー性能があまりに勝ち過ぎているから。極端な話、このワインディングロードにしても、ほとんどのコーナーが全開のまま走り切れちゃうくらい、コーナリング性能は高いと思いますよ。もっとも、想像だけで実際にはやっていませんけれど(笑)」

エンジンの話題が出たところで、シフトフィーリングについても話を聞いた。
「シフトフィーリングは全然大丈夫。感触も良好で不安を覚えない。例えば、どこか間違ったところに入っちゃいそうとか、変に重いとか入りにくいとかいうこともない。どのギアにもスポスポ入っちゃいますよ」

そろそろデザインに話題を変えてみよう。まずはエクステリアから。
「リアウイングは電動式なんですよね。おお、スイッチを入れると結構出てきますが、これ、本当に必要なんでしょうか? いや、リアのグリップが足りないならウイングでリアのダウンフォースを増やしてあげるのもいいけれど、現状でこれだけバランスがいいんだから、ウイングまで付けなくてもよかったような気もします」

では、インテリアはどうか?
「なかなかスポーツカーらしくて、かっこいいと思いますよ。シートの素材感も悪くないし、ステッチもきれいにそろっていていいですね。ただし、このステアリングホイールは僕の好みじゃないかな。ちょっとボッテリとしていますよね。もっとすっきりとしたデザインのほうが僕は好きです」

 
ホンダS660モデューロX(後編)の画像拡大
 
ホンダS660モデューロX(後編)の画像拡大
 
ホンダS660モデューロX(後編)の画像拡大
 
ホンダS660モデューロX(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る