アウディ、フラッグシップセダン「A8」の新型を発表

2018.09.05 自動車ニュース
新型「アウディA8」
新型「アウディA8」拡大

アウディ ジャパンは2018年9月5日、フラッグシップセダン「A8」の新型を発表した。同年10月15日に販売を開始する。

 
アウディ、フラッグシップセダン「A8」の新型を発表の画像拡大
 
アウディ、フラッグシップセダン「A8」の新型を発表の画像拡大
 
アウディ、フラッグシップセダン「A8」の新型を発表の画像拡大
 
アウディ、フラッグシップセダン「A8」の新型を発表の画像拡大
 
アウディ、フラッグシップセダン「A8」の新型を発表の画像拡大
 
アウディ、フラッグシップセダン「A8」の新型を発表の画像拡大
2018年9月1日に就任したばかりのアウディ ジャパンの新社長、フィリップ・ノアック氏(写真左)と、独アウディのエクステリアデザイナー、アマール・ファヤ氏。
 
2018年9月1日に就任したばかりのアウディ ジャパンの新社長、フィリップ・ノアック氏(写真左)と、独アウディのエクステリアデザイナー、アマール・ファヤ氏。
	 拡大

アウディの技術の粋を集めたフラッグシップモデル

「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」をスローガンに掲げるアウディが最新技術を注ぎ込み、常に新しいラグジュアリーサルーン像を提案してきたのが、フラッグシップセダンのA8である。例えば1994年に登場した初代モデルは、量産車として初めてオールアルミボディーの「ASF(アウディスペースフレーム)」を採用。その後も、インフォテインメントシステムの「MMI」や「マトリクスLEDヘッドライト」といった、さまざまな新技術を搭載してきた。

そのA8が8年ぶりにフルモデルチェンジされ、4代目に生まれ変わった。新型は、アウディの新しいデザインアプローチによってエクステリアを一新するとともに、48V電源とマイルドハイブリッドを用いたパワートレイン、レーザースキャナーを搭載して精度を高めた運転支援システムなどにより、大きな進化を遂げている。

ボディーサイズは、先代よりも全長が25mm、全高が5mm拡大して、それぞれ5170mm、1470mmとなる一方、全幅は5mm狭い1945mmに。ホイールベースは10mm拡大された3000mmで、ロングホイールベース版の「A8 L」では、全長、ホイールベースとも130mm長くなる。

この余裕あるサイズのボディーを軽量化するため、新型にもASFを採用。アルミに加えてカーボンファイバーやマグネシウム、スチールを組み合わせることで標準ホイールベースの「A8 55 TFSIクワトロ」では車両重量を2040kgに抑えるとともに、先代に比べて24%のねじり剛性アップを実現した。

エクステリアデザインは、2014年に発表されたコンセプトカーの「Audi prologue」に倣い、張りのある大きな面とシャープなエッジ、幅広く直立した新デザインのシングルフレームグリル、シャープな形状のヘッドライトなどによって特徴づけられる。一方、インテリアは水平基調のクリーンなデザインに加えて、スイッチ類を大幅に減らし、上下2つのタッチパネルによってシンプルなデザインと直感的な操作を可能とする「MMIタッチレスポンス」や、フルデジタルメーターの「アウディバーチャルコックピット」を採用することで、先進的なイメージを強めている。

パワーユニットは、最高出力340ps、最大トルク500Nmの3リッターV6直噴ターボと、同460ps、同660Nmの4リッターV8直噴ツインターボを用意。トランスミッションはいずれも8段ATが組み合わされ、クワトロによって4輪を駆動する。さらに、リチウムイオンバッテリーを用いた48V電源システムと、ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)を用いたマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を搭載。減速時のエネルギー回生能力が高まるほか、55~150km/hで走行時にアクセルペダルをオフにするとエンジンを停止してコースティング走行が可能となるなど、燃費向上に寄与する。

足まわりには全車にエアサスペンションを採用。また、4輪操舵の「AWS(ダイナミックオールホイールステアリング)」をオプション設定し、65km/h以下の低速では前輪と逆向きに後輪を操舵することで取り回し性を向上する一方、65km/h以上では後輪を前輪と同じ向きに操舵して操縦安定性を高める。

運転支援システムでは、近距離の広範囲の障害物を高精度で検出できるレーザースキャナーを量産車として初めて採用したほか、ミリ波レーダーや超音波センサー、カメラなど、最大23個のセンサーを搭載。衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロール、アクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合した運転支援システム「アダプティブドライブアシスト」などの精度を高めたという。

ラインナップと価格は以下の通り。「55」には3リッターV6エンジンが、「60」には4リッターV8エンジンが搭載される。

  • A8 55 TFSIクワトロ:1140万円
  • A8 60 TFSIクワトロ:1510万円
  • A8 L 60 TFSIクワトロ:1640万円

(文=生方 聡)

関連キーワード:
A8, アウディ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA8(4WD/8AT)/A7スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.9.24 試乗記 くしくも(?)2台そろい踏みでの日本上陸となったアウディの「A8」と「A7スポーツバック」。日本上陸が同時なら、公道試乗会も同時開催。「技術による先進」を掲げるブランドの、“ツートップ”の出来栄えやいかに!?
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.4 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、アウディの高性能ハッチバック車「RS 3スポーツバック」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、もはや万能とも思える実力の高さが伝わってきた。
ホームへ戻る