デビューから1年でカムリに“新顔”を追加
セダンに対するトヨタの本気度を測る

2018.09.12 デイリーコラム

満を持して追加されたニュー(?)フェイス

トヨタのミドルクラスセダン「カムリ」に、新グレードの「WS」が追加された。名前は“Worldwide&Sporty”の略らしいが、正直言って意味不明だし、浸透しそうな気が全然しない。テレビCMのうたい文句を思うに、今もこれからも「カムリスポーツ」と言った方が通りがいいかもしれない。

トヨタの東京本社にていち早く実車を見る機会に恵まれたのだが、やっぱり既存の「G」や「X」とは雰囲気がずいぶん違う。フロントマスクはもちろん、サイドシルもリアバンパーもホイールもデザインが違うし、おしりには専用のスポイラーまで付いているのだからさもありなん。インテリアを見ても、シート表皮やダッシュボードの装飾パネルなどがやはり変えられていた。

また、これはまだ試せていないが、実はダンパーも違う。プレスリリースには「より応答性の高い操舵フィーリングとフラットな走りを追求したサスペンションチューニングを行っています」とあるが、その実は内部のしゅう動部品、ロッドガイドブッシュとピストンバンド、オイルを改良。“ライントレース性”と“カーペットライド感”を同時に向上させ、乗り心地を損なうことなく操安性を高めたのだとか。標準車とは見た目がずいぶん違うWSだが、「違うのは見た目だけじゃあらへんで」ということ……らしい。確証をもって言えないのは、まだ乗れていないからである。毎度のことで恐縮だが、気になる人は後日公開予定の試乗記をお楽しみに。

今回の取材ではチーフエンジニアの勝又正人氏にお話をうかがう機会もあったのだが、氏いわく、普通こうした大幅な仕様違いを後から設定するとしたら「最速でもマイナーチェンジのタイミング」となるらしい。それがカムリの場合はわずか1年。対応の早さに驚かされるが、これには実はウラがある。読者諸兄姉におかれてはすでにご存じのことだろうが、新たに投入されたこの“新顔”、実はアメリカなどではデビュー当初から設定のあったデザインなのだ。

トヨタの東京本社に展示された「トヨタ・カムリWS」。
トヨタの東京本社に展示された「トヨタ・カムリWS」。拡大
「WS」にオプション設定、「WS“レザーパッケージ”」に標準設定される、切削光輝処理+ブラック塗装の18インチアルミホイール。
「WS」にオプション設定、「WS“レザーパッケージ”」に標準設定される、切削光輝処理+ブラック塗装の18インチアルミホイール。拡大
細かいところでは、ボディー同色のアウタードアハンドルや、リアコンビランプから下方へと垂れる、ダミーダクトも「WS」系グレードの特徴である。
細かいところでは、ボディー同色のアウタードアハンドルや、リアコンビランプから下方へと垂れる、ダミーダクトも「WS」系グレードの特徴である。拡大
リアビューを引き締める、ディフューザーを思わせるスポーティーな形状のバンパーと、2本出しのマフラー。
リアビューを引き締める、ディフューザーを思わせるスポーティーな形状のバンパーと、2本出しのマフラー。拡大
2017年1月のデトロイトモーターショーで発表された現行型「カムリ」(北米仕様)。右側のクルマのデザインにご注目である。
2017年1月のデトロイトモーターショーで発表された現行型「カムリ」(北米仕様)。右側のクルマのデザインにご注目である。拡大
トヨタ カムリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る