第5回:ボルボXC40(前編)

2018.09.26 カーデザイナー明照寺彰の直言
「ボルボXC40」
「ボルボXC40」拡大

ボルボの新しい小型車用プラットフォーム「CMA」を基に開発された「XC40」には、中身はもちろん、その外見……すなわちデザインにも新しい試みが取り入れられている。既存のモデルとは一線を画す造形を、現役デザイナーの明照寺氏はどう評価するのか。

ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーのトロフィーを持つボルボ・カーズのホーカン・サムエルソンCEO。「XC40」はそのデザインを含め、世界各国で高い評価を得ている。
ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーのトロフィーを持つボルボ・カーズのホーカン・サムエルソンCEO。「XC40」はそのデザインを含め、世界各国で高い評価を得ている。拡大
2018年3月に行われた日本導入発表会において、会場に展示された「XC40」。写真ではコンパクトに見える同車だが、その全幅は1875mmもある。
2018年3月に行われた日本導入発表会において、会場に展示された「XC40」。写真ではコンパクトに見える同車だが、その全幅は1875mmもある。拡大
ちなみに、日本仕様での「XC40」のディメンションは、全長×全幅×全高=4425×1875×1660mm。ホイールベースは2700mmとなっている。
ちなみに、日本仕様での「XC40」のディメンションは、全長×全幅×全高=4425×1875×1660mm。ホイールベースは2700mmとなっている。拡大
ボルボの新世代デザインを担ったトーマス・インゲンラート氏は、各モデルのデザインについて、「『90』シリーズを黒革靴とするなら『60』シリーズは茶色のバックスキン靴、『40』はプレミアムスニーカー」と評している。
ボルボの新世代デザインを担ったトーマス・インゲンラート氏は、各モデルのデザインについて、「『90』シリーズを黒革靴とするなら『60』シリーズは茶色のバックスキン靴、『40』はプレミアムスニーカー」と評している。拡大

その全幅にモノ申す

永福ランプ(以下、永福):明照寺さん、今回のテーマは連載初の輸入車、ボルボXC40です。

明照寺彰(以下、明照寺):これはすごく解説のしやすいデザインですね。

永福:そうなんですか。

明照寺:最近ボルボって、「S90」「V90」「XC60」あたりから、要するに新型のプラットフォームになってから、すごくデザインの評価が高いですよね。カーデザイナー業界でも同様なんですが、XC40に関しては、個人的にちょっと疑問があります。

永福:というと?

明照寺:CセグメントのSUVなのに、車幅が1875mmもありますよね。

永福:あ、そんなにありましたか!

明照寺:われわれデザイナーやモデラーが、仮にデザインの途中どこかのタイミングで、「片側につき幅を10mm余分にあげよう」と言われたら、めちゃめちゃうれしいです。片側10mmはほんとに効きます。全然違いますから。

永福:えーと、片側10mmずつというと、全幅で20mmですね。

明照寺:そうです。全幅が20mm違ったら、デザインはまるで変わってきます。

永福:つまり、ボルボはある意味反則ってことですね?

明照寺:決して反則じゃないですけど(笑)。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

ボルボ XC40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • 「ボルボXC40」にプラグインハイブリッドモデル登場 ボルボSUVのパワーユニットがすべて新世代に移行 2020.8.25 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2020年8月25日、コンパクトSUV「XC40」にプラグインハイブリッドモデルを設定するとともに、XC40およびミドルサイズSUV「XC60」、フラッグシップSUV「XC90」のパワートレインラインナップを一新し、同日、販売を開始した。
  • ボルボXC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション(FF/7AT)【試乗記】 2020.8.28 試乗記 パワーユニットの電動化を推進するボルボが、コンパクトSUV「XC40」初となるPHVを2021年モデルとして導入。1.5リッター直3ターボ+電気モーターを搭載する「リチャージプラグインハイブリッド」の出来栄えを確かめた。
  • ボルボXC40 B5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.16 試乗記 ボルボの電動化戦略の一翼を担う、SUV「XC40」のマイルドハイブリッドモデル。“エコ”ゆえにおとなしいキャラクターかと思いきや、その走りは驚くほどファン・トゥ・ドライブに満ちていた。
  • ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.30 試乗記 順次、全モデルをモーター付きにするというボルボの電動化戦略。その意欲的な計画を支える一台が、セールス好調のSUV「XC60」にも設定された。最新のマイルドハイブリッドシステムを搭載する「XC60 B5」、その走りやいかに?
ホームへ戻る