ウワサのSUVはどうなる?
フェラーリの新車戦略を読み解く

2018.10.03 デイリーコラム

ランボに負けてはイカン!

フェラーリは今後4年間に、15の新型車の発売を計画しており、うち6割をハイブリッド化。ずっとウワサされてきたSUVも、とうとう商品化されると見られている。

日本は、欧米に比べるとSUVの販売比率が比較的低い。カーマニアの間では、「ランクル」や「ジムニー」などの本格的クロカン4WDを除くと、SUVは「趣味性の低いクルマ」と見られている。

また、ポルシェやランボルギーニといったスーパースポーツブランドが、次々とSUVをリリースすることに対して、「しょせんビジネス優先なのか」という、諦めや失望も抱いている。

そんな中フェラーリだけは、いまだにSUVを持っていない。これは、長年フェラーリを率いてきたモンテゼーモロ氏がSUVを拒絶してきたからだが、それに関しては、「さすがフェラーリ!」「エライ!」といった反応が主だった。

そのフェラーリも、ついにSUVの軍門に下ると予想されているわけだが、私はそこに関しては、むしろ遅すぎたと思っている。

個人的には、「フェラーリ・フォー」やその後継モデルの「GTC4ルッソ」の造形には、まったく魅力を感じなかったし、それこそ「失望」の2文字だった。仮に、それに代わってカッコいいSUVが登場するならば、そっちのほうがずっといい。どうせ自分は買わないんだし――と言ったら身もふたもないですが。

ランボルギーニが「ウルス」の発売で販売台数を爆発的に伸ばし、近い将来フェラーリを超えるかもしれないという状況を考えると、フェラーリの経営サイドにすれば、スーパースポーツの王者として、SUVを出さないわけにはいかないだろう。フェラーリ派のやじ馬である私としても、ランボにコロリと負けるのは気分がよろしくないので、ウルスに負けないカッコいいSUVを開発して、巻き返してほしいと願っている。

しかしまぁ、近年のフェラーリのデザイン傾向を見ると、なんとなく、「マセラティ・レヴァンテ」や「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」の親玉みたいのが出てくるのかな、という予感は強い。それではウルスの個性に対抗できないのではないか? ここはひとつ、見たこともないような革新的フォルムをまとった、スーパーSUVの登場を望みたい。

伊フェラーリは2018年9月18日(現地時間)に投資家向けの説明会を開催し、2019年から2022年にかけての中期経営計画を発表した。今後4年間で15の新型車をマーケットに投入し、2022年には売上高50億ユーロ(2017年比で50%増)を目指すという。
伊フェラーリは2018年9月18日(現地時間)に投資家向けの説明会を開催し、2019年から2022年にかけての中期経営計画を発表した。今後4年間で15の新型車をマーケットに投入し、2022年には売上高50億ユーロ(2017年比で50%増)を目指すという。拡大
「プロサングエ」と呼ばれるブランド初のSUVは2022年に発売予定だとか。「マセラティ・レヴァンテ」(写真)や「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」の親玉みたいなデザインでないことを願う。
「プロサングエ」と呼ばれるブランド初のSUVは2022年に発売予定だとか。「マセラティ・レヴァンテ」(写真)や「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」の親玉みたいなデザインでないことを願う。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事