トヨタ・センチュリー(後編)

2018.10.11 谷口信輝の新車試乗 ショーファードリブンカー「トヨタ・センチュリー」の見どころは、後席だけにあらず。プロのレーシングドライバー谷口信輝が、そのコックピットから走りの印象を報告する。

誰でもスムーズに運転できる

センチュリーの快適性をまずは後席で満喫した谷口信輝。後編では、そのステアリングを握ってもらうことにした。

「後席でも感じたことですが、サスペンションはやっぱり柔らかいですよね。でも、ただ柔らかいだけではなく、バランスもちゃんと出ています。まあ、ハンドリング特性はどちらかといえばアンダーステアですが、決して扱いにくくはありません。それどころか“数字がきちんとそろって”いて、クルマとじっくり対話できます」

「例えば、次のコーナーに進入するときも、なんだかブレーキを踏まなくてもそのまま行けると思っちゃうくらい、クルマのバランスがいい。もちろん、ものすごいペースで走ればサイドウオールが接地するようになってアンダーステアに陥るでしょう。でも、そもそもそこまでタイヤを使っちゃいけないんです。僕はこのクルマのアンダーステアはそれほど強くないと思いますよ」

センチュリーのハンドリングに関する話を、もう少し詳しく聞いてみよう。
「決して鈍くさくないから、カーブを走っていてもうっとうしくない。さっきも言ったとおり、ハンドリングの数字がちゃんと並んでいるのでクルマとの対話が容易だし、先が読みやすい。視界もよくて、運転しやすいクルマです」

「ステアリングギアがわりとスローだから、ハンドルはグルグルとよく回ります。おそらく前輪もそれなりに切れているんでしょうが、さすがにホイールベースが長いから小回りが利くというところまではいかない。それでも持てあますことがない程度にはよく切れると思いますよ」

さらに谷口は、センチュリーだったら腕があまりよくないドライバーでもスムーズな運転ができるはずと太鼓判を押す。
「クルマの挙動がすごく穏やかなので、急な操作をしても変な揺れは起こらない。それは加速しても減速してもコーナーを曲がっても同じこと。乗員の感じるGが急に立ち上がることがないので、体が揺れなくて快適なんです。お抱え運転手があんまり上手じゃなくても、これだったら気にならないでしょうね」

 
トヨタ・センチュリー(後編)の画像拡大
 
トヨタ・センチュリー(後編)の画像拡大
 
トヨタ・センチュリー(後編)の画像拡大
 
トヨタ・センチュリー(後編)の画像拡大

トヨタ・センチュリー
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5335×1930×1505mm/ホイールベース:3090mm/車重:2370kg/駆動方式:FR/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/最高出力:381ps(280kW)/6200rpm/最大トルク:510Nm(52.0kgm)/4000rpm/モーター最高出力:224ps(165kW)/モーター最大トルク:300Nm(30.6kgm)/システム最高出力:431ps(317kW)/タイヤ:(前)225/55R18 98H/(後)225/55R18 98H(ブリヂストン・レグノGR001)/燃費:13.6km/リッター(JC08モード)/価格:1960万円


	トヨタ・センチュリー
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5335×1930×1505mm/ホイールベース:3090mm/車重:2370kg/駆動方式:FR/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/最高出力:381ps(280kW)/6200rpm/最大トルク:510Nm(52.0kgm)/4000rpm/モーター最高出力:224ps(165kW)/モーター最大トルク:300Nm(30.6kgm)/システム最高出力:431ps(317kW)/タイヤ:(前)225/55R18 98H/(後)225/55R18 98H(ブリヂストン・レグノGR001)/燃費:13.6km/リッター(JC08モード)/価格:1960万円
	拡大

関連キーワード:
センチュリー, トヨタ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・マークX“GRMN”(FR/6MT)【試乗記】 2019.1.14 試乗記 トヨタのFRセダン「マークX」をベースに、TOYOTA GAZOO Racingが開発した「マークX“GRMN”」。モータースポーツで得た知見が惜しみなく注がれたコンプリートカーは、走りにこだわるドライバーにこそ試してほしいスポーツセダンに仕上がっていた。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
  • 日産リーフe+プロトタイプ(FF)【試乗記】 2019.1.11 試乗記 日産の電気自動車(EV)「リーフ」に、バッテリーとモーターの性能を大幅に強化した「e+(イープラス)」が追加設定された。とはいえ発売前ということで、公道走行はNG……。まずはクローズドコースで動力性能を試しつつ、570kmにまで延びた最大航続距離に思いをめぐらせた。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.12.26 試乗記 BMWのセダンをBMWのセダンたらしめてきたものといえば、ライバルとは一線を画した走りのスポーティーさだ。7代目となる新型「3シリーズ」は、歴代モデルが受け継いできたそのアイデンティティーを、一気に昇華させたモデルといえるだろう。スペイン南部、アルガルヴェで試した。
ホームへ戻る