クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第7回:アルピーヌA110(前編)

2018.10.10 カーデザイナー明照寺彰の直言
「アルピーヌA110」
「アルピーヌA110」拡大

レースやラリーで名をはせた「アルピーヌ」の名とともに、復活を遂げたフランスのスポーツカー「アルピーヌA110」。尻下がりのフォルムや特徴的な各部のプレスラインなど、オリジナルを忠実に再現したその意匠を、現役のカーデザイナーはどう評するのか?

サイドビューでは、Bピラーの根本を頂点に、リアへ向かって緩やかに下降していく“尻下がり”のショルダーラインが特徴。
サイドビューでは、Bピラーの根本を頂点に、リアへ向かって緩やかに下降していく“尻下がり”のショルダーラインが特徴。拡大
上から見ると、ボディーサイドのラインもリアへ向けて絞り込まれているのが分かる。新型「アルピーヌA110」のリアまわりは、上と左右の3方からすぼめられたデザインとなっているのだ。
上から見ると、ボディーサイドのラインもリアへ向けて絞り込まれているのが分かる。新型「アルピーヌA110」のリアまわりは、上と左右の3方からすぼめられたデザインとなっているのだ。拡大
“尻下がり”“尻すぼみ”のデザインから、見る角度によってはリアタイヤの踏ん張りがイマイチ感じられない新型「A110」。しかし、実際には写真の通り、左右に大きく張り出したフェンダーによりワイドなトレッドが確保されている。
“尻下がり”“尻すぼみ”のデザインから、見る角度によってはリアタイヤの踏ん張りがイマイチ感じられない新型「A110」。しかし、実際には写真の通り、左右に大きく張り出したフェンダーによりワイドなトレッドが確保されている。拡大
永福:「相対的に頭でっかちだから、FFのスポーツカーに見えるんですよ」
明照寺:「確かに、“駆動方式不明”な雰囲気はありますよね」
永福:「相対的に頭でっかちだから、FFのスポーツカーに見えるんですよ」
	明照寺:「確かに、“駆動方式不明”な雰囲気はありますよね」拡大

写真より実物のほうがいい

永福ランプ(以下、永福):明照寺さん、今回は話題の復刻スポーツ、アルピーヌA110なんですが。

明照寺彰(以下、明照寺):アルピーヌ、先日初めて実車を見て、けっこう欲しいなと思っちゃいました。

永福:そ、そうですか!

明照寺:オリジナルのデザインを現代的に解釈しているわけですが、基本的なモチーフは変えていないですね。特にヘッドライトからテールまでつながる強いショルダーライン、それがリアにかけて下がっていくところが、すごくきれいに表現されています。上面から見たカーブ、側面から見たカーブ、その両方がお尻に向かってギューッと絞られている。それがすごくきれいだなって思いました。

永福:うーん。……実は自分は、写真で見た段階で、これはダメだなという印象でした。

明照寺:私も写真で見る限りでは、「なんだこれ?」って感じでしたよ。

永福:えっ、なぜ?

明照寺:リアが絞られすぎていて、スタンスの広さが感じられなかったんです。ひょろ長いクルマみたいで、タイヤの踏ん張り感が見えなかった。それと、フロントがちょっと高くも感じました。フロントが高くてリアが低いのは、スポーツカーとしてはちょっと違うんじゃないかということですね。

永福:そうなんです。ミドシップなのに、FFっぽく見える。

明照寺:通常、スポーツカーはフロントが低くてリアが高いというのが定石ですから。その点アルピーヌは、写真で見ても動画を見ても、あんまり良くないなぁと思いました。

細かい違いが違和感を生む

永福:細部を見ると、オリジナルをすごく丁寧に再現していて、つまりソックリって言ったら変なんですが、とてもソックリですよ。でも全体から受ける印象はずいぶん違う。だから、かえってニセモノみたいに見えてしまった。

明照寺:そういうところはあるかもしれません。例えばフロントのバンパー付近とか、オリジナルは下部を内側にしまい込んだデザインで、それが塊(かたまり)感を演出していますよね。新型アルピーヌもサイドとリアはすごくオリジナルに忠実なんですけど、フロントだけが最近のクルマっぽい。左右に斜めにウイング形状の柱が立っていて、その下にエアダムがある。それで形状の“強さ”がスポイルされてしまっていると思います。

ほった:それにこれ、なんというかバンパーの左右が“頰がこけた”みたいに見えますね。それと、こうして“新旧”を見比べると、フロントのボリューム感がずいぶん違う。

永福:オリジナルは、リアも低いけどフロントもうんと低い。トータルで非常にバランスが取れてる。でも新型は、なにかがちょっとヘンなんですよ。

明照寺:フロント以外はゴリッとした塊感があるんだけど、この部分だけ、何か「違うクルマのように見えるな」というのはあります。ただ、これはおそらく衝突安全や歩行者保護の要件を満たすために、仕方なかったんじゃないかな。空力も含めてですが。

ほった:フロントフードが低すぎると、安全性をクリアするのが難しい? A110はフロントにエンジンのないミドシップのクルマですけど。

明照寺:今の衝突要件って、ものすごく複雑なんです。最近よくエアダム部に突起がついているクルマがありますよね、新型アルピーヌにもありますけど。アルピーヌではただのデザインかもしれませんが、一般的にあれは空力対策のように見えて、実は衝突要件がからんだカタチの場合もあるんですよ。

永福:えっ、あれが?

明照寺:細かい説明ははしょりますが、「あの突起から外側は側面だと認証されることで、他の部分のデザイン自由度が増す」とか、そういう事情があるんです。

永福:そんなの、シロウトには見当もつきません(笑)。

ほった:難解なパズルを組み立てているようですね。説明されても理解できる自信がない。

1962年から1977年まで生産された“元祖”「アルピーヌA110」。写真はモデル末期の1976年のもの。
1962年から1977年まで生産された“元祖”「アルピーヌA110」。写真はモデル末期の1976年のもの。拡大
新型「アルピーヌA110」。こうして見ると、オリジナルに対して「どこを似せ、どこを似せなかったか」がよく分かる。
新型「アルピーヌA110」。こうして見ると、オリジナルに対して「どこを似せ、どこを似せなかったか」がよく分かる。拡大
オリジナルとは大きく意匠が異なるのが、フロントバンパーの下部。オリジナルにはない大きな開口部と、エアダムが備えられている。
オリジナルとは大きく意匠が異なるのが、フロントバンパーの下部。オリジナルにはない大きな開口部と、エアダムが備えられている。拡大
歩行者保護の問題もあり、ボンネットの低いクルマは年々造るのが難しくなっているという。「マツダ・ロードスター」などは、ボンネットに衝突時に作動するポップアップ機構を備えることで、この問題をクリアしている。
歩行者保護の問題もあり、ボンネットの低いクルマは年々造るのが難しくなっているという。「マツダ・ロードスター」などは、ボンネットに衝突時に作動するポップアップ機構を備えることで、この問題をクリアしている。拡大
最近のクルマでよく見かけるエアダムの“突起”。空力のためというよりは、衝突安全のための要件を満たしつつ、車体の前側方に“デザインしろ(デザインに使えるだけのボリューム)”を確保するためのものなのだとか。
明照寺:「これでデザインできる余地を確保しておかないと、フロントオーバーハングの左右が痩せてしまうんですよ」
最近のクルマでよく見かけるエアダムの“突起”。空力のためというよりは、衝突安全のための要件を満たしつつ、車体の前側方に“デザインしろ(デザインに使えるだけのボリューム)”を確保するためのものなのだとか。
	明照寺:「これでデザインできる余地を確保しておかないと、フロントオーバーハングの左右が痩せてしまうんですよ」拡大

カタチやディテールは似せられても……

永福:新型を見ても、なぜあまりグッとこないのかなあって思って、一生懸命眺めたんですけど、やっぱりオリジナルのイメージがあまりにも強烈なんです。具体的には『CGTV』のオープニングで見たアルピーヌなんですけど。

ほった:実車はあんまり見る機会ないですからねえ。

永福:比べちゃうと、面の質感そのものが違いすぎる。オリジナルは、FRPボディーを最後は手で磨いて仕上げてるわけですよね? その質感をプレス加工の金属パネルで表現するのはやっぱり無理なのかなって。工芸品と大量生産品との違いですね。

明照寺:確かに作り方は全然違います。ボディーラインとかランプ関係とかはとてもよく再現していますけど、60年代のクルマのあの雰囲気までは、なかなか再現できないでしょう。

永福:もうちょっとモチーフだけ使った、モダンなデザインにしていれば、こんなことは思わなかったんですが。

明照寺:そこはやっぱり新旧MINIと同じじゃないでしょうか。ミニって、昔は「あんなにちっちゃいのに4人がちゃんと乗れる」って、小さいからこそ評価されていたところがあるわけで。でも今のMINIって、そういう志よりスタイル優先ですよね。良しあしではなくて、そういうものを社会が求めているんだと思います。

ほった:昔のクルマはホントに小さかったですよね。今年のオートモビル カウンシルで新旧アルピーヌが並べられていたんですけど、旧のほうの凝縮感は尋常じゃなかったですよ。

永福:新旧並べちゃったらもう、新型はセリカのリバイバル? っ思ってしまうなぁ。

明照寺:確かにそれはありますね(笑)。

永福:でも明照寺さんは、実車の新型アルピーヌを見て、欲しいと思ったわけですよね。それはなぜですか?

明照寺:それはですね……。

(文=永福ランプ<清水草一>) 
 

ディエップ工場にて、ラインオフする「アルピーヌA110」とアルピーヌの創業者であるジャン・レデレ(1971年)。かつてのアルピーヌA110は、バックボーンフレームにFRP製のボディーをかぶせる方法で生産されていた。
ディエップ工場にて、ラインオフする「アルピーヌA110」とアルピーヌの創業者であるジャン・レデレ(1971年)。かつてのアルピーヌA110は、バックボーンフレームにFRP製のボディーをかぶせる方法で生産されていた。拡大
新型「アルピーヌA110」は、プレス加工のアルミ材でボディーが形成されている。FRP製だったかつてのA110と比べると、塗装の上からでもパネルの素材感の違いは明白に分かる。
新型「アルピーヌA110」は、プレス加工のアルミ材でボディーが形成されている。FRP製だったかつてのA110と比べると、塗装の上からでもパネルの素材感の違いは明白に分かる。拡大
2015年の「インターナショナル・ミニ・ミーティング」の会場より、“オリジナル・ミニ”こと「ローバー・ミニ」(右)と「MINI 5ドア」(左)。
2015年の「インターナショナル・ミニ・ミーティング」の会場より、“オリジナル・ミニ”こと「ローバー・ミニ」(右)と「MINI 5ドア」(左)。拡大
2018年の「オートモビル カウンシル」にて、新型「アルピーヌA110」とともに展示されていた1974年製「アルピーヌA110 1600SC」。
2018年の「オートモビル カウンシル」にて、新型「アルピーヌA110」とともに展示されていた1974年製「アルピーヌA110 1600SC」。拡大
新型も十分にコンパクトな「アルピーヌA110」だが、“オリジナル”はモデル末期でさえ全長×全幅×全高=3850×1550×1100mm(1976年のモデル)と、それに輪をかけて小さなクルマだった。
新型も十分にコンパクトな「アルピーヌA110」だが、“オリジナル”はモデル末期でさえ全長×全幅×全高=3850×1550×1100mm(1976年のモデル)と、それに輪をかけて小さなクルマだった。拡大
明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アルピーヌ A110 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。