第7回:アルピーヌA110(前編)

2018.10.10 カーデザイナー明照寺彰の直言
「アルピーヌA110」
「アルピーヌA110」拡大

レースやラリーで名をはせた「アルピーヌ」の名とともに、復活を遂げたフランスのスポーツカー「アルピーヌA110」。尻下がりのフォルムや特徴的な各部のプレスラインなど、オリジナルを忠実に再現したその意匠を、現役のカーデザイナーはどう評するのか?

サイドビューでは、Bピラーの根本を頂点に、リアへ向かって緩やかに下降していく“尻下がり”のショルダーラインが特徴。
サイドビューでは、Bピラーの根本を頂点に、リアへ向かって緩やかに下降していく“尻下がり”のショルダーラインが特徴。拡大
上から見ると、ボディーサイドのラインもリアへ向けて絞り込まれているのが分かる。新型「アルピーヌA110」のリアまわりは、上と左右の3方からすぼめられたデザインとなっているのだ。
上から見ると、ボディーサイドのラインもリアへ向けて絞り込まれているのが分かる。新型「アルピーヌA110」のリアまわりは、上と左右の3方からすぼめられたデザインとなっているのだ。拡大
“尻下がり”“尻すぼみ”のデザインから、見る角度によってはリアタイヤの踏ん張りがイマイチ感じられない新型「A110」。しかし、実際には写真の通り、左右に大きく張り出したフェンダーによりワイドなトレッドが確保されている。
“尻下がり”“尻すぼみ”のデザインから、見る角度によってはリアタイヤの踏ん張りがイマイチ感じられない新型「A110」。しかし、実際には写真の通り、左右に大きく張り出したフェンダーによりワイドなトレッドが確保されている。拡大
永福:「相対的に頭でっかちだから、FFのスポーツカーに見えるんですよ」
明照寺:「確かに、“駆動方式不明”な雰囲気はありますよね」
永福:「相対的に頭でっかちだから、FFのスポーツカーに見えるんですよ」
	明照寺:「確かに、“駆動方式不明”な雰囲気はありますよね」拡大

写真より実物のほうがいい

永福ランプ(以下、永福):明照寺さん、今回は話題の復刻スポーツ、アルピーヌA110なんですが。

明照寺彰(以下、明照寺):アルピーヌ、先日初めて実車を見て、けっこう欲しいなと思っちゃいました。

永福:そ、そうですか!

明照寺:オリジナルのデザインを現代的に解釈しているわけですが、基本的なモチーフは変えていないですね。特にヘッドライトからテールまでつながる強いショルダーライン、それがリアにかけて下がっていくところが、すごくきれいに表現されています。上面から見たカーブ、側面から見たカーブ、その両方がお尻に向かってギューッと絞られている。それがすごくきれいだなって思いました。

永福:うーん。……実は自分は、写真で見た段階で、これはダメだなという印象でした。

明照寺:私も写真で見る限りでは、「なんだこれ?」って感じでしたよ。

永福:えっ、なぜ?

明照寺:リアが絞られすぎていて、スタンスの広さが感じられなかったんです。ひょろ長いクルマみたいで、タイヤの踏ん張り感が見えなかった。それと、フロントがちょっと高くも感じました。フロントが高くてリアが低いのは、スポーツカーとしてはちょっと違うんじゃないかということですね。

永福:そうなんです。ミドシップなのに、FFっぽく見える。

明照寺:通常、スポーツカーはフロントが低くてリアが高いというのが定石ですから。その点アルピーヌは、写真で見ても動画を見ても、あんまり良くないなぁと思いました。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)【試乗記】 2020.2.26 試乗記 新生「アルピーヌA110」のハイパフォーマンスバージョン「A110S」に試乗。+40PSのエンジンパワーと固く引き締められた足まわりがもたらした、ノーマルモデルとの走りの違いをリポートする。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.3.5 試乗記 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン」の高性能モデル「GTS」に、水平対向6気筒自然吸気エンジンが復活した。従来の4気筒ターボ版「GTS」比で35PS増しとなる最高出力400PSの「GTS 4.0」は、どんな走りを披露するのか。ポルトガルでの初試乗をリポートする。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2020.3.24 試乗記 内外装のデザイン変更やユーザーインターフェイスの改善など、ブラッシュアップが図られたメルセデスAMGのフラッグシップ2ドアクーペ「GT」シリーズ。ラインナップの中で最も硬派な「GT R」をワインディングロードに連れ出し、その進化を確かめた。
ホームへ戻る