クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ハスクバーナ・ヴィットピレン701(MR/6MT)

歴史がつむぐシングルビート 2018.10.14 試乗記 スウェーデン発のバイクブランド、ハスクバーナがリリースした単気筒エンジンのロードモデル「ヴィットピレン701」。軽量モデルとは思えないしっとりとしたハンドリングと、単気筒エンジン特有の鼓動感を味わいながら、このモデルを誕生させたバイクメーカーの数奇な歴史に思いをはせた。

単気筒への愛を感じる

ハスクバーナのヴィットピレンは、個性的なデザインや単気筒エンジンの楽しさ、乗りやすさなどで最近注目を集めているスポーツバイクだ。しかし、このバイクの魅力は走りだけでなく、その生い立ちにもある。

ヨーロッパには昔から数多くの中小バイクメーカーがあり、個性的かつ魅力的なオフロードバイクを多数輩出していた。シングルエンジンもそういった中で独自に進化していった。

そんな中、KTMが作り出したのが「690」のエンジンだ。エンデューロだけでなく、オンロードで使うことも同時に考えられたこのエンジンはハイパワーで、空力的に厳しいオフロードのスタイルでも最高速は200km/hに達し、180km/hでも不快な振動を感じることがなく巡行できるほどだった。

耐久性も大幅に向上していた。それまでのヨーロッパ製シングルは、ベースが競技用だったため耐久性が高くなかったのだ。まさにKTMシングルの総決算ともいうべきエンジンだったのである。

ヴィットピレンは、このエンジンを受け継ぎ、さらなる改良を加えて熟成させた。その結果、常用域において素晴らしい快活さを発揮するようになった。スロットルを開けた瞬間、マシンは飛び出すように加速する。マルチのように回転が上がるのを待つ必要はない。シートの上で体が後ろに移動してしまうぐらいの瞬発力だ。

高回転の過激さは若干おとなしくなった感じがするけれど、その代わりに低中速の扱いやすさと力強さが向上した感じだ。性能という点でも高得点なのだけれど、そのフィーリングは、単気筒特有の鼓動感と力強いトルクに満ちあふれている。シングルを愛している人たちが大事に作り上げてきたエンジンであることが体に伝わってくるようだ。

コンセプトモデルそのままの斬新なスタイリングが目を引く「ヴィットピレン701」。弟分の「ヴィットピレン401」より3カ月ほど遅れて、2018年7月に日本に導入された。
コンセプトモデルそのままの斬新なスタイリングが目を引く「ヴィットピレン701」。弟分の「ヴィットピレン401」より3カ月ほど遅れて、2018年7月に日本に導入された。拡大
現在ハスクバーナのロードモデルには「ヴィットピレン701」「ヴィットピレン401」「スヴァルトピレン401」の3台がラインナップ。700ccクラスのスクランブラー「スヴァルトピレン701」も登場が待たれている。
現在ハスクバーナのロードモデルには「ヴィットピレン701」「ヴィットピレン401」「スヴァルトピレン401」の3台がラインナップ。700ccクラスのスクランブラー「スヴァルトピレン701」も登場が待たれている。拡大
692.7ccの排気量を持つ水冷単気筒OHCエンジン。スロットルを開けると間髪いれず駆動力をデリバリーするレスポンスの良さが身上だ。
692.7ccの排気量を持つ水冷単気筒OHCエンジン。スロットルを開けると間髪いれず駆動力をデリバリーするレスポンスの良さが身上だ。拡大
キャストホイールのスポークにあしらわれたハスクバーナのロゴマーク。現在ハスクバーナは、オーストリアのバイクメーカー、KTMの傘下にある。
キャストホイールのスポークにあしらわれたハスクバーナのロゴマーク。現在ハスクバーナは、オーストリアのバイクメーカー、KTMの傘下にある。拡大
車両重量は燃料を除いた状態で157kgと、250ccクラスに比肩するほど軽量となっている。
車両重量は燃料を除いた状態で157kgと、250ccクラスに比肩するほど軽量となっている。拡大
サスペンションは前がφ43mmの倒立フォークで、後ろがリンク式モノショック。ともにWP製で、135mmのストロークが確保されている。
サスペンションは前がφ43mmの倒立フォークで、後ろがリンク式モノショック。ともにWP製で、135mmのストロークが確保されている。拡大
ブラックとブラウンの配色がシックなマフラー。オプションでアクラポヴィッチ製のスリップオンマフラーも用意される。
ブラックとブラウンの配色がシックなマフラー。オプションでアクラポヴィッチ製のスリップオンマフラーも用意される。拡大
「ヴィットピレン401」の日本仕様は、2人乗りとするため、シートの後端に“手すり”が追加されていたが、「701」はシート中央にベルトが備わっているのでその必要はなく、よりコンセプトモデルに近いスタイリングをかなえている。
「ヴィットピレン401」の日本仕様は、2人乗りとするため、シートの後端に“手すり”が追加されていたが、「701」はシート中央にベルトが備わっているのでその必要はなく、よりコンセプトモデルに近いスタイリングをかなえている。拡大

誰にでも楽しめる軽量シングル

しっとりとしたハンドリングにも好感が持てる。軽量なマシンは運動性だけ考えれば有利そうに思えるが、タイヤを押し付ける力が少なくなり、安定性や乗り心地を確保することが重量車に比べて難しくなる。“軽いけれど乗りこなすのにコツがいる”というマシンになりがちなのだ。しかしヴィットピレンは安定感もタイヤの接地感も高く、ストリートでのコーナリングでまったく不安がない。誰にでも乗れて、シングルの楽しさを味わうことができるモデルである。

ヨーロッパ製シングルの魅力に引かれ、1990年代前半からハスクバーナに乗り続けて来た自分にとって、ヴィットピレンは感慨深いモデルである。KTMとハスクバーナは、いつの時代も最大のライバルだった。そして両者の間にはフサベルの存在もある。80年代後半、ハスクバーナがカジバに吸収されるとき、それを嫌った設計スタッフが飛び出して自らのブランド、フサベルを設立したのだ。そしていつの時代も世の中の流れなど感知しないとばかりに独創的なエンジンを作っていく。この気骨あふれるメーカーはその後、KTMの傘下に入ることになる。

ハスクバーナはさまざまな企業のもとを転々とした。ブランド自体もなくなってしまうのではないかとファンをやきもきさせたが、数年前にKTMの傘下となった。そしてフサベルのブランドが消えてハスクバーナと統合されることになったのである。かつての最大ライバルのもとで、分裂していたブランドが一つになり、そしてかつてのライバルが作ったエンジンを搭載する。ヨーロッパのオフロードを席巻していた3大メーカーのエッセンスがこの一台に集約しているのである。

(文=後藤 武/写真=三浦孝明/編集=堀田剛資)

ハスクバーナ・ヴィットピレン701
ハスクバーナ・ヴィットピレン701拡大
 
ハスクバーナ・ヴィットピレン701(MR/6MT)【レビュー】の画像拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=--×--×--mm
ホイールベース:1434mm
シート高:830mm
重量:157kg(燃料を除く)
エンジン:693cc 水冷4ストローク単気筒 OHC 4バルブ
最高出力:75ps(55kW)/8500rpm
最大トルク:72Nm(7.3kgm)/6750rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:--km/リッター
価格:135万5000円

注目の記事PR
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
関連記事
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。