第575回:変革期における自動車ショーのあり方とは!?
大矢アキオがパリモーターショーに潜入取材

2018.10.12 マッキナ あらモーダ!

これっきりですか

「14ブランドが不参加」「あのフォルクスワーゲン(VW)も欠席」……。フランスのメディアはパリモーターショー2018を、こうした見出しや書き出しで伝えた。

パリショーは2018年で120年目。現存するモーターショーでは世界最古である。通算にしても88回目だ。それを機に大会ロゴも含めて大幅リニューアルが行われ、二輪ショーも同時開催となった。

しかし自動車メーカーの展示パビリオンは3館にとどまり、2日設けられたプレスデーのプレゼンテーションに関していえば、主要メーカーの分は1日目の昼過ぎにはおおかた終わってしまった。

筆者が会場で出会ったジャーナリストたちからは「かなり寂しい」「中身が薄い」といった感想が次々と聞こえ、「2日目は予定より早めに切り上げるよ」と告げた人もいた。

一般公開日の初日も入り口にチケット購入待ちの大きな列はなく落ち着いていた。ダフ屋にもあまり客がつかない。フランスのフォード変速機工場の従業員が人員削減をめぐり、地下鉄の駅からブース内の展示車にまでゲリラ張り紙をして騒いでいた数年前のような喧騒(けんそう)はもはやなかった。

ルノーはパリショーと同じく120周年を迎えた。1898年の1号車の脇では、当時のピクニックシーンを再現するパフォーマンスが繰り広げられていた。
ルノーはパリショーと同じく120周年を迎えた。1898年の1号車の脇では、当時のピクニックシーンを再現するパフォーマンスが繰り広げられていた。拡大
ルノー・デザインを率いるローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏が最新コンセプトカー「EZ-ULTIMO」を紹介する。ツーリスト向けの自動運転車でクラブメッドやエビアンリゾートともコラボレートを展開する。
ルノー・デザインを率いるローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏が最新コンセプトカー「EZ-ULTIMO」を紹介する。ツーリスト向けの自動運転車でクラブメッドやエビアンリゾートともコラボレートを展開する。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事