第181回:デューセンバーグは闇に潜む陰謀の象徴なのか
『アンダー・ザ・シルバーレイク』

2018.10.12 読んでますカー、観てますカー

A24は鉄板のブランド

日本人が映画を観る本数は年間1.3本ほどだという統計がある。そもそも映画なんて観ないという人を除けば、年に5、6回映画館に出掛けるというのが平均的なところだろう。昨年公開された映画は洋画邦画合わせて約1200本。映画評論家でもすべての作品を見ることはできない数だ。その中からどうやって自分の観るべき作品を選べばいいのか。俳優、監督、原作となっている小説や漫画の評判などが指標になりそうだ。

もう一つ、製作会社というのも重要な判定基準になる。アニメ映画では、ジブリやピクサーなどが鉄板のブランドだ。実写映画で最近注目されているのが、A24というスタジオである。2012年に設立された新しい会社で、映画やテレビ番組の製作や配給を行っている。2013年の『スプリング・ブレイカーズ』で名を上げ、当欄で紹介した『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』『ヤング・アダルト・ニューヨーク』も配給した。2016年に製作した『ムーンライト』はアカデミー作品賞を受賞している。

日本で今年公開された『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』『レディ・バード』、もうすぐ公開される『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』もA24作品だ。いずれも若手の実力派監督を起用したり斬新なテーマを扱っていたりして、大手の映画製作会社にはできない挑戦的な姿勢を見せている。映画ファンの間では、A24なら間違いない、という共通認識が生まれつつあるのだ。

『アンダー・ザ・シルバーレイク』は、A24の最新作。監督は『イット・フォローズ』でホラー映画の新境地を開拓したデヴィッド・ロバート・ミッチェルだ。A24に認められたということは、才能に太鼓判を押されたという意味を持つ。

(C)2017 Under the LL Sea, LLC
(C)2017 Under the LL Sea, LLC拡大
 
第181回:デューセンバーグは闇に潜む陰謀の象徴なのか『アンダー・ザ・シルバーレイク』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事