現行型オーナーに聞いた
新型「BMW 3シリーズ」はここがうらやましい!

2018.10.17 デイリーコラム

変わり幅はマイナーチェンジレベル

「BMW 3シリーズ」は、カーマニア心と実用性の最大公約数(個人の感想です)として、代々世界中で愛されているが、傑作の呼び声高い現行3シリーズ(6代目のF30系)もついにフルモデルチェンジが迫っている。先日のパリモーターショーでは、新型の「セダン」が発表された。

現行3シリーズ(激安中古「320dスポーツ」)のオーナーから見て、新型3シリーズはどう映ったか?

写真を見ての第一印象は、「そんなに変わってないな~」だった。

3シリーズは代々、キープコンセプトではあるけれど、見た目も中身もそれなりに変わってきている。が、7代目は、現行モデルのマイナーチェンジ版に見えなくもない。フェラーリでいうと「308」から「328」、あるいは「458」から「488」のような。

細部を見ると、逆に「現行のほうがシンプルでカッコ良くないか?」という思いも湧いてくる。特に新型のフロントまわり、バンパーのあたりは、写真で見る限りボコボコグネグネしている印象で、迫力を出そうとするあまり、無意味な造形が増えているんじゃないかとの危惧を抱いてしまう。

その他、サイドビューやリアビューは順当にカッコいいが、「うらやまし~!」と思うほどのものではない。

サイズは、順当な拡大ぶりとでも申しましょうか。全長×全幅×全高は4709×1827×1442mmで、現行モデルに対して76mm長く、16mm幅広く、1mm高くなっているとのこと。

世界の趨勢(すうせい)から見て、これくらいの拡大はしょうがない。が、個人的には、最後のギリギリの一線を越えて、大きくなりすぎた気もする。

大きなキドニーグリルを備えるのは、最近のBMW車のトレンド。ヘッドランプユニットの下辺にはくぼみが付けられている。
大きなキドニーグリルを備えるのは、最近のBMW車のトレンド。ヘッドランプユニットの下辺にはくぼみが付けられている。拡大
従来型よりも55kg以上軽量化されたというのもアピールポイント。その一方で、50:50の前後重量配分はキープしている。
従来型よりも55kg以上軽量化されたというのもアピールポイント。その一方で、50:50の前後重量配分はキープしている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事