クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

「ハイ、メルセデス」で話題の「MBUX」
試して分かった「できること」と「できないこと」

2018.10.31 デイリーコラム

とにかくいじってみたい!

2018年10月18日に国内デビューした新型「メルセデス・ベンツAクラス」。その商品発表会でクルマのカッコよさに感激した筆者だが、会場で行われた「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」のデモンストレーションにも大感激した。

ご存じの方も多いと思われるが、MBUXはメルセデスの最新鋭の車載インフォテインメントシステムである。「ハイ、メルセデス」で起動する優れた音声認識システムを備えており、自然な対話のようにして、カーナビの目的地設定をしたり、車両の機能をコントロールしたりできる。詳しくはこちらこちらをご参照いただきたいのだが、とにかく筆者は、いじってみたくてたまらなくなった。

輸入元であるメルセデス・ベンツ日本(MBJ)に問い合わせてみると、まだ広報活動用の貸し出し車両は用意していないのだが、ユーザー向けの展示車両があるのでそれをどうぞという寛大な対応をしていただく。というわけで某日、東京・六本木にあるメルセデスのブランド発信施設「Mercedes me(メルセデス ミー)」にお邪魔してきた。MBUXとの“交流”の様子をお伝えする。

東京・六本木のメルセデス ミーに展示されていたのは、新型「Aクラス」のデビューを記念した限定車「エディション1」だった。
東京・六本木のメルセデス ミーに展示されていたのは、新型「Aクラス」のデビューを記念した限定車「エディション1」だった。拡大

関西弁は使えるのか!?

まずはお手本どおりの使い方をチェックする。MBUXは「暑い」と言えばエアコンの温度設定を1℃下げてくれるし、「寒い」と言えば今度は1℃上げてくれる。音声認識もその後の作動もスムーズで、このあたりについては、Appleの「Siri」にもヒケを取らないように感じた。ただし、暑いと思っているときに1℃ぽっち下げてもらっても……というのが正直なところだ。そこで今度は「とても暑い」と言ってみる。するとMBUXは反応しなかった。MBJのスタッフに聞いてみると「そういう場合は温度を直接指定していただければ」ということで、「温度を20℃に」と言うとMBUXは即座に対応してくれた。

続いてはカーナビ機能を試す。「東京タワーに行きたい」と言うとセンタースクリーンに目的地候補が3つほど表示される。このときは「東京タワー」「モスバーガー東京タワー店」「31アイスクリーム東京タワー店」の3つだったが、それぞれに番号が振られているので、好みのものを指定すれば目的地設定は完了する(住所はどれも同じだけど)。ちなみに「東京タワー、行ってみたいねん」と、テキトーな関西風の言葉づかいをしてみたのだが、問題なく認識された。

目的地ではなく、目的を伝えてもいいのが面白いところで「おすしを食べたい」「カレーを食べたい」と言ってみると、それぞれ近隣のお店がきちんと表示される。もちろん、「ガソリンを入れたい」でも「野球をしたい」でもOKである。

このほかにも「フジテレビが見たい」「TOKYO FMを聞きたい」「アンビエントライトの色を赤に」といったものも試してみたが、まず音声認識を失敗することがないし、対応もスピーディーかつ正確である。「燃費データ教えて」と聞くと「リセット後の燃費は27.6キロメートルパーリッターで……」と読み上げてくれたり、「ETCカード入ってる?」と聞くと「ETCには非対応です」(デモカーのためETC車載器が装着されていなかった)と教えてくれたりと、細かなところにも目配りができている。

「MBUX」は「ハイ、メルセデス」と声を掛けるほかに、ステアリングスイッチを押しても起動できる。
「MBUX」は「ハイ、メルセデス」と声を掛けるほかに、ステアリングスイッチを押しても起動できる。拡大
「東京タワー、行ってみたいねん」と話しかけて表示された選択肢。
「東京タワー、行ってみたいねん」と話しかけて表示された選択肢。拡大

できないことを探し求めて

しかし、相手は王者メルセデス・ベンツ(の車載インフォテインメントシステム)である。自然なやり取りができる一方で、「これくらいはできて当然」という気持ちが筆者にあったのも事実だ。そこでひと泡吹かせてやろう(?)と考え、ポケットに忍ばせていた「マル秘コマンドリスト」を取り出した。要は、これはできないだろうとか、この質問で困らせてやろうといった、ちょっとイジワルなコマンド&質問をまとめたものである。

さて、どれから試してやろうかと考えている筆者に向け、MBJのスタッフから「それ、ほとんどできませんよ」というキツいひと言が。「メモ帳を開いたときに中身が見えちゃいました♪」と言われてしまってはぐうの音も出ない。

ちなみに用意していたコマンドの一部をここにさらすと、「エンジンを止めて」「ドライブモードをスポーツに変更」「『フォルクスワーゲン・ゴルフ』についてどう思うか教えて」といったものである。

このうち、エンジンやドライブモードについては、誤作動したときの危険を考慮して、あえて対応していないそうだ。シートポジションの調整やドアウィンドウの開閉、アダプティブクルーズコントロールの設定なども同様である。「あそこの駐車場でメルセデスエンジン止めてご飯食べよう」といった会話に反応して、走行中にエンジンが止まってしまうかもしれないし、助手席の同乗車が「シートを倒して」と発したときに、運転席が倒れてしまうかもしれない。そうした危険を遠ざけるための判断だそうである。

「カレーを食べたい」と声を掛けると、カレーを提供する近隣の飲食店が表示される。メルセデス・ベンツ車だからといって、高級店が上位表示されるわけではないようだ。
「カレーを食べたい」と声を掛けると、カレーを提供する近隣の飲食店が表示される。メルセデス・ベンツ車だからといって、高級店が上位表示されるわけではないようだ。拡大
メルセデス・ベンツ日本のスタッフの計らいで、カール・ベンツ(という名で登録された別のスタッフ)と電話で話すこともできた。
メルセデス・ベンツ日本のスタッフの計らいで、カール・ベンツ(という名で登録された別のスタッフ)と電話で話すこともできた。拡大

できないことでも認識はしている!?

ゴルフについてどう思う? という質問については、できないと知った上であえて試してみた。確かに答えられず、MBUXは何のレスポンスもしない。先述した「とても暑い」も含め、できないコマンドに対しては無言を貫くのがMBUXの流儀のようだ。しかし筆者は、この無言を貫くという対応が、実はMBUXの優れた部分のひとつではないかと思うのである。「ゴルフに行きたい」と言うと、MBUXはゴルフ場やゴルフ練習場、ゴルフ洋品店などをしっかりとサジェストしてくれる。ということは筆者のくだらない質問と、ゴルフに行きたいという要望とをしっかりと聞き分けている。つまり、無言で対応せざるをえない事柄については、対応の仕方を人間から教わっていないだけということではないだろうか。

この点に関しては「まだMBUXは勉強中です」と、MBJの担当者からあっさりと白旗宣言が出た。しかし、実は本国ドイツバージョンには、こうした雑談モードのような機能がすでに一部実装されているらしい。日本語バージョンについても「12月の納車まではまだ少し猶予がありますので……」と、含みを持たせた。

結局、この日の体験でできなかったのは、メーカーが安全性に配慮してオフにしていることと、利便性にはまったく関係のない余計なことだけだった。つまり、普通のことが普通にできた。コツなども必要なく、日本語が話せれば誰でも使える。

土地勘のない場所への家族でのドライブ。お父さんが「ちょっとトイレ」とコンビニへ寄った隙に、子どもたちがカーナビの目的地をトイザらスに変更するといったようなことは、造作もないことなのである。

(文と写真と編集=藤沢 勝)

取材の前にも後にも、多くの人が見物していた新型「Aクラス」。受注も好調だそうだ。
取材の前にも後にも、多くの人が見物していた新型「Aクラス」。受注も好調だそうだ。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ Aクラス の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。