「ハイ、メルセデス」で話題の「MBUX」
試して分かった「できること」と「できないこと」

2018.10.31 デイリーコラム

とにかくいじってみたい!

2018年10月18日に国内デビューした新型「メルセデス・ベンツAクラス」。その商品発表会でクルマのカッコよさに感激した筆者だが、会場で行われた「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」のデモンストレーションにも大感激した。

ご存じの方も多いと思われるが、MBUXはメルセデスの最新鋭の車載インフォテインメントシステムである。「ハイ、メルセデス」で起動する優れた音声認識システムを備えており、自然な対話のようにして、カーナビの目的地設定をしたり、車両の機能をコントロールしたりできる。詳しくはこちらこちらをご参照いただきたいのだが、とにかく筆者は、いじってみたくてたまらなくなった。

輸入元であるメルセデス・ベンツ日本(MBJ)に問い合わせてみると、まだ広報活動用の貸し出し車両は用意していないのだが、ユーザー向けの展示車両があるのでそれをどうぞという寛大な対応をしていただく。というわけで某日、東京・六本木にあるメルセデスのブランド発信施設「Mercedes me(メルセデス ミー)」にお邪魔してきた。MBUXとの“交流”の様子をお伝えする。

東京・六本木のメルセデス ミーに展示されていたのは、新型「Aクラス」のデビューを記念した限定車「エディション1」だった。
東京・六本木のメルセデス ミーに展示されていたのは、新型「Aクラス」のデビューを記念した限定車「エディション1」だった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+エディション1/CLA45 S 4MATIC+【試乗記】 2019.12.18 試乗記 最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGのホットハッチ「A45 S 4MATIC+」と4ドアクーペ「CLA45 S 4MATIC+」に富士スピードウェイで国内初試乗。“クラス最強”をうたうパワーユニットの実力と、異なるボディー形状がもたらすハンドリングの違いを確かめた。
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG A35 4MATICエディション1(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.25 試乗記 メルセデスAMGの新たなエントリーモデルとして「A35 4MATIC」が登場した。同じ2リッター直4ターボエンジンを積む最強モデル「AMG A45 S 4MATIC+」の421PSに対して、こちらは306PSとやや控えめな出力。峠道を模したクローズドコースでその実力を確かめた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2020.3.24 試乗記 内外装のデザイン変更やユーザーインターフェイスの改善など、ブラッシュアップが図られたメルセデスAMGのフラッグシップ2ドアクーペ「GT」シリーズ。ラインナップの中で最も硬派な「GT R」をワインディングロードに連れ出し、その進化を確かめた。
  • EVでもターボ、ターボ車でもターボなし!? ポルシェにとって“ターボ”の名が特別な理由 2020.3.20 デイリーコラム ポルシェの現行モデルはほとんどがターボ車だが、車名に「ターボ」が記されるのは「911ターボ」などごく一部にすぎない。その一方で電気自動車「タイカン」には「ターボ」の名が与えられている。ポルシェがターボの名を特別視するのはなぜなのだろうか。
ホームへ戻る