「ハイ、メルセデス」で話題の「MBUX」
試して分かった「できること」と「できないこと」

2018.10.31 デイリーコラム

とにかくいじってみたい!

2018年10月18日に国内デビューした新型「メルセデス・ベンツAクラス」。その商品発表会でクルマのカッコよさに感激した筆者だが、会場で行われた「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」のデモンストレーションにも大感激した。

ご存じの方も多いと思われるが、MBUXはメルセデスの最新鋭の車載インフォテインメントシステムである。「ハイ、メルセデス」で起動する優れた音声認識システムを備えており、自然な対話のようにして、カーナビの目的地設定をしたり、車両の機能をコントロールしたりできる。詳しくはこちらこちらをご参照いただきたいのだが、とにかく筆者は、いじってみたくてたまらなくなった。

輸入元であるメルセデス・ベンツ日本(MBJ)に問い合わせてみると、まだ広報活動用の貸し出し車両は用意していないのだが、ユーザー向けの展示車両があるのでそれをどうぞという寛大な対応をしていただく。というわけで某日、東京・六本木にあるメルセデスのブランド発信施設「Mercedes me(メルセデス ミー)」にお邪魔してきた。MBUXとの“交流”の様子をお伝えする。

東京・六本木のメルセデス ミーに展示されていたのは、新型「Aクラス」のデビューを記念した限定車「エディション1」だった。
東京・六本木のメルセデス ミーに展示されていたのは、新型「Aクラス」のデビューを記念した限定車「エディション1」だった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る