“クロカン三傑”のモデルチェンジに寄せる
ある「ランドローバー・ディフェンダー」乗りの独白

2018.11.05 デイリーコラム

大きなお世話でございます

「メルセデス・ベンツGクラス」「スズキ・ジムニー」、そして「ジープ・ラングラー」。それら歴史的クロカンがくしくもここ一年でフルモデルチェンジを果たしたことは、あるいは2018年の自動車業界ニュースのトップテンにランクインする出来事かもしれない。いや、多少の気まぐれを含み、確実にトップテンに押し込もうともくろんでいる男が一人いる。例によってwebCG編集部のホッタ青年だ。

「だから『ディフェンダー』は新型が出なくていいんですか? アナタ乗ってるのに」
そういうのはたいがい大きなお世話だ。確かに、長いブランクを経ても同じ名前の新型が造られることは、各モデルのオーナーをやきもきさせつつも、クルマ好きにとってはよろこばしいトピックスになるだろう。

しかし、それとディフェンダーの新型は関係ないだろ? 僕にすれば、クロカン的ムダにデカいクルマを好む癖があるとしても、新車で購入して以来、23年目に突入した自分のオンボロが好きなだけだ。もしメルセデスやスズキやジープに触発されて新しいディフェンダーが登場しても、だからといってどうなんだ? どうなんだろう……。

そんなこんなでネットを探ってみたら、新型と目されるディフェンダーのニュースがこの夏あたりからちらほらするようになっていた。その姿を見て、ふ~むとうなってしまった。と同時に、ホッタ青年の策略にハマった実感を覚えた。結局いいようにされたんだな。

世界の名だたるクロカンが新世代へとモデルチェンジするのを見て、英国の雄「ランドローバー・ディフェンダー」乗りは何を思う?
世界の名だたるクロカンが新世代へとモデルチェンジするのを見て、英国の雄「ランドローバー・ディフェンダー」乗りは何を思う?拡大
キープコンセプトの「Gクラス」や「ラングラー」に、先祖返りした「ジムニー」。デザインの上でも先達の築いた歴史を大事にするのがクロカンの流儀である。
キープコンセプトの「Gクラス」や「ラングラー」に、先祖返りした「ジムニー」。デザインの上でも先達の築いた歴史を大事にするのがクロカンの流儀である。拡大
筆者が所有する1996年式「ランドローバー・ディフェンダー」。
筆者が所有する1996年式「ランドローバー・ディフェンダー」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.6 試乗記 実に11年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた「ジープ・ラングラー」。エンジンのダウンサイジング化やATの多段化などによって洗練されたのはいいものの、果たして人々が求める“ジープらしさ”は残っているのだろうか。4ドア・2リッターの「アンリミテッド スポーツ」に試乗した。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 70年を優に超える歴史を誇る、元祖クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。11年ぶりのモデルチェンジで誕生した新型は、従来モデルからどう進化し、何を受け継いだのか。オンロードとオフロード、双方の試乗を通して確かめた。
  • ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.25 試乗記 ジープブランドのモデルラインナップにおいて、日本ではちょっと地味な立場の「チェロキー」だが、中身はなかなかの実力派SUVだ。旗艦モデル「グランドチェロキー」風のマスクを手にしただけでなく、パワーユニットにも手が入るほどの大規模な改良を受けた、最新モデルの出来栄えやいかに!?
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.9.10 試乗記 「Gクラス」と「ジムニー」ばかりが目立っているが、本格オフローダーといえば「ジープ・ラングラー」を忘れてはいけない。世界有数の悪路といわれるアメリカ・ルビコントレイルで、新型の出来栄えをチェックした。
  • 【デトロイトショー2019】トヨタが新型「スープラ」を世界初公開 2019.1.14 自動車ニュース トヨタがデトロイトショーで新型「スープラ」を発表した。「BMW Z4」とコンポーネンツを共有するスポーツクーペで、最高出力340psの3リッター直6ターボエンジンに加え、出力の異なる2種類の2リッター直4ターボも用意される。日本導入は2019年春の予定。
ホームへ戻る