【LAショー2018】BMWが新型「8シリーズ コンバーチブル」を発表

2018.11.05 自動車ニュース
「BMW 8シリーズ コンバーチブル」
「BMW 8シリーズ コンバーチブル」拡大

独BMWは、2018年11月2日(現地時間)、新型「8シリーズ コンバーチブル」を発表した。このモデルは、2018年9月のパリモーターショーでデビューしたフラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」のオープン版で、同年11月27日に開幕する米ロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアされる予定だ。

フロントシートのヘッドレストには、温風が吹き出すネックウオーマーがオプションで用意されている。
フロントシートのヘッドレストには、温風が吹き出すネックウオーマーがオプションで用意されている。拡大
乗車定員は4名。前席と後席の間には、ウインドディフレクターが標準装備されている。
乗車定員は4名。前席と後席の間には、ウインドディフレクターが標準装備されている。拡大
ソフトトップは電動式。約15秒で開閉が可能であるほか、走行中でも50km/hまでなら操作できる。
ソフトトップは電動式。約15秒で開閉が可能であるほか、走行中でも50km/hまでなら操作できる。拡大
ガソリン、ディーゼルともに駆動方式は4WDを採用する。
ガソリン、ディーゼルともに駆動方式は4WDを採用する。拡大

8シリーズ コンバーチブルは、「6シリーズ コンバーチブル」の実質的後継となる上位モデルである。8シリーズ クーペをベースにオープン化し、約15秒で開閉が可能な電動ソフトトップを採用。その開閉は50km/hまでであれば走行中も行えるという。

ボディーをオープン化するにあたっては、アンダーブレースの追加や強化されたフロントウィンドウフレームが採用されているほか、リアシート背後にロールオーバーバーを組み込み、万が一の横転時に乗員を保護するシステムを搭載している。

エクステリアデザインは8シリーズクーペを踏襲。レーシングマシンである「M8 GTE」譲りの低重心構造や、アルミとマグネシウム、カーボンファイバーなどを適材適所で使用した軽量化へのこだわりも引き継いでいる。

また、オープンモデル専用装備として、フロントシートのヘッドレストには、温風が吹き出すネックウオーマーがオプションで用意されている。乗車定員は4人だが、前席と後席の間(前席のバックレストの直後)には、ウインドディフレクターが標準装備されている。

エンジンは、最高出力530ps、最大トルク750Nmを発生する4.4リッターV8ガソリンターボエンジンのほか、最高出力320ps、最大トルク680Nmを発生する3リッター直6ディーゼルターボエンジンをラインナップ。ともに8段ATと組み合わせている。駆動方式は、両モデルとも4WDとなる。

4.4リッターV8ガソリンターボエンジンを搭載する「850i xDriveコンバーチブル」では、最高速度250km/h(リミッター作動)、0-100km/h加速3.9秒をマーク。3リッター直6ディーゼルターボの「840d xDriveコンバーチブル」は、最高速度は同じだが、0-100km/h加速が5.2秒となる。

車両重量やボディーサイズなどの詳細なスペック、日本での販売などに関しては未公表となっている。

(webCG)

BMW 8シリーズ コンバーチブルのフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
8シリーズ カブリオレ, BMW, ロサンゼルスモーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

BMW 8シリーズ カブリオレ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.15 試乗記 アルピナとして初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した「D3 Sツーリング」に試乗。最高巡航速度270km/hを誇るパフォーマンスとWLTP値で13.0km/リッターという燃費性能を両立した、スポーツディーゼルの走りとは?
  • メルセデス・ベンツC300eセダン(FR/9AT)【海外試乗記】 2021.9.1 試乗記 メルセデス・ベンツの主力セダン「Cクラス」がフルモデルチェンジ。国内では2021年秋からのデリバリーが予定されているが、一足早く欧州でそのステアリングを握るチャンスを得た。プラグインハイブリッドモデル「C300e」の仕上がりを報告する。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
  • 「BMW M4」シリーズにキャンバストップのオープンモデル「M4カブリオレ」が登場 2021.9.14 自動車ニュース BMWが、「M4」シリーズにオープントップモデル「M4カブリオレ コンペティション M xDrive」を設定。ラインナップのなかでも高性能な、最高出力510PSのエンジンを搭載した4WD仕様をベースに、約18秒でオープンにできる電動キャンバストップを装備している。
ホームへ戻る