「ホンダ・アクティ トラック」に2トーンの特別仕様車

2018.11.08 自動車ニュース
「ホンダT360」(奥)と「アクティ トラック タウン スピリットカラースタイル」。
「ホンダT360」(奥)と「アクティ トラック タウン スピリットカラースタイル」。拡大

本田技研工業は2018年11月8日、軽商用車「アクティ トラック」に特別仕様車「スピリットカラースタイル」を設定し、同年11月9日に発売すると発表した。

こちらのカラーリングは「ベイブルー×ホワイト」。
こちらのカラーリングは「ベイブルー×ホワイト」。拡大
こちらは「フレームレッド×ブラック」。
こちらは「フレームレッド×ブラック」。拡大
 
「ホンダ・アクティ トラック」に2トーンの特別仕様車の画像拡大

今回のスピリットカラースタイルは、ホンダの四輪車の原点である「T360」の誕生55周年を記念したもの。「タウン」グレードをベースに、T360をイメージした「ベイブルー×ホワイト」と、耕うん機や発電機といったホンダのパワープロダクツ(汎よう機器)をイメージした「フレームレッド×ブラック」の2つのカラースタイルを設定している。

特別装備の内容は以下の通り。

【各モデル共通の装備】

  • 2トーンカラーボディー
  • 「HONDA」ロゴサイドステッカー
  • ホワイト塗装ドアミラー
  • ブラック塗装アウタードアハンドル
  • センターホイールキャップ

【ベイブルー×ホワイトの場合】

  • メッキモール付きホワイト塗装フロントグリル
  • シルバー塗装スチールホイール

【フレームレッド×ブラックの場合】

  • ブラック塗装スチールホイール+ホイールナット(ブラック)

価格は113万5080円~126万4680円。

(webCG)

関連キーワード:
アクティトラック, ホンダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「積めればいい」は過去の話
    軽トラックの最前線を追う
    2018.11.14 デイリーコラム 「とにかく積めればいい」「キャビンの使い勝手は二の次」と、レーシングカーとはまた違った“スパルタンさ”が当然だった軽トラックだが、最近は少々事情が異なる。先進安全装備だけでなく、クルマをオシャレに飾るアイテムがふんだんに用意されているのだ。その最前線を追った。
  • 第117回:いぶし銀の中年男 2018.12.25 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第117回は「いぶし銀の中年男」。90年代を代表する国産スポーツ、初代「NSX」 とR32「GT-R」は、発売当時フェラーリ崇拝者の筆者にどう映ったのか? 29年越しにハンドルを握った GT-Rの印象とともに送る。
  • 「ホンダ・アクティ トラック」に2トーンの特別仕様車 2018.11.8 自動車ニュース 本田技研工業は2018年11月8日、軽商用車「アクティ トラック」に特別仕様車「スピリットカラースタイル」を設定し、同年11月9日に発売すると発表した。
  • ホンダ、軽商用車アクティの仕様を変更 2015.3.19 自動車ニュース 仕様・装備の見直しにより、商用車「ホンダ・アクティ」シリーズの燃費が向上した。
  • ダイハツ 屋根が開かない「コペン クーペ」を発表 2018.12.19 自動車ニュース ダイハツがスポーツタイプの軽乗用車「コペン クーペ」を200台限定で販売すると発表。オープンカーの「コペン セロ」をベースにCFRP製のルーフを装着したもので、MOMO製のステアリングホイールやBBS製の鍛造アルミホイールなどが標準装備される。
ホームへ戻る