「ホンダ・アクティ トラック」に2トーンの特別仕様車

2018.11.08 自動車ニュース
「ホンダT360」(奥)と「アクティ トラック タウン スピリットカラースタイル」。
「ホンダT360」(奥)と「アクティ トラック タウン スピリットカラースタイル」。拡大

本田技研工業は2018年11月8日、軽商用車「アクティ トラック」に特別仕様車「スピリットカラースタイル」を設定し、同年11月9日に発売すると発表した。

こちらのカラーリングは「ベイブルー×ホワイト」。
こちらのカラーリングは「ベイブルー×ホワイト」。拡大
こちらは「フレームレッド×ブラック」。
こちらは「フレームレッド×ブラック」。拡大
 
「ホンダ・アクティ トラック」に2トーンの特別仕様車の画像拡大

今回のスピリットカラースタイルは、ホンダの四輪車の原点である「T360」の誕生55周年を記念したもの。「タウン」グレードをベースに、T360をイメージした「ベイブルー×ホワイト」と、耕うん機や発電機といったホンダのパワープロダクツ(汎よう機器)をイメージした「フレームレッド×ブラック」の2つのカラースタイルを設定している。

特別装備の内容は以下の通り。

【各モデル共通の装備】

  • 2トーンカラーボディー
  • 「HONDA」ロゴサイドステッカー
  • ホワイト塗装ドアミラー
  • ブラック塗装アウタードアハンドル
  • センターホイールキャップ

【ベイブルー×ホワイトの場合】

  • メッキモール付きホワイト塗装フロントグリル
  • シルバー塗装スチールホイール

【フレームレッド×ブラックの場合】

  • ブラック塗装スチールホイール+ホイールナット(ブラック)

価格は113万5080円~126万4680円。

(webCG)

関連キーワード:
アクティトラック, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ アクティトラック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「積めればいい」は過去の話
    軽トラックの最前線を追う
    2018.11.14 デイリーコラム 「とにかく積めればいい」「キャビンの使い勝手は二の次」と、レーシングカーとはまた違った“スパルタンさ”が当然だった軽トラックだが、最近は少々事情が異なる。先進安全装備だけでなく、クルマをオシャレに飾るアイテムがふんだんに用意されているのだ。その最前線を追った。
  • ホンダ、軽商用車アクティの仕様を変更 2015.3.19 自動車ニュース 仕様・装備の見直しにより、商用車「ホンダ・アクティ」シリーズの燃費が向上した。
  • スズキ・スーパーキャリイX(FR/5MT)【試乗記】 2018.8.6 試乗記 スズキの軽トラック「キャリイ」に、巨大なキャビンを備えたその名も「スーパーキャリイ」が登場。大幅に便利に、快適になった車内空間の“居心地”は? 比喩表現ではない、本当の意味での“プロのツール”の使用感と、乗用車とは全く違う走りの味をリポートする。
  • ホンダの新型バイク「CT125ハンターカブ」正式デビュー 2020.3.23 自動車ニュース 本田技研工業は2020年3月20日、第二種原動機付自転車のニューモデル「CT125ハンターカブ」を同年6月26日に発売すると発表した。「スーパーカブC125」の発展型で、不整地における高い走破性が特徴のひとつとなっている。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.3.14 試乗記 近年のマツダは、年次改良どころか、いいものが仕上がれば最良のタイミングでモデルに反映するという方針を打ち出している。今回の2.5リッター直4ターボエンジンが搭載される「CX-5」もそんな一台。最新モデルの進化はいかなるものだったのか。
ホームへ戻る