ホンダ・アクティ トラックに安全機能追加

2010.12.09 自動車ニュース

「ホンダ・アクティ トラック」に新色 安全機能追加も 

本田技研工業は、軽商用車「アクティ トラック」の仕様を一部変更し、2010年12月9日に発売した。

今回、一部グレード(「SDX」「TOWN」)に、EBD(Electronic Brake Force Distribution)付きのABSがオプション設定された。
「EBD」とは、ホンダによれば「軽積載から重積載まで全ての積載状態において前後輪の制動力配分を制御し、急制動の際などにブレーキの利きを安定させる技術」である。

ボディカラーに銀系色「アラバスターシルバーメタリック」が加えられたのも新しい。

価格は、「STD」(FF/5MT)の76万6500円から「TOWN」(4WD/5MT)の112万8750円まで。

(webCG 関)

「ホンダ・アクティ トラック」。「シビック タイプR ユーロ」などと同じ「アラバスターシルバーメタリック」のボディカラーが選択可能に。
「ホンダ・アクティ トラック」。「シビック タイプR ユーロ」などと同じ「アラバスターシルバーメタリック」のボディカラーが選択可能に。 拡大
今回新たにオプション設定された「EBD」が備わっていれば、「特に積載荷重変化の大きいRV、ミニバン系のクルマにおいて、重積載時に後輪のブレーキ力を十分に活用するために、前後の車輪速度の微妙な差を検出、理想的制動力配分からのずれを推定し、ABSのアクチュエータによって後輪のブレーキ力を自動的に最適配分できる」(プレスリリース)。
今回新たにオプション設定された「EBD」が備わっていれば、「特に積載荷重変化の大きいRV、ミニバン系のクルマにおいて、重積載時に後輪のブレーキ力を十分に活用するために、前後の車輪速度の微妙な差を検出、理想的制動力配分からのずれを推定し、ABSのアクチュエータによって後輪のブレーキ力を自動的に最適配分できる」(プレスリリース)。 拡大

関連キーワード:
アクティトラック, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ アクティトラック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「積めればいい」は過去の話
    軽トラックの最前線を追う
    2018.11.14 デイリーコラム 「とにかく積めればいい」「キャビンの使い勝手は二の次」と、レーシングカーとはまた違った“スパルタンさ”が当然だった軽トラックだが、最近は少々事情が異なる。先進安全装備だけでなく、クルマをオシャレに飾るアイテムがふんだんに用意されているのだ。その最前線を追った。
  • ホンダで雪道、どんなもんだ!? 2010.2.22 画像・写真 北海道の“冬季限定”雪上コースを激走する、ホンダ車の姿を写真で紹介する。
  • カワサキから新型二輪モデル「ニンジャZX-25R」が登場 250cc 4気筒マシンがついに復活 2020.7.17 自動車ニュース カワサキから新型二輪モデル「ニンジャZX-25R」が登場。カワサキはもちろん、二輪市場全体を見ても久々となる250ccクラスの4気筒モデルで、最高出力45PS/1万5500rpm、最大トルク21N・m/1万3000rpmを発生。クラス随一の充実した装備も特徴となっている。
  • ホンダADV150(MR/CVT)【レビュー】 2020.7.22 試乗記 個性的なデザインをまとうホンダの新型スクーター「ADV150」。しかし、カッコだけの小型バイクと侮るなかれ。それはあらゆる道が“遊び場”に感じられるほどの、最高にファン・トゥ・ライドな一台だった。
  • ホンダ、軽商用車アクティの仕様を変更 2015.3.19 自動車ニュース 仕様・装備の見直しにより、商用車「ホンダ・アクティ」シリーズの燃費が向上した。
ホームへ戻る