テスラ、最新型EV「モデル3」を国内で披露

2018.11.08 自動車ニュース
「テスラ・モデル3」
「テスラ・モデル3」拡大

テスラジャパンは2018年11月8日、新型EV「テスラ・モデル3」を国内で披露した。

全長は米国仕様車の値で4694mm。ホイールベースは2875mmとなっている。
全長は米国仕様車の値で4694mm。ホイールベースは2875mmとなっている。拡大
 
テスラ、最新型EV「モデル3」を国内で披露の画像拡大
シンプルなデザインのインテリア。物理的なスイッチやボタン類は極めて少ない。
シンプルなデザインのインテリア。物理的なスイッチやボタン類は極めて少ない。拡大
インストゥルメントパネルの中央には、15インチのタッチパネルがレイアウトされる。
インストゥルメントパネルの中央には、15インチのタッチパネルがレイアウトされる。拡大
後席空間の広さはセリングポイントのひとつ。
後席空間の広さはセリングポイントのひとつ。拡大
トランクルームの容量は425リッター。後席の背もたれは分割可倒式となっている。
トランクルームの容量は425リッター。後席の背もたれは分割可倒式となっている。拡大
パワーユニットのないフロントにも荷物の積載スペースが確保される。
パワーユニットのないフロントにも荷物の積載スペースが確保される。拡大
 
テスラ、最新型EV「モデル3」を国内で披露の画像拡大

テスラのモデル3は、既存のセダン「モデルS」やSUV「モデルX」よりもコンパクトな4ドアモデル。国内での受注は既に始められており、2019年後半以降にデリバリーが開始される。

現時点ではラインナップや価格は確定していないものの、先行して米国で販売されている以下3車種の中から導入することが想定されている。(※以下、数値はすべて北米モデルのもの)

ミッドレンジバッテリー搭載モデル

  • 0-60mph加速:5.6秒
  • 最高速度:約201km/h
  • 駆動方式:後輪駆動
  • 航続距離:約418km
  • 価格:およそ519万円

ロングレンジバッテリー搭載モデル

  • 0-60mph加速:4.5秒
  • 最高速度:約223km
  • 駆動方式:四輪駆動
  • 航続距離:約498km
  • 価格:およそ598万円

パフォーマンスバッテリー搭載モデル

  • 0-60mph加速:3.3秒
  • 最高速度:約249km/h
  • 駆動方式:四輪駆動
  • 航続距離:約498km
  • 価格:およそ723万円

ガラスルーフが備わるクーペライクなボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4694×1849×1443mmで、ホイールベースは2875mm。車両の重量はミッドレンジバッテリー搭載モデルが約1610kgで、ロングレンジバッテリーを搭載する場合は約1847kgとなる。サスペンションは、フロントがダブルウイッシュボーン式で、リアがマルチリンク式。駆動用バッテリーをフロアに敷きつめる低重心設計と相まって、すぐれた走行安定性を実現したとうたわれる。

乗車定員は5人。インテリアはエクステリアに通じるシンプルなデザインで、物理的なスイッチ類はごくわずか。その代わり、インストゥルメントパネルの中央には、カーナビやインフォテインメントシステムのオペレーションを担う15インチの大型タッチスクリーンがレイアウトされている。トランクルームの容量は425リッターで、60:40分割可倒式の後席を倒すことで拡大可能。さらにフロントにもラゲッジスペースが確保されている。

安全装備や運転支援システムについては、「オートパイロット」や「ブラインドスポット警告」など、各国の法規に合わせたレベルでサポートされるものの、メカニズムとしては将来的な完全自動運転にも対応可能とのこと。車両の通信機能を使ったソフトウエアの更新により、順次使える機能がアップデートされることになる。

(webCG)

関連キーワード:
モデル3, テスラ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「モデル3」は買いか否か?
    日本市場のテスラについて聞く
    2018.11.16 デイリーコラム 国内での発売時期が見えてきた「テスラ・モデル3」。コンパクトでリーズナブルなテスラは、すばり“買い”なのか? ちまたでうわさされているブランドの将来性も含め、日本法人・テスラジャパンで話を聞いた。
  • 日産リーフe+プロトタイプ(FF)【試乗記】 2019.1.11 試乗記 日産の電気自動車(EV)「リーフ」に、バッテリーとモーターの性能を大幅に強化した「e+(イープラス)」が追加設定された。とはいえ発売前ということで、公道走行はNG……。まずはクローズドコースで動力性能を試しつつ、570kmにまで延びた最大航続距離に思いをめぐらせた。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7AT)【試乗記】 2019.1.8 試乗記 「ガレージを飾るのではなく、コーナーを攻め込むための一台」とアピールされる「ポルシェ911カレラT」。ワインディングロードでむちを当ててみると、たしかに「これぞ911」というピュアな走りを楽しむことができた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタ・マークX“GRMN”(FR/6MT)【試乗記】 2019.1.14 試乗記 トヨタのFRセダン「マークX」をベースに、TOYOTA GAZOO Racingが開発した「マークX“GRMN”」。モータースポーツで得た知見が惜しみなく注がれたコンプリートカーは、走りにこだわるドライバーにこそ試してほしいスポーツセダンに仕上がっていた。
ホームへ戻る