第580回:シエナ~ナポリ間 430kmを大移動
大矢アキオの格安バス旅行体験記

2018.11.16 マッキナ あらモーダ!

バス界の革命児現る

近年、ヨーロッパ各国で高速道路を走っていると、頻繁に見かける黄緑色のバスがある。その名を「Flixbus(フリックスバス)」という。

同社の創業は2013年。ドイツのバス事業が自由化されたのに伴い、従来とは一線を画した長距離バスサービスのネットワークを開始した。2015年からは国外展開もスタート。各国にまたたく間に広まった。

実はフリックスバス自体は、車両を保有しない。実際にバスを運行しているのは各国・各地方にある既存のバス事業者だ。だが、車体色やサービスの統一を徹底的に図っている。

同時に、インターネットや多言語に対応したスマートフォン用アプリケーションで、どこの国の路線でもすぐに空席照会&予約できるようにした。さらに、車内の無料WiFiサービスも全車標準化。いわば、ヨーロッパ長距離バス界の革命児である。

朝10時前、シエナ駅にて。いよいよナポリに向けて6時間のバス旅に出発。
朝10時前、シエナ駅にて。いよいよナポリに向けて6時間のバス旅に出発。拡大
ひたすら乗っていればイタリア半島の南、バーリまで行く。始発地フィレンツェからの距離は700kmに及ぶ。
ひたすら乗っていればイタリア半島の南、バーリまで行く。始発地フィレンツェからの距離は700kmに及ぶ。拡大
交通安全祈願もばっちり。運転席横には聖人のお守りステッカーが。さらにルームミラーには十字架がかけられていた。
交通安全祈願もばっちり。運転席横には聖人のお守りステッカーが。さらにルームミラーには十字架がかけられていた。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事