【LAショー2018】スバル初のPHEV「クロストレック ハイブリッド」登場

2018.11.20 自動車ニュース
「スバル・クロストレック ハイブリッド」
「スバル・クロストレック ハイブリッド」拡大

スバルは2018年11月19日(現地時間)、「クロストレック」(日本名:「XV」)をベースとした同社初のプラグインハイブリッド車「クロストレック ハイブリッド」を米国で発表した。

 
【LAショー2018】スバル初のPHEV「クロストレック ハイブリッド」登場の画像拡大
 
【LAショー2018】スバル初のPHEV「クロストレック ハイブリッド」登場の画像拡大
 
【LAショー2018】スバル初のPHEV「クロストレック ハイブリッド」登場の画像拡大
 
【LAショー2018】スバル初のPHEV「クロストレック ハイブリッド」登場の画像拡大
 
【LAショー2018】スバル初のPHEV「クロストレック ハイブリッド」登場の画像拡大
 
【LAショー2018】スバル初のPHEV「クロストレック ハイブリッド」登場の画像拡大

バッテリー容量は8.8kWh、EV走行距離は27km

クロストレック ハイブリッドは、燃焼効率を高めた新開発の専用2リッター水平対向4気筒直噴エンジンと、2基のモーターを内蔵した新型「リニアトロニック」(CVT)、走行用のバッテリーからなる「SUBARU StarDrive Technology」を搭載した、プラグインハイブリッド車である。

荷室の下に総電力量8.8kWh、容量25Ah、総電圧351.5Vのリチウムイオンバッテリーを搭載しており、満充電の状態から17マイル(約27km)の距離を電気のみで走行可能。ガソリンと合わせ、最大480マイル(約772km)の走行可能距離を実現している。また、電動パワートレインの採用は動力性能の向上にも寄与しており、ハイブリッド走行時にはモーターアシストの力により、滑らかで力強い加速を実現。モーターならではのレスポンスにより、優れた悪路走破性能もかなえているという。駆動方式は4WD。減速エネルギー回生機構とメカニカルブレーキを組み合わせた電子制御ブレーキを装備している。

車体についても手を加えており、電動化にともなう重量増に対応すべくフレームを強化。事故などで破損しないようバッテリーをケースで保護し、衝突時の衝撃が及ばないようサポートフレームを追加するなど、安全性にも配慮がなされている。

ボディーの各所に専用アイテムを配置するなど、デザイン面での差別化も図っており、外装色には同車専用色の「ラグーンブルー・パール」を設定。ブルーの配色が目を引くインテリアには、同じくブルーでコーディネートされた専用のコンビネーションメーターを装備している。

今後は、ロサンゼルスモーターショー(開催期間:2018年11月30日~12月9日)への出展を経て、2018年内に米国での発売を予定。ただし日本への導入予定はない。

(webCG)

関連キーワード:
XV, XVハイブリッド, スバル, ロサンゼルスモーターショー2018, モーターショー, CarScope, 電動化, 自動車ニュース

スバル XV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・アウトバック ウィルダネス 2021.3.31 画像・写真 スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表。「アウトバック」をベースに最低地上高を拡大したほか、専用サスペンションやオールテレインタイヤを装備。走破性と機能性をさらに強化したというニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • 国内デビューがみえてきた! 新型「スバル・アウトバック」はここに注目 2021.4.19 デイリーコラム スバルの新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」が米国でデビュー。その一方で、かの地で先行発売された新型「アウトバック」の国内販売がみえてきた。これら2モデルの注目すべきポイントとは?
  • スバルが「フォレスター」を大幅改良 新世代の「アイサイト」を搭載 2021.6.14 自動車ニュース スバルは2021年6月14日、「フォレスター」の大幅改良モデル(日本仕様)を初公開し、先行予約注文受け付けを開始した。正式発表は同年8月の予定。フロントマスクなどに新デザインを採用したほか、全モデルで足まわりのセッティングを変更している。
  • スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表 2021.3.31 自動車ニュース スバルは2021年3月30日(現地時間)、北米専用の新型車「アウトバック ウィルダネス」を米国で発表した。「アウトバック」をベースに、その本質的価値を保ちつつ悪路走破性と機能性を強化した新たな派生モデルとなっている。
  • スバルが「スバルXV」の特別仕様車「2.0e-L EyeSightスマートエディション」を発表 2021.6.17 自動車ニュース スバルは2021年6月17日、クロスオーバーSUV「スバルXV」の特別仕様車「2.0e-L EyeSightスマートエディション」を発表した。ダークグレーメタリック塗装の専用17インチアルミホイールやLEDヘッドランプの装備に加え、モノトーンの内装などを採用している。
ホームへ戻る