1台限りの特別なランボルギーニ、「SC18」登場

2018.11.27 自動車ニュース
ランボルギーニSC18
ランボルギーニSC18拡大

伊ランボルギーニは2018年11月16日、サーキット走行を視野に入れたワンオフモデル「SC18」を発表した。

 
1台限りの特別なランボルギーニ、「SC18」登場の画像拡大
 
1台限りの特別なランボルギーニ、「SC18」登場の画像拡大
 
1台限りの特別なランボルギーニ、「SC18」登場の画像拡大

ランボルギーニSC18は、同社のモータースポーツ部門であるスクアドラ・コルセの手になるスーパースポーツ。レースでの経験を生かして開発された、専用のエアロパーツが与えられている。具体的には、「ウラカンGT3 EVO」を思わせるエアインテークや、「ウラカン スーパートロフェオEVO」に着想を得たフェンダーとエアスクープ、カーボン製のリアウイングなどが特徴である。

「Grigio Daytona」と名付けられたグレーのボディーはカーボンファイバー製で、赤いスクリーンプリントによりスポーティーさが強調される。一方インテリアはブラック基調のアルカンターラ仕立てで、赤いクロスステッチがアクセント。カーボン製のバケットシートも備わる。

パワーユニットは自然吸気の6.5リッターV12ユニットで、最高出力770hp/8500rpm、最大トルク720Nm/6750rpmを発生する。ランボルギーニSC18はサーキット走行を想定したモデルであり、トラックにおけるあらゆるパフォーマンスを計測するためのテレメトリーシステムが搭載されるが、公道の走行も可能となっている。

(webCG)

関連キーワード:
ランボルギーニ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事