第17回:アウディA8(前編)

2018.12.19 カーデザイナー明照寺彰の直言
「アウディA8」
「アウディA8」拡大

アウディのフラッグシップセダン「A8」。常に時代に先んじてきた超精緻な大型セダンは、新型でどういうデザインの世界を切り開こうとしているのか。それとも、デザイン面では行き詰まっているのか。

4代目となる新しい「A8」は、2017年7月に世界初公開された。
4代目となる新しい「A8」は、2017年7月に世界初公開された。拡大
六角形の巨大なフロントグリルが目を引くフロントマスク。この意匠は、同じタイミングで日本で発表された「A7スポーツバック」や、新型「A6」にも取り入れられている。
六角形の巨大なフロントグリルが目を引くフロントマスク。この意匠は、同じタイミングで日本で発表された「A7スポーツバック」や、新型「A6」にも取り入れられている。拡大
2014年2月にアウディのデザイン統括責任者に就任したマーク・リヒテ氏。
2014年2月にアウディのデザイン統括責任者に就任したマーク・リヒテ氏。拡大
2014年のロサンゼルスモーターショーで発表されたコンセプトカー「アウディ・プロローグ」。フェンダーまわりの造形で4輪を強調したデザインが特徴だった。
2014年のロサンゼルスモーターショーで発表されたコンセプトカー「アウディ・プロローグ」。フェンダーまわりの造形で4輪を強調したデザインが特徴だった。拡大

キレイな形はしているのだが

明照寺彰(以下、明照寺):新型A8のシルエットを見て思うのは、このクラスのセダンとしては、リアのカタマリ感をはじめとして全体にシンプルで、とてもキレイだということです。

永福ランプ(以下、永福):そうですか?

明照寺:ただフロントは、グラフィック的でリアの強さと合ってないんですよね。

永福:あんまり立体的じゃなく、“お絵描き的”だということですね。

明照寺:その理由を考えてみたんですけど、アウディは2014年にデザイン部長が代わってるんです。

ほった:元フォルクスワーゲンの、マーク・リヒテさんでしたっけ?

明照寺:そのリヒテさんが最初にやらせたのが「プロローグ」というコンセプトカーで、「これからアウディはこれを目指すぞ」という意味合いのモデルだったんです(写真を示す)。

永福:ものすごくスタイリッシュですね。いかにもアウディ的だ。

明照寺:フロントグリルは六角形で、フロント、リアともにブリスターフェンダーにしている部分が特徴的ですよね。

ほった:FR車ではリアタイヤを強調するところを、前後すべてのタイヤを強調しているんですね。

明照寺:これはたぶん、アウディのアイデンティティーであるフルタイム4WD「クワトロ」を、視覚的に表現しようとしたんだと思います。FRらしさを強調するBMWやメルセデスに対抗して、こちらも大衆車と差別化するために「デザイン的にもクワトロで攻めよう」ということなのかなと。

永福:見た目もクワトロを大盛りにしようって感じですかね。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA8(4WD/8AT)/A7スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.9.24 試乗記 くしくも(?)2台そろい踏みでの日本上陸となったアウディの「A8」と「A7スポーツバック」。日本上陸が同時なら、公道試乗会も同時開催。「技術による先進」を掲げるブランドの、“ツートップ”の出来栄えやいかに!?
  • アウディA8 55 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.11 試乗記 フルモデルチェンジで4世代目となった、アウディのフラッグシップサルーン「A8」に試乗。その走りは、隙のない技術的完成度を感じさせながらも、乗り手を和やかな気持ちにもさせてくれた。
  • アウディA8 3.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)/A8 L 4.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.4.14 試乗記 The Art of Progress(革新の美学)をコンセプトに掲げる「アウディA8」が、マイナーチェンジを受けて日本に上陸。知的でクールなフラッグシップセダンの走りを、エンジンもボディーも異なる2種のモデルで確かめた。
  • BMW 745eラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2019.11.20 試乗記 「BMW 745eラグジュアリー」には、BMWの金看板“ストレートシックス”に電気モーターを組み合わせたぜいたくなパワートレインが搭載されている。スムーズかつパワフルなプラグインハイブリッドシステムを味わうとともに、高級車に求められる条件について思いをはせた。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
ホームへ戻る