第185回:ゲーセンから飛び出したお菓子レーサーの運命は?
『シュガー・ラッシュ:オンライン』

2018.12.21 読んでますカー、観てますカー

ケーキのボディーにチョコミントのタイヤ

《『ズートピア』のディズニーが贈る、夢の《ネットの世界》へ!》
『シュガー・ラッシュ:オンライン』のキャッチコピーである。なるほど、前作の『シュガー・ラッシュ』ではまったくネットとはつながっていなかったわけだ。2012年の作品なので、インターネットが世界中に普及していたのはもちろん、iPhoneが発売されてからでも5年たっていた。だから、あえてレトロなアーケードゲームを舞台にしていたということを思い出した。

かつて繁華街に乱立していたゲームセンターは、近頃ではすっかり見なくなってしまった。「スペースインベーダー」が登場したのは1978年のこと。40年も前である。1980年代末からは「ストリートファイター」などの格闘ゲームが全盛期を迎え、ゲーセンには「昇龍拳!」というかけ声が響きわたっていた。駅ビル地下のゲーセンは、さぼリーマンがたむろする定番の隠れ家だったのだ。

映画に登場するゲームは、もっと牧歌的である。ヒロインのヴァネロペはすご腕レーシングドライバーだが、彼女が参戦するレースで使われているマシンはお菓子でできている。ボディーの素材はケーキやキャンディーだし、タイヤはチョコミントやバニラアイスがモチーフ。「シュガー・ラッシュ」というゲーム名の由来だ。コースはピンクやブルー、イエローでカラフルに彩られていて、ファンシー感にあふれている。

ヴァネロペの親友ラルフは、「フィックス・イット・フェリックス」というゲームの悪役。毎日ひたすらビルを破壊し続けている大男だ。キャラクターたちはゲームの中では決められた役割を演じているが、閉店後には自分の意思で行動して互いに交流を深める。

(C)2018 Disney. All Rights Reserved.
(C)2018 Disney. All Rights Reserved.拡大
 
第185回:ゲーセンから飛び出したお菓子レーサーの運命は?『シュガー・ラッシュ:オンライン』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事