アルピーヌA110ピュア(後編)

2019.01.03 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が、フランス生まれのピュアスポーツカー「アルピーヌA110」に試乗。似ているところのある他モデルと比較しつつ、その走りについてリポートする。

メカニカルグリップが秀逸

新生アルピーヌA110に試乗した直後に、まず「トヨタMR-S」に、続いて「マツダ・ロードスター」に似ているとコメントした谷口信輝。MR-Sに似ているというのはミドシップゆえのフロントの軽快な反応を指してのこととわかったが、ロードスターに似ていると指摘した理由はなんだったのか? 谷口にもう少し具体的に説明してもらうことにしよう。
「前編でもお話ししたとおり、A110は車重が軽くて足がよく動くのに、タイヤがべたーって接地している感じが伝わってくる。つまり、メカニカルグリップがすごくいいんですよね。だから自在に操れて楽しい。その辺がロードスターに似ていると思いました」

「ただし、ロードスターよりはA110のほうがずっとパワフルですよね。ロードスターも、ひとりで乗っているときはいいんですが、もっとパワフルなスポーツカーと連れ立って出掛けると、ひとり取り残されて寂しい思いをしかねない……。その点、A110だったら速さも十分だから心配ありませんよね」 

なるほど、そういうことか。ファンであればご存じのとおり、新しいA110は新生アルピーヌのスタッフとルノー・スポールのスタッフが協力して作り上げた共同開発品。もっとも、ルノー・スポールの最新作である「メガーヌR.S.」がスタビリティー優先でボディーの動きを最小限に抑え込んでいるのに対し、A110ではロールやピッチングといった動きを比較的はっきりと感じる。

このクルマ作りの違いを、谷口はどのように捉えているのだろうか?
「確かにクルマの仕上がりは大きく異なっていますが、同じエンジニア、同じテストドライバーが開発に関わっていたことはなんとなくわかりますよね。ただし、A110は重量物がリアに乗っているから、こういう味付けになったんだと思います。つまり、ターンインでまずフロントをイン側に入れたら、今度は慣性モーメントの動きがリア側に出てくる。その辺の動きを、A110はうまくまとめ上げていますね。でも、クルマの動き自体に高級感はあまり感じられないんですよね……」

 
アルピーヌA110ピュア(後編)の画像拡大
 
アルピーヌA110ピュア(後編)の画像拡大
 
アルピーヌA110ピュア(後編)の画像拡大
 
アルピーヌA110ピュア(後編)の画像拡大

【アルピーヌA110ピュアのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4205×1800×1250mm/ホイールベース:2420mm/車重:1110kg/駆動方式:MR/エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:252ps(185kW)/6000rpm/最大トルク:320Nm(32.6kgm)/2000rpm/タイヤ:(前)205/40ZR18 86Y/(後ろ)235/40ZR18 95Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4)/燃費:14.1km/リッター(JC08モード)/取材時の燃費データ:9.2リッター/100km(約10.9km/リッター、車載燃費計計測値)/価格:811万円


	【アルピーヌA110ピュアのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4205×1800×1250mm/ホイールベース:2420mm/車重:1110kg/駆動方式:MR/エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:252ps(185kW)/6000rpm/最大トルク:320Nm(32.6kgm)/2000rpm/タイヤ:(前)205/40ZR18 86Y/(後ろ)235/40ZR18 95Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4)/燃費:14.1km/リッター(JC08モード)/取材時の燃費データ:9.2リッター/100km(約10.9km/リッター、車載燃費計計測値)/価格:811万円
	拡大

関連キーワード:
A110, アルピーヌ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • 第8回:アルピーヌA110(後編) 2018.10.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 「アルピーヌA110」のデザインについて、その弱点を指摘しつつ、同時に「欲しくなった」とも語った明照寺氏。その理由はどこにあるのか? 現役の自動車デザイナーが個人的な欲望を刺激されるクルマとは、どのようなものなのか?
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る